東京大学史料編纂所

HOME > 編纂・研究・公開 > 所報 > 『東京大学史料編纂所報』第37号(2001年)

荘園絵図現地の踏査

二〇〇二年一月三二日〜二月一日まで、称名寺所蔵「下総国毛呂郷絵図断
簡」 (神奈川県立金沢文庫保管) の跨査のため、その故地に当たる茨城県結
城市茂呂地区に出張した。まず水戸法務局結城出張所にて該当地域の地籍図
を調査ののち、現地にて聞き取り調査を行った。あわせて隣接する二」和町資
料館を訪ね、周辺の事情に詳しい同館学芸員峯照男氏からご教示をいたくと
ともに、調査にも同行いただいた。記して感謝申し上げたい。なお同絵図は
本年度刊行の『日本荘園絵図東影五下 西日本二・補遺』に収蝕した。本
調査は、科学研究補助金 基盤研究B2「荘園絵図史料のデジタル化と画像
解析的研究」 (研究代衣 黒田日出男)と共同で実施し、同科研の費用によっ
て早稲田大学大学院の清水亮、守田逸人両氏の参加をえた。また、調査成果
は同科研報告書にて、清水氏が総括的な考察を踏まえてまとめられている。
ご参照いただきたい。

                              (井上 聡・村井祐樹)


『東京大学史料編纂所報』第37号p.49