東京大学史料編纂所

HOME > 編纂・研究・公開 > 所報 > 『東京大学史料編纂所報』第28号(1993年)

所報―刊行物紹介

大日本近世史料 近藤重蔵蝦夷地関係史料 付図

本所では、所蔵特殊蒐書の一つである「近藤重蔵遺書(近藤重蔵関係資料)」中の蝦夷地関係文書史料を、『大日本近世史料 近藤重蔵蝦夷地関係史料』(以下、『蝦夷地関係史料』)一〜三として一九八四年(昭和五九)から八九年(平成元)にかけて出版した。
本冊は「近藤重蔵遺書」から蝦夷地・千島・カラフトなど北方関係の絵図を選び、写真版オフセット印刷(一部カラー)により複成したもので、文書史料と相補って重蔵の蝦夷地問題との関わりやその知見を知ることができる。
今回の出版では、各絵図が歴史資料として活用できるよう、絵図面上に記入された文字が判読できることに留意して写真版の大きさを決定し、また必要に応じて分割図を設定した。ために既刊の第一〜第三冊とは形態が異なり、外箱・内箱はほぼA4判の大きさで、内箱の中にA3〜A1判の写真版を一〜三回折り畳んで収納する形となっている。
収載した絵図史料と写真版の体裁は次の通りである。

収載番号
絵図名
 色
版型
数量
  北太平洋及び周辺図(其一) カラー
A3
一葉
二〜四
  北太平洋及び周辺図(其二)〜(其四) モノクロ
A3
各一葉
  蝦夷地周辺図 モノクロ
A3
一葉
  蝦夷地絵図(全図) カラー
A2
一葉
  蝦夷地絵図(分割1〜4) モノクロ
A2
各一葉
  蝦夷地図(全図) モノクロ
A2
一葉
  蝦夷地図(分割1〜4) モノクロ
A2
各一葉
  クスリ・シャリ・シベツ間里程絵図 カラー
A2
一葉
  アバシリ・クスリ間里程図 モノクロ
A3
一葉
一〇
  十勝川流域絵図(全図) カラー
A2
一葉
  十勝川流域絵図(分割1〜3) モノクロ
A1
各一葉
一一
  石狩・アブタ間行程絵図 モノクロ
A3
一葉
一二
  会所周辺絵図 モノクロ
A3
一葉
一三
  レブンシリ図 モノクロ
A2
一葉
一四
  リイシリ図 モノクロ
A2
一葉
一五
  テウレ島・ヤンゲ島絵図 モノクロ
A2
一葉
一六
  猟虎島図(全図) モノクロ
A2
一葉
  猟虎島図(分割1・2) モノクロ
A2
各一葉
一七
  シヤナ陣家周辺絵図 モノクロ
A2
一葉
一八
  サカリン図(全図) モノクロ
A2
一葉
  サカリン図(分割1・2) モノクロ
A2
各一葉
一九
  間宮海峡麁絵図 モノクロ
A3
一葉
二〇
  黒龍江流域絵図 モノクロ
A3
一葉
二一
  北蝦夷地図(全図) カラー
A2
一葉
  北蝦夷地図(分割1・2) モノクロ
A2
各一葉


また本冊は『蝦夷地関係史料』の最終冊となるので、「付図別冊」として小冊子を付し、次の二本の解題を収めた(文書史料の索引は第三冊に収載)。
解題一「近藤重蔵蝦夷地関係史料 収載史料書誌」は、本冊を含む『蝦夷地関係史料』各冊に収載した史料の、各冊での文書番号・年代・文書名、紙質、形態、法量、紙数丁数、史料編纂所架蔵番号、および『近蔵重藤関係資料目録』(一九九二年三月、文化庁文化財保護部美術工芸課作成)における分類番号を記したものである。
解題二「近藤重蔵蝦夷地関係略年譜(寛政九年〜文化五年)」は、『蝦夷地関係史料』所収史料を中心に、所収史料の年代である寛政九年から文化五年までの、重蔵と蝦夷地との関わりについて記述したものである。
(例言一頁、目次二頁、写真版三八葉、別冊本文四八頁)
担当者 黒田日出男・鈴木圭吾・鶴田啓


『東京大学史料編纂所報』第28号p.76