東京大学史料編纂所

HOME > 編纂・研究・公開 > 所報 > 『東京大学史料編纂所報』第27号(1992年)

所報―刊行物紹介

大日本史料 第一編補遺(別冊一)

 大日本史料第一編は、宇多天皇仁和三年(八八五)八月より花山天皇寛和二年(九八六)六月までを二四冊に収載する(二十四は一九八八年三月刊行)。ところが、第一冊の編纂刊行後、史料の脱漏、係年の誤り、綱文の誤りに気付いていたところがあった。また新発見や新たに蒐集した史料には、既刊行分に補わねばならないものも数多くあった。そこで、一〜九冊については、誤植等の軽微な誤りを正誤表(次冊以降に添付)により訂正することを行い、二・三・六冊においては製作・校正中に気付いた史料を巻末の「補遺」により収載することを行った。また、補遺用の切張り原稿や未収史料の編年カードも部内において蓄積し、訂正用原本への補遺用書込も行ってきた。その結果、補遺用切張り原稿だけでも、現在の一冊の頁数で三冊分以上の量に達する程になった。そこで、本編完成に引続いて、「大日本史料体例」に基づいて、第一編の全期間に関する別冊の補遺を刊行することとした。
 第一編補遺の編纂については、次の基本方針を立てた。
 一、補遺採録基準

      1. 綱文
  1. 1. 綱文の訂正・削除・追加・分割を行う場合
  1. 1. 1. 誤って立てた綱文の削除、及び係年の訂正
  1. 1. 2. 綱文の誤り、綱文中の語句の誤記の訂正
          付、既に正誤表にて訂正済の綱文も、補遺において訂正する
  1. 1. 3. 係年を誤った史料を正しい係年の位置に移動することにより新たに綱文を立てる必要が生じる場合
  1. 1. 4. 編纂時の脱漏、刊行後の新出史料等により綱文を改め、あるいは新たに綱文を立てる必要がある場合
  1. 2. 綱文の訂正等を行わない場合
  1. 2. 1. 当該冊刊行時と現在では綱文の表記方法が異なるが内容に問題のない場合
  1. 2. 2. 当該冊刊行時と現在では綱文の立て方が異なるが内容に問題のない場合
  2. 史料
  2. 1. 史料の訂正・差替・削除・追加を行う場合
  2. 1. 1. 史料の係年を誤った場合
  2. 1. 2. 史料の割裂・抄出等が誤っていたり、採録漏れがある場合
  2. 1. 3. 脱漏した史料、あるいは新出史料や新蒐集史料がある場合
  2. 1. 4. 史料の底本の採用が不適切で解釈や係年の異同が生じる場合
  2. 1. 5. 史料の一部の誤記により解釈や係年の異同が生じる場合
  2. 2. 史料の訂正・差替・削除・追加を行わない場合
  2. 2. 1. 現在の史料研究の水準からは史料の底本の採用が不適切であるが解釈や係年の異同を生じない場合
  2. 2. 2. 史料の一部に誤記、誤植があるが解釈や係年に支障を生じない場合
  2. 2. 3. 傍注等に誤りがあるが解釈や係年に支障を生じない場合
  3. 按文
  3. 1. 条末・条中の合叙の按文を訂正・削除・追加する場合
  3. 1. 1. 上記の1.1.及び2.1.の綱文・史料の訂正等により必要が生じた場合
  3. 1. 2. 合叙の按文が誤っている場合
  3. 1. 3. 合叙の按文の追加が必要な場合
  3. 2. 連絡按文を訂正する場合
  3. 2. 1. 上記の1.1.及び2.1.の綱文・史料の訂正等により必要が生じた場合
  3. 3. 連絡按文を訂正しない場合
  3. 3. 1. 当該冊刊行時と現在では連絡按文の表記方法・掲載基準が異なるが支障のない場合
  4. 補遺における表記方法
  4. 1. 綱文は現在の表記方法にしたがって記述する
  4. 2. 史料は現在一般に使用している史料名、巻・部立区分、所蔵者名により掲出し、本文も現在の翻刻・校異・注記方法により掲出する

 二、補遺編纂方針

      1. 正誤表などにより既に明記している綱文の誤り、史料の係年の誤りを訂正する
  2. 一年分ごとに完全な編年の補遺を作成するのではなく、史料分野ごとに一〜二四冊を通して補遺を採録する
  2. 1. 史料分野は次のように設定する
    1. 儀式書
    2. 文書
    3. 記録(特に第一編時代の係年可能な史料を採録する後代の記録)
    4. 叙位・除目史料
    5. 聖教
    6. 文学
    7. その他
  2. 2. 当面、儀式書(『西宮記』『北山抄』『勘例』の勘物)、文書(新出文書、文書中の係年可能な記載)の補遺史料を編纂する
  2. 3. 人物の事蹟、学芸の補遺は最終段階において編纂する

