東京大学史料編纂所

HOME > 編纂・研究・公開 > 所報 > 『東京大学史料編纂所報』第23号(1988年)

所報―刊行物紹介

日本荘園絵図聚影三 近畿二

 『日本荘園絵図聚影』は、現存する中世以前の主要な荘園絵図及び地域を描いた絵図・指図類を、国別にコロタイプ版及び多色オフセット版で刊行するものである。全体を五冊分とし、第一冊を東日本、第二冊を近畿一(山城)、第三冊を近畿二(大和)、第四冊を近畿三、第五冊を西日本とすることを予定しており、今回はその第三冊を刊行した。
 荘園絵図は各地に分散して所蔵されているが、原本もしくは、現存する最良の写本について、調査し、大型写真(8×10インチ判以上)撮影を行い、これをA3変型判(三〇×四〇糎)ないし倍判の図版とし、端裏書及び裏書は同一縮尺で対応箇所に配した。大型の図については文字が判読できるように分割し、着色のものについては、カラーを収載した。また利用の便を考慮し、シートのままで帙に収めることにした。各絵図の配列は、現地の位置により概ね東北より西南に向かう順とし、同一地域内では書写年代順とした。現存の各絵図について、その書写の時代を推定し、奈良時代、鎌倉時代などと記し、絵図中に見えるその成立に関わる年紀を「」内に記した。法量は、図版の向きに従って縦×横の順に記した。
 本冊に収載した絵図は以下のとおりである。

  大和国東大寺山堺四至図 正倉院宝物

  大和国佐保新免田土帳 一 国立公文書館内閣文庫所蔵

  大和国佐保新免田土帳 二 国立公文書館内閣文庫所蔵

  大和国佐保新免田土帳 三 国立公文書館内閣文庫所蔵

  大和国添下郡京北班田図 一 西大寺所蔵

  大和国添下郡京北班田図 二 東京大学文学部所蔵

  大和国西大寺敷地図 一 東京大学文学部所蔵

  大和国西大寺敷地之図 東京大学文学部所蔵

  大和国西大寺敷地図 二 東京大学文学部所蔵

一〇

  大和国西大寺往古敷地図 東京大学文学部所蔵

一一

  大和国添下郡京北条里図 東京大学文学部所蔵

一二

  大和国西大寺与秋篠寺堺相論絵図 一 東京大学文学部所蔵

一三

  大和国西大寺与秋篠寺堺相論絵図 二 西大寺所蔵

一四

  大和国西大寺領之図 東京大学文学部所蔵

一五

  大和国西大寺辺四陵図 国立公文書館内閣文庫所蔵

一六

  大和国小五月郷指図(断簡) 天理大学附属天理図書館所蔵

一六附

  大和国小五月郷指図(写) 天理大学附属天理図書館所蔵

一七

  平城京葛木寺東所地四坊図 随心院所蔵

一八

  平城京市図 知恩院所蔵

一九

  大和国岩井川分水指図 天理大学附属天理図書館所蔵

二〇

  大和国岩井河南岸諸荘園図 国立公文書館内閣文庫所蔵

二一

  大和国若槻荘土帳 一 茨城県歴史館所蔵

二二

  大和国若槻荘土帳 二(断簡) 国立公文書館内閣文庫所蔵

二三

  大和国横田荘土帳 広島大学文学部国史学教室所蔵

二四

  大和国池田荘与并殿荘堺溝相論指図 国立公文書館内閣文庫所蔵

二五

  大和国倉荘土帳 国立公文書館内閣文庫所蔵

二六

  大和国虚空蔵寺領絵図 東大寺図書館所蔵

二七

  大和国額田寺伽藍並条里図 国立歴史民俗博物館所蔵

二八

  大和国乙木荘土帳 一 猪熊全寿氏所蔵

二九

  大和国乙木荘土帳 二 国立公文書館内閣文庫所蔵

三〇

  大和国中山荘土帳 広島大学文学部国史学教室所蔵

三一

  大和国楊本荘条里図 国立公文書館内閣文庫所蔵

三二

  大和国出雲荘土帳 国立公文書館内閣文庫所蔵

三三

  大和国羽津里井荘図 国立公文書館内閣文庫所蔵

三四

  大和国百済一荘之内屋敷田畠差図 談山神社所蔵

三五

  大和国忌部荘差図 一 談山神社所蔵

三六

  大和国忌部荘差図 二 談山神社所蔵

三七

  大和国古木新本両荘土帳(断簡1) 国立公文書館内閣文庫所蔵

三七

  大和国古木新本両荘土帳(断簡2) 広島大学文学部国史学教室所蔵

三八

  大和国膳夫荘差図 談山神社所蔵

三九

  大和国飛騨荘実検図 東大寺図書館所蔵

四〇

  大和国東喜殿荘与南喜殿荘用水相論指図 東大寺図書館所蔵

四一

  大和国磯野荘差図 談山神社所蔵

四二

  大和国宿院荘土帳 天理大学附属天理図書館所蔵

四三

  大和国箸喰荘差図 一 談山神社所蔵

四四

  大和国箸喰荘差図 二 談山神社所蔵

四五

  大和国たふい山古図 国立公文書館内閣文庫所蔵

四六

  大和国?観音寺領絵図 唐招提寺所蔵

四七

  某田図(断簡) 唐招提寺所蔵

四八

  某荘絵図(断簡) 東大寺図書館所蔵


写真撮影は(株)便利堂によるものが殆どであるが、額田寺伽藍並条里図については、国立歴史民俗博物館の永島正春氏による、X線及び赤外線による撮影の原板を使用することができた。
本書の企画は前所員故弥永貞三の昭和四五年度の文部省科学研究費交付研究にはじまり、前所員土田直鎮・故鈴木茂男と下記担当者が調査・編纂に従事した。
(例言一頁、目次三頁、図版一一四葉)
担当者 皆川完一・岡田隆夫・黒川高明・黒田日出男・石上英一・保立道久・永村真・加藤友康・近藤成一・高橋敏子・林譲・山田邦明・鶴田啓・山口英男


『東京大学史料編纂所報』第23号p.50