東京大学史料編纂所

HOME > 編纂・研究・公開 > 所報 > 『東京大学史料編纂所報』第36号(2001年)

所報―刊行物紹介

大日本古記録 後法成寺関白記 一

 本書は、近衛尚通(一四七二〜一五四四)の日記である。尚通は、近衛政家を父とし、越前朝倉氏の被官加治氏の女を母として摂関家に生まれた。尚通は延徳二年右大臣となり、明応二年二十一歳で関白・氏長者となって、同六年に辞し、永正十年再び関白・氏長者となり、翌十一年・十二年には太政大臣をつとめている。永正十六年には准三宮の宣下を受け、天文二年に落髪する。
 日記は、父政家が永正二年(一五〇五)に亡くなったあとを受けて、同三年正月元旦より起筆し天文五年(一五三六)十二月に及んでいる。この間、永正十一年・十二年、大永二年・四年・五年・七年、天文三年・四年の計八年分は現存していない。本文が伝わっている部分はすべて自筆原本が現存し、その二十一冊は財団法人陽明文庫に架蔵されており、これを本書の底本とした。自筆原本の表紙すべてに記主自ら「永正三年記」等と年次のみを記しているが、本書には一般に通用しているところに従って『後法成寺関白記』の題名を用いた。後法成寺は、尚通の諡号である。本冊には永正三年正月より同九年十二月までを収めた。
 原本はすべて袋綴の冊子仕立で、寸法はおよそ縦一五センチ強、横二二センチ強である。
料紙は詠草や消息及びその反古や書きさしを、長辺に平行に二枚に裁断し翻して用いている。この二枚を合せてもとの料紙に復元できるものが少なくない。このような料紙を二枚以上使っている文書もある。そこで現在残されている原本の範囲内で、出来るだけ文書の原態を復元して翻刻掲載した。なお永正三年の紙背と同七年の紙背とには一具であったものがままあるが、その他の年次ではそれぞれの冊の中にのみ存在する。いま永正三年の紙背と同七年の紙背が接続する場合を掲出すると左記のようになる。例えば、ある詠草は上下に裁断されてその上半部が永正七年の日記第一紙として用いられ、下半部が永正三年の日記第八紙として用いられているといった具合である。

永正三年 永正七年
第八丁紙背(下半部) 第一丁紙背(上半部)
第九丁紙背(下半部) 第二丁紙背(上半部)
第十丁紙背(下半部) 第六丁紙背(上半部)
第十一丁紙背(下半部) 第八丁紙背(上半部)
第十二丁紙背(下半部) 第九丁紙背(上半部)
第十三丁紙背(下半部) 第十丁紙背(上半部)
第十四丁紙背(右半部) 第十一丁紙背(左半部)
第十五丁紙背(下半部) 第十二丁紙背(上半部)
第十六丁紙背(下半部) 第十四丁紙背(上半部)
第十七丁紙背(下半部) 第十五丁紙背(上半部)
第十八丁紙背(右半部) 第十六丁紙背(左半部)
第十九丁紙背(下半部) 第十七丁紙背(上半部)
第二十丁紙背(下半部) 裏表紙紙背(上半部)


これを見ると、紙背を利用するために集積された反古が、ある段階で裁断され、下半部または右半部の束が永正三年の日記に、上半部または左半部の束が永正七年の日記に、それぞれ順を追って使用されているのが判る。永正三年冊では第二十三丁から、永正七年冊では第十八丁から後は同一冊の中に接続相手を見出せる場合があるが、それ以前の部分には存在しない。一具として復元出来なかった料紙のかたわれは、他に転用されたか、廃棄されたと推定される。なお『雑事要録』『雑々記』等、尚通筆になる部分が存在すると考えられる記録に、本書の紙背と一具であったと推定できる文書の断簡は無い。
 本冊には、足利義尹・義澄や細川澄元・同高國・同澄賢の抗争が詳しく記録され、細川政元被官赤沢朝経の入国に伴う大和の動静、香西元長による上賀茂社家への放火、といった混乱に対応して、尚通邸からも婦女子や重書類を避難させるなど、当時の世相が具体的に見られる。
 三条西実隆との詩懐紙の贈答を始めとする公家との交流はもとより、宗祇から古今伝授を受けた尚通邸には連歌師もさかんに来訪して文学的な関心の高さがうかがわれ、これをきっかけに接触をもとめる地方大名の記事も収められる。
 家中では後に慈照寺住持となる明岳瑞昭、一乗院門跡となる覚誉、聖護院門跡となる道増といった子息や、継孝院、智園寺に入室した息女をはじめ、弟一乗院良誉や妹大祥院尊永・御霊殿、叔父景陽軒、叔母大祥院春渓との密接な連絡があり、父政家の後室(大上様)との縁からその父飛鳥井雅親や同雅俊と頻繁な交際、自身の室維子との縁からその父徳大寺実淳一家との交流が見られる。
 家領支配の様相、近衛家書札礼など興味深い記事に富む。
 本冊の編纂について種々陽明文庫文庫長名利修氏の懇切なご協力ご教示に預かった。
(例言四頁、目次一頁、本文三四五頁、巻頭図版二葉、岩波書店発行)
担当者 田中博美


『東京大学史料編纂所報』第36号p.36