 以上のような原則のもとに、補遺(別冊一)を編纂した。本書には、第一編之一より第一編之四まで、すなわち仁和三年八月から延喜十八年(九一八)八月までの補遺を収載した。補遺の分野は、当該冊の正誤表などにより既に明記している綱文の誤り、史料の係年の誤り、『西宮記』『北山抄』『勘例』の補遺史料、新出文書、文書中の係年可能な記載である。また、これらの補遺事項に関連する範囲において関連史料も採録した。儀式書の勘物の補遺の採録を行ったのは、同時代の記録がないか、あるいは極めて少ない九世紀末〜一〇世紀前半の時期においては、これら勘物が編年の骨格となるからである。
 初めに儀式書の採録にあたっての留意点について述べる。『西宮記』の勘物には採録漏れが多いので、それらを補遺に採録することに努めた。また、近年の写本研究の成果に従い、宮内庁書陵部所蔵壬生家本の古写本、前田家巻子本、前田家大永抄本、京都御所東山御文庫所蔵本、国立歴史民俗博物館所蔵田中本(壬生家本の古写本の一部)を底本・対校本として適宜使用し、異文史料としても諸写本を掲出した。既刊分では『西宮記』の流布本などを使用している場合が多く、また前田家巻子本・大永抄本などの古写本を使用した場合でも抄録の方法が不適切な例が多いが、解釈や係年に支障のないものは補遺による訂正・差替などは行わなかった。
 『北山抄』の勘物にも採録漏れが多く、同じくそれらを補遺に採録することに努めた、『北山抄』の勘物は、本文中に割書で分散的に収載されているものが多いが、それらの一部が採録漏れとなっている場合には、史料の差替えを行った。写本としては前田家巻子本と同冊子本を使用した。前田家冊子本五に収められている「官奏事」は藤原公任撰の異本『北山抄』と考えられているが、新出史料である。また、前田家巻子本三乙本の除目史料はこの写本にのみ見える史料である。
 『勘例』は陽明文庫所蔵で、『陽明文庫記録』十三函・十四函に収められている。鎌倉時代後期から南北朝時代の書状を反故として、年中行事や叙位・除目などの先例を記述した部類記の一種であり、鎌倉時代中頃までの外記中原氏などの勘物を多数収載する。陽明文庫本『勘例』は第一編之十四以降に採録しているが、一〜十三冊の時代についても多数の勘物があり、従来から補遺切貼り原稿として準備してきたものである。これまで、『勘例』を平記の一部であるかのように掲出してきたが誤まりであるので、今回史料名の掲出方法を訂正した。
 次に、古文書の採録にあたっては、本編編纂以降の新出史料の収録に努めると共に、古文書に引用されている内容のうち年次にかけられるものは、その箇所にも収録することを原則として全編の統一を図ることとし、この作業は既収の古文書を含めて行った。
 本冊に収めた本編未収載の古文書としては、『神護寺最略記』所収「承平元年神護寺実録帳」(仁和三年雑載・仏寺の条、寛平三年雑載・仏寺の条、同五年雑載・仏寺の条、延喜四年雑載・仏寺の条、)、正親町家旧蔵「唐招提寺施入田券文写」(寛平三年雑載・売買の条、同八年雑載・売買の条、延喜二年雑載・仏寺の条、同四年雑載・仏寺の条、)、松岡弘泰氏所蔵「田券」(寛平三年雑載・売買の条)、東山御文庫所蔵『周易抄』紙背文書(寛平五年二月十六日条、同八年正月二十六日条、同九年正月十一日条、同二月十四日条、寛平年中の第十四項、寛平九年七月二十二日条)、「春日神社文書」(寛平六年雑載・公験の条)、教王護国寺及び高山寺所蔵の東寺文書(昌泰元年八月十六日条)、「東寺百合文書」(延喜二年是歳の第三項)、「根岸文書」及び白河本「東寺百合古文書」(延喜九年雑載・売買の条)、「貞観寺文書」(延喜十六年雑載・仏寺の条)等が挙げられる。また、年月日を欠くために本編から洩れたと思われる「広隆寺資財交替実録帳」の全文を、内容から推定される年次により寛平二年是歳の第四項に収めた。なお、東山御文庫所蔵『周易抄』紙背文書は、飯田瑞穂氏が紹介された以外ほとんど内容の知られていなかった史料であり、一九八五年十月に京都御所東山御文庫において原本調査を行った成果を本冊に収録した(『史料編纂所報』二一、八〇頁参照)。同紙背文書は、権官を含む任用国司・雑任国司及び権大領の任用を命じた太政官符(任符)十二通からなり、宇多朝の地方政策等を考える上で貴重な史料となろう。
(目次三七頁、目次追加八頁、本文三四二頁)
担当者 石上英一・山口英男


『東京大学史料編纂所報』第27号p.67