東京大学史料編纂所

HOME > 編纂・研究・公開 > 所報 > 『東京大学史料編纂所報』第28号(1993年)

所報―刊行物紹介

日本荘園絵図聚影二 近畿一(山城)

 『日本荘園絵図聚影』は、現存する主要な荘園絵図をコロタイプ版及び多色オフセット版で刊行するものである。全国を五地域に分け、今回はその第二冊近畿一(山城)として、山城国に所在した荘園の図を収めた。但し、平安京条坊内に所在するものは含めなかった。収録・記載の方針は昭和六十三年(一九八八)に刊行した第三冊近畿二(大和)と同じであるが(例言並びに『所報』第二三号五〇頁参照)、若干改めた点もある。先ず、各絵図を現地の位置により概ね東北より西南に向かって配列した点(その結果愛宕・葛野・山科・紀伊・乙訓郡の順になる)、広範囲を対象とした絵図を先に狭いものを後に配列した点は同じであるが、所在地を特定しがたい絵図については、便宜所蔵者にかけて配列することにした。同様に絵図中に見えるその成立に関わる年紀を「」内に記したが、今回更に関係の史料から推定される年紀を()内に記すことにした、本冊に収載した荘園絵図と所蔵者は以下のとおりである。

一〜三

  山城国愛宕郡市原野附近指図 一・二・三 宮内庁書陵部

  山城国宝荘厳院用水指図 京都府立総合資料館

  山城国賀茂十楽院跡屋敷差図 大徳寺

  山城国五辻大宮妙覚寺跡屋敷地指図 大徳寺

  山城国大徳寺如意庵領敷地差図 大徳寺

  山城国大徳寺如意庵下地相博差図 大徳寺

  山城国大徳寺栽松軒屋敷地指図 大徳寺

一〇

  山城国大徳寺大仙院裏地指図 大徳寺

一一

  山城国龍翔寺西後園指図 大徳寺

一二

  山城国神護寺領高雄山絵図 神護寺

一三

  山城国主殿寮領小野山与神護寺領堺相論指図 神護寺

一四

  山城国高山寺絵図 神護寺

一五

  山城国神尾一切経蔵領長谷古図 高山寺

一六

  山城国神尾一切経蔵領中野古図 高山寺

一七

  山城国葛野郡班田図(断簡1・2・5) 京都府立総合資料館
    山城国葛野郡班田図(断簡3・4・6〜9・11・13表裏) お茶の水図書館
    山城国葛野郡班田図(写)(断簡10・12) 東京大学史料編纂所

