東京大学史料編纂所

HOME > 編纂・研究・公開 > 所報 > 『東京大学史料編纂所報』第15号(1980年)

東大寺図書館所藏史料調査

 昭和五十二年よりの継続として、七月二十二日より二十八日の間、東大寺図書館所蔵の記録聖教類の調査撮影を行った。今回は昨年度未了の薬師院文庫史料の内、記録(ヤ/2/231)〜(ヤ/2/305)、経疏部(ヤ/3/1)〜(ヤ/3/11)、系図及地図其他(ヤ4/1)〜(ヤ/4/26)、(ヤ/5/1)に加えて、薬師寺旧蔵未整理史料(西庄氏持参分・断簡十七括)及び東大寺図書館寄託寶珠院記録(141B/1/1)〜(141B/28/1)の調査・撮影を実施した。
 薬師院文庫未整理史料は、薬師院より主要な史料が東大寺図書館に寄贈され、分類が加えられた後に、院外西庄氏の許に置かれていた分と、院内に残されていた分が、重ねて薬師院史料として、図書館に寄せられたものである。史料の多くは近世に属するもので、冊子の形をとどめるものもあるが、概ね断簡であり、その数千八百点を越える。現在、史料個々の確認と、冊子の綴糸切れは、その復元等、整理作業の途上にある。
 寶珠院は、近世初頭に堂衆方子院として創立されて以来、現在に至るまで相承され、近世には、修二會の執行される堂宇として著名な、東大寺二月堂の管理の任を負うた。そこで二月堂修二會にかかわる記録、堂衆独自の法要等の記録が多く伝えられており、現在は寶珠院より東大寺図書館に寄託されている。そこで右記二群の史料について、中世に属するものを列挙しておきたい。

 一、愚記 法花會・維摩會之事 文明五         一冊(ヤ/2/256)
 一、永正二年 轉害會記 承應二年正法院實宣ノ書写   一冊(ヤ/2/257)
 一、手〓會式 寛正五・九・—             一巻(ヤ/2/259)
 一、長祿元年 手〓會行烈次第 寛正五・九・十三    一帖(ヤ/2/260)
 一、大佛殿勧進帳 永禄十一              一巻(ヤ/2/283)
 一、竹林抄 巻第三(後欠)              一巻(ヤ/2/284)
 一、貞和四正長元 轉害會施行日記 明暦元・十二・十正法院實宣写
                            一冊(ヤ/2/285)
 一、轉害會施行日記 正長元・十一・—         一冊(ヤ/2/286)
 一、永正二年 手〓會記 承應三年實宣写        一冊(ヤ/2/287)
 一、天文八・十三年轉害會記 明暦二年實宣写      一冊(ヤ/2/288)
 一、長祿元年 轉害會日記 延寶九年實宣写       一冊(ヤ/2/289)
 一、法花會竪者方日記 明應三・大永三・天正五     一冊(ヤ/2/290)
 一、法花會日記 永正二・十一・十九          一冊(ヤ/2/291)
 一、法花會始行日記 永正十・卯・—          一冊(ヤ/2/292)
 一、永正十年 東大寺法花會始行記 明暦元年實宣写   一冊(ヤ/2/293)
 一、天文九 法花會日記                一冊(ヤ/2/294)
 一、天文年中 東大寺法花會執行記 明暦元年實宣写   一冊(ヤ/2/295)
 一、法花會私日記 弘治・慶長             一冊(ヤ/2/296)
 一、法花會日記 天正五                一冊(ヤ/2/297)
 一、(興福寺)衆中集會引付 天正六          一冊(ヤ/2/305)
 一、因明入正理論疏 上(寛正元) 中(永仁五) 下(正中二)
                            三巻(ヤ/3/1)
 一、大方廣佛華嚴經 巻五十六             一巻(ヤ/3/2)
 一、無量義經                     一巻(ヤ/3/3)
 一、辨才天講式 應仁二・十・—            一巻(ヤ/3/4)
 一、帝範序 弘安五・四・七              一巻(ヤ/4/1)
 一、恒例臨時受戒會舊記 應安二年戒壇毎年受戒會記ノ写 一冊(西庄氏持参第一括) 一、太政官牒写 大同二・五・廿二      一通(薬師院文庫未整理分第一括)
 一、東大寺八幡宮神人等起請文写 應永廿一・七・廿九 一通(同)
 一、最澄度縁写 延暦二・正・廿           一通(同)
 一、太政官牒写 大同二・六・二           一通(同第五括)
 一、東大寺衆徒申状案 文保二・正・—        一通(同第八括)
 一、東大寺傳燈大法師等解写 嘉承元・四・—     一通(同)
 一、法隆寺權少僧都寄進永宣旨写 延文五・正・廿七  一通(同第十括)
 一、口宣案写 正平十六・二・十二          一通(同)
 一、法隆寺權律師寄進永宣旨写 延文二・九・廿五   一通(同)
 一、正倉院御開封次第 寛正六・九・廿四 ○折紙二紙 一通(同第十一括)
 一、正倉院御開封次第 永享元・九・廿二       一通(同)
 一、織田信長朱印状写 天正二・四・廿五       一通(同第十二括)
 一、織田信長朱印状写 天正四・十一・十九      一通(同)
 一、酒人内親王施入帳写 弘仁九・三・廿七      一通(同第十六括)
 一、印信写 天正十七・九・十三           一通(同)
 一、二月堂修中記録 自享徳三至明應九        一冊(141B/11)
 一、二月堂練行衆方日記 自明應十至永正十三     一冊(141B/2/1)
 一、二月堂練行衆日記 自永正十四至永祿五      一冊(141B/3/1)
 一、二月堂練行衆日記 自永祿六至元和四       一冊(141B/4/1)

                                  (永村眞)


『東京大学史料編纂所報』第15号p.157