東京大学史料編纂所

HOME > 編纂・研究・公開 > 所報 > 『東京大学史料編纂所報』第34号(1999年)

所報―刊行物紹介

日本荘園絵図聚影 四 近畿三

 古代・中世荘園絵図の良質な図版提供を目的とした『日本荘園絵図聚影』は、今回で五冊目の刊行を迎えた。荘園絵図研究グループによる同聚影の製作は、今回より画像史料解析センターの一プロジェクトとなり、センタースタッフが主として編集を担当した。本冊は、山城・大和を除く近畿地方の絵図、計四一点をA3プレート一三八丁に収録する。各所蔵者のご理解・ご協力により、一部を除いて絵図原本を八×一〇インチないしは四×五インチのフィルムにて撮影し、製版している。掲載図版はモノクロコロタイプ印刷をベースとし、著色のある絵図についてはカラーオフセット図版を付した。また大型絵図の主要なものについては、分割図や部分図を多用することで、詳細な分析を可能とした。
 本冊収録の絵図は以下のとおりである。

  伊勢国智積与川嶋山田境差図 一 醍醐寺所蔵

  伊勢国智積与川嶋山田境差図 一 醍醐寺所蔵

  伊勢国稲生三社絵図 伊奈冨神社所蔵

  伊勢国櫛田川下流地域絵図 国立公文書館内閣文庫所蔵

  伊勢国鹿海村草場差図 (写)一 西岡由紀男氏所蔵

  伊勢国鹿海村草場差図 (写)二 西岡由紀男氏所蔵

  伊勢国箕曲郷法常住院領吹上畠差図写 国立公文書館内閣文庫所蔵

  伊勢国箕曲郷河辺村度会元益跡屋敷地差図写 国立公文書館内閣文庫所蔵

  伊勢国箕曲郷河辺村度会元益女子等屋敷地差図写 国立公文書館内閣文庫所蔵

一〇

  但馬国出石神社領神戸郷絵図(断簡) 神床守直氏所蔵

一一

  丹波国吉富荘絵図写 真継正次氏所蔵

一二

  丹波国安国寺境内図 安国寺所蔵

一三

  丹波国大山荘西田井村用水指図 京都府立総合資料館所蔵

一四

  丹波国大山荘西田井村用水指図写 黒川古文化研究所所蔵

一五

  丹波国大山荘井手指図 京都府立総合資料館所蔵

一六

  丹波国出雲神杜領牓示絵図 出雲神社所蔵

一七

  摂津国島上郡水無瀬荘絵図 正倉院宝物

一八

  摂津国郡家井手検知指図 高槻市郡家区所蔵

一九

  摂津国垂水荘指図 京都府立総合資料館所蔵

二〇

  摂津国垂水荘向島絵図 京都大学総合博物館所蔵

二一

  摂津国川辺郡猪名所地図 尼崎市教育委員会所蔵

二二

  摂津国広徳寺門前小路差図 大徳寺所蔵

二三

  摂津国長洲御厨内大覚寺絵図 大覚寺所蔵

二四

  摂津国尼崎大覚寺敷地四方指図 大覚寺所蔵

二五

  摂津国八部郡奥平野条里図(断簡)(写) 神戸市立中央図書館所蔵

二六

  和泉国日根野村近隣絵図 宮内庁書陵部所蔵

二七

  和泉国日根野村絵図 宮内庁書陵部所蔵

二八

  紀伊国桛田荘絵図 一 神護寺所蔵

二九

  紀伊国桛田荘絵図 二 宝来山神社所蔵

三〇

  (参考)紀伊国加勢田庄北川用水絵図 宝来山神社所蔵

三一

  紀伊国井上荘絵図 宝寿院所蔵

三二

  紀伊国井上本荘絵図 随心院所蔵

三三

  紀伊国神野真国荘絵図 神護寺所蔵

三四

  紀伊国高家荘絵図 大徳寺所蔵

三五

  播磨国小宅荘三職方条坊坪付図 大徳寺所蔵

三六

  播磨国小宅荘三職方条坊坪付絵図 大徳寺所蔵

三七

  播磨国弘山荘条坊図写 圓尾光氏所蔵

三八

  播磨国鵤荘絵図 一 法隆寺所蔵

三九

  播麿国鵤荘絵図 二 法隆寺所蔵

四〇

  播磨国臨川庵敷地絵図 大徳寺所蔵

四一

  播磨国揖保川用水絵図 兵庫県揖保川岩浦土地改良
      区岩見井組所蔵


 今回の収録絵図のうち、とりわけ注目されるのは、播磨国鵤荘絵図二点である。詳細な条里記載をもつこの絵図は、中世荘園のみならず古代荘園の研究にも役立つものであり、良質な図版提供の意義の大きさは言うまでもない。この二枚の絵図については、モノクロ・カラーの全図に加えて、カラー四分割ならびにモノクロ九分割を付することで、非常に精密な分析が可能となった。今後、緻密な絵図分析の進展に対応して、こうした方法を適宜選択してゆくことが重要と思われる。また隣接する弘山荘条坊写図・小宅荘三職方条坊坪付図や、揖保川用水絵図についても、分割図・カラー図を伴って収録したことで、当該地域の荘園研究に大きく寄与するものとなろう。
本冊には、研究史のあつい著名な荘園絵図が集中しており、利用価値は非常に高いものになろう。従来あまり知られずにあった写図を収録し、研究状況の進捗にあわせて近世絵図も加えるなど、研究上の便宜を念頭において編集を行った。
 なお、本冊の刊行によって、主要有名荘園の集中する近畿編は完結を迎え、あとは西日本編を残すのみとなった。これまでの編集方針を踏襲しつつ、新たな視点をもって編纂にのぞみたい。
 最後に、本書への図版掲載を許可された所蔵者各位に謹んで謝意を表する。
(例言一頁、目次四頁、図版一三八丁)
担当者 石上英一・井上聡・榎原雅治・岡田隆夫・加藤友康・久留島典子・黒田日出男・近藤成一・高橋敏子・鶴田啓・林譲・山口英男・山田邦明


『東京大学史料編纂所報』第34号p.33