一七参考

  山城国葛野郡班田図(写)(断簡12・10) 『旧典類纂田制篇』所収

一八

  山城国嵯峨舎那院領絵図 天龍寺

一九

  山城国嵯峨亀山殿近辺屋敷地指図 天龍寺

二〇

  山城国臨川寺領大井郷界畔絵図 天龍寺

二一

  山城国嵯峨諸寺応永鈞命絵図 天龍寺

二二

  山城国松尾社境内図 松尾大社

二三

  山城国桂川松尾御前淵用水指図 京都大学文学部博物館

二四・二五

  山城国桂川用水差図 一・二 京都府立総合資料館

二六

  山城国西岡下五ケ郷用水指図 京都府立総合資料館

二七

  山城国桂川井手取口指図 京都府立総合資料館

二八

  山城国西岡たかはね井用水差図 京都府立総合資料館

二九

  山城国上久世荘東田井用水指図 京都府立総合資料館

三〇

  山城国上野荘指図 京都府立総合資料館

三一

  山城国上野荘用水指図 京都大学文学部博物館

三二

  山城国川嶋南荘指図 京都府立総合資料館

三三

  山城国葛野・紀伊郡境図 醍醐寺

三四

  山城国宇治郡山科地方図(写) 東京大学史料編纂所

三五

  山城国醍醐寺五智院南地指図 醍醐寺

三六

  山城国六月坂裾東角地差図 醍醐寺

三七

  山城国醍醐寺西谷浄音坊薮地指図 醍醐寺

三八〜四〇

  山城国笠取荘図 一・二・三 醍醐寺

四一

  山城国御室戸醍醐山上山廻指図 醍醐寺

四二・四三

  山城国伊勢田郷桑本里坪指図 一・二 大徳寺

四四

  山城国九条領辺図 宮内庁書陵部

四五

  山城国紀伊郡里々坪付帳 宮内庁書陵部

四六

  山城国大和大路東行職朝臣給地指図 宮内庁書陵部

四七

  山城国東福寺西門前菜園指図 宮内庁書陵部

四八

  山城国東九条領条里図 宮内庁書陵部

四九

  山城国紀伊郡大副里今小路以南三・四坪指図 宮内庁書陵部

五〇

  山城国紀伊郡大副里今小路以北石井顕親入道正円住宅以南畠地指図 宮内庁書陵部

五一

  山城国紀伊郡佐井佐里東寺領西寺田指図 京都府立総合資料館

五二

  山城国拝師荘道忍領分田指図 京都大学文学部博物館

五三

  山城国上久世荘図 京都大学文学部博物館

五四

  山城国下久世荘絵図 京都府立総合資料館

五五

  山城国乙訓郡条里指図 国学院大学図書館

五六・五七

  山城国久我本荘白井承仕給指図 一・二 国学院大学図書館

五八

  山城国乙訓郡条里坪付図 (一)・(二) 宮内庁書陵部

五九

  山城国乙訓郡勝龍寺近隣指図 宮内庁書陵部

六〇

  某所川成注文指図 八坂神社

六一

  某所図(断簡) 八坂神社


 収録した絵図は原本ないし最良の写本を底本として影印したが、その点について及び編集に関する若干の説明を以下に加える。
 口分田の記載の最も詳細な一七山城国葛野郡班田図(写)(断簡12二条櫟原里田図)は本所架蔵の影写本「柏木貨一郎氏所蔵文書」(明治十三年影写)によって収載されているが、同本は上下各二枚に分けて影写されており、上段右側の廿四・廿三・廿二坪の左を画する線、並びに下段左側の廿八・廿九坪の右を画する線が記されていない。『(旧典類纂)田制篇』(明治十六年刊)所収図を参照するとこの線は続けて引かれているから、影写の段階で記入漏れがあった可能性が高く、最良の底本とはいいがたい。そこで廿四〜十九坪の右を画する線、並び廿五〜廿九坪の左を画する線を揃えるように配置した。このように上下段を配置することで記載された文字は接続するが、左側の料紙の幅が上下段では異なることになり、影写本の正確さについては問題が残る。なお『(旧典類纂)田制篇』所収図は誤って左側に二条小山田里集計を接続している点、四分二縮図としているものの、縮率を四分三としなければ、原寸と考えられる影写本と合わない点、仮に四分の三としても、なお縦方向を縮めている点などにおいて、やはり最良の写本とすることはできない。したがって本冊においては参考として収載し、今後の検討の便宜に備えることとした。
 また断簡4(お茶の水図書館所蔵)の左端は成巻の際に裁ち落とされた如くであり、現在では墨跡が認められるか否かは極めて微妙である。この点影写本によってかなりの字が判読できそうである。そのため接続すると推定される断簡5(京都府立総合資料館所蔵東寺百合文書チ函)と二ミリ(実際の間隔はより狭いと考えられる)の間隔を置いて配置した(27面裏)。
 この一七山城国葛野郡班田図は、これまでの研究により当初の配列がほぼ復元されており、宮本救氏の命名による断簡整理記号A〜I,b〜fを書き入れた復元模式図を入れた。
 当初の接続については、以下のように推測される。
 表紙並びに「集計」は、一紙を横に切って縦方向に使用し、里毎の田図部分は一紙を縦方向に便用する(櫟原里のみ横に二枚貼り合わせて一里分としている)。
各里毎の「田図」の右側に同じ里の「集計」を、「田図」が上になるように、即ち起請継ぎのように貼り継ぐ。各里毎の「田図」の左側には、南に位置する里の「集計」を、やはり「田図」が上になるように通常の紙継ぎの仕方で貼り継いであったようである。そしてこの案が追試できるように全断簡の縮尺を同一にし、図版の上下の位置も考慮してレイアウトした。なお断簡7(一条大井里集計)については、透過光撮影の際の遮光紙折込みが入ったため印刷にあたりこれを除いた、そのため表裏の幅が異なってしまったが縮尺率は同じである。
 以上一七山城国葛野郡班田図に関して説明を加えたが、本冊に収載された他の図の場合も表裏が一致するように注意を払った。そのほか、端裏以外の個所に裏書等が記されている場合は、それがどこにあるかが一見して判明するように裏全図を収めるように努めた。但しA2判見開きの場合の裏全図は約1/√2の縮率である。
 三八〜四〇山城国笠取荘図一・二・三は、醍醐寺文書調査の際、一三五函二八号の一括の中から一紙ずつの断簡として発見されたものである。本来は貼り継がれていたものと推定され、本所において修補した折りに接合して復元したものである。この作業は本所技術官中藤靖之が担当した。
 また五六・五七山城国久我本荘白井承仕給指図一・二と同一の指図が久我家文書の久我家領文書案にも収められているが、本冊に収載した図を帳簿に清書したものなので割愛した。
 四九山城国紀伊郡大副里今小路以南三・四坪指図と五〇山城国紀伊郡大副里今小路以北石井顕現入道正円住宅以南畠地指図との位置関係は五〇が北になるので配列順の訂正を要する。
 本書は前所員故弥永貞三・土田直鎭・鈴木茂男の企画・準備に基づき、前所員皆川完一の協カを受け、下記の担当者が調査・編纂に従事した。
(例言一頁、目次四頁、図版一六五葉)
担当者 岡田隆夫・黒川高明・黒田日出男・石上英一・保立道久・加藤友康・久留島典子・近藤成一・高橋敏子・林譲・榎原雅治・山田邦明・鶴田啓・山口英男


『東京大学史料編纂所報』第28号p.81