東京大学史料編纂所

HOME > 編纂・研究・公開 > 所報 > 『東京大学史料編纂所報』第31号(1996年)

所報―刊行物紹介

日本荘園絵図聚影 一下 東日本二

 本冊は、『日本荘園絵図聚影』の第四冊目である。当初の刊行計画を変更して、東日本の荘園絵図を二冊に分冊したので、越前以南の荘園絵図を収録している。
収録した荘園絵図とその所蔵者は以下の通りである。

  越前国河口・坪江荘近傍図 国立公文書館内閣文庫

  越前国坂井郡高串村東大寺大修多羅供分田地図 奈良国立博物館

  越前国足羽郡道守村開田地図 正倉院宝物

  越前国足羽郡糞置村開田地図 天平宝字三年 正倉院宝物

  越前国足羽郡糞置村開田地図 天平神護二年 正倉院宝物

  越前国今泉浦絵図 西野厳氏

  若狭国丹生浦山指図 福井県美浜町丹生区

  若狭国太良荘樋指図 京都府立総合資料館

  近江国菅浦与大浦下荘堺絵図 滋賀県西浅井町菅浦区

一〇

  近江国水沼村墾田地図(近江国懇田地図 一) 正倉院宝物

一一

  近江国覇流村墾田地図(近江国懇田地図 二) 正倉院宝物

一二

  近江国比良荘堺相論絵図 一 滋賀県志賀町北比良区

一三

  近江国比良荘堺相論絵図 二 伊藤晉氏

一四

  近江国葛川与伊香立荘相論絵図 一 明王院

一五

  近江国葛川与伊香立荘相論絵図 二 明王院

一六

  近江国邇保荘条里図 滋賀県近江八幡市江頭町

一七

  近江国金勝寺牓示絵図 金勝寺

一八

  武蔵国鶴見寺尾絵図 神奈川県立金沢文庫

一九

  武蔵国称名寺絵図並結界記 称名寺・神奈川県立金沢文庫保管

二〇

  相模国円覚寺境内絵図 円覚寺

二一

  相模国黄梅院絵図 黄梅院

二二

  相模国明月院絵図 明月院

二三

  相模国善宝寺地図 光明寺

二四

 

駿河国長慶寺周辺寺領図

臨済寺

二五

  尾張国富田荘絵図 円覚寺

二六

  尾張国安食荘堺絵図 醍醐寺

 

以下に、本冊に収録した絵図についての若干の説明を加えておく。

まず、本冊の絵図の内訳は、古代荘園図が六点、中世荘園図が二〇点であるが、量的には、カラー分割図・部分図・赤外線部分図の多い古代荘園図が倍近くになっている。前冊とあわせての利用によって、古代の荘園図研究が活発化することを期待したい。
 本冊の中世荘園図では、近江国菅浦与大浦下荘堺絵図、近江国比良荘堺相論絵図一・二、近江国邇保荘条里絵図、近江国葛川与伊香立荘相論絵図一・二、武蔵国鶴見寺尾絵図、尾張国富田荘絵図、尾張国安食荘堺絵図などが、荘園絵図研究上で注目されるが、とくに興味深いのは、葛川与伊香立荘相論絵図一・二の裏のモノクロとカラー図版であろう。従来は、このような絵図の裏の状態を知ることはできなかったのであるが、幸いにも、両図ともに裏の撮影が可能になり、本冊に図版を掲載することができたのであった。この裏面から見える絵図の状態は新たな研究の可能性を示唆する。
 なお、本冊に収めた荘園絵図のうち、六の越前国今泉浦絵図に関しては「荘園調査報告八 越前国今泉浦絵図」(久留島典子・近藤成一・山田邦明執筆、『東京大学史料編纂所研究紀要』第六号)を、七の若狭国丹生浦山指図については「若狭丹生浦山指図の現地調査」(久留島典子・近藤成一・山田邦明執筆、科学研究費一般研究(A)研究成果報告書『京畿内荘園の史料データベース作成と歴史地理学的研究』、一九八九年)を、一二・一三の近江国比良荘堺相論絵図一・二については、久留島典子の「『比良荘堺相論絵図』調査報告」(『東京大学史料編纂所研究紀要』第四号)を、また、近江国金勝寺牓示絵図に関しては「荘園調査報告一〇近江国金勝寺牓示絵図」(高橋敏子執筆、『東京大学史料編纂所研究紀要』第六号)を、それぞれ参照されたい。
 最後に、本書への図版掲載を許可された所蔵者各位に謹んで謝意を表する。
(例言一頁、目次三頁、図版一四四葉)
担当者 黒田日出男・石上英一・榎原雅治・岡田隆夫・加藤友康・久留島典子・黒川高明・近藤成一・高橋敏子・林譲・保立道久・山口英男・山田邦明・鶴田啓


『東京大学史料編纂所報』第31号p.23