東京大学史料編纂所

HOME > 編纂・研究・公開 > 所報 > 『東京大学史料編纂所報』第15号(1980年)

正倉院文書調査

 継続事業の昭和五十四年度の正倉院文書調査は、十一月五日より十日まで六日間、例年の如く奈良市正倉院事務所に出張し、その修理室に於て原本調査を行なった。以下、調査の一端を報告する。
○写一切経所宝亀三年食口案帳の接続と月の大小
 正倉院文書を扱う場合に、その基本が断簡相互の接続関係の検討に在ることは、いうまでもない。今回は宝亀年間の写一切経所食口帳の一つについて、現在までに知り得た接続の状況を報告する。
 写一切経所食口帳は、当時行われた一切経書写の事業に従事した経師・校生以下、仕丁に至る数十人に対する支給米(時により異るが、経師・装〓・校生は一升二合〜一升六合〜二升、仕丁等は一升二合)の毎日の総量と内別けを記した長大な帳簿で、記帳者は一貫して案主上馬養であったと見られる。この食口帳は宝亀年間のもの五グループが現存するが、その中の一つ、宝亀三年二月〜十二月の食口帳を採り上げてみる。
 この食口帳は宝亀三年二月一日に始まり、同年十二月三十日に至るもので、その首部は続々修三十九ノ四に存し(巻首往来軸に「宝亀三年二月」「食口案」とある)、以下、正集・続修・続修別集・続修後集・続々修・東南院文書などの十六巻の中に、大小三十九箇の断簡に分れて散在し、そのほか佐佐木信綱旧藏の四箇の小断簡(「天平餘光」所収)が天理図書館に収藏されている。
 この食口帳は、日付が連続していること、一日の記事が途中で切れていても、記載された人員や米の数量を計算して接続を推定し得ること、などの利点があって、その接続関係の整理は比較的容易であり、現在、四箇所、合計九日分の空白を除いては、二月から十二月末までを並べることが可能と思われる。但し、常に起る問題であるが、断簡の中には、接続を確認する上で最も重要な両端の部分が断簡相互をつないである白紙の下に隠れているものが多い。その部分は写真には現れないから、接続を確認するには各断簡の両端部をすかして、その状態を観察することが必要である。
 次に各断簡の配列順序を掲げる。
  写一切経所宝亀三年食口案帳   

 1  続々修三十九ノ四   (十九151〜158) 宝亀三年二月一日〜廿一日
 2  続修別集七裏     (十九158〜159) 廿二日〜廿四日
 3  続修別集九裏     (十九159〜161) 廿五日〜卅日
 4  続修四十四裏     (十九161〜163) 三月一日〜四日
 5  続修別集七裏     (十九163〜165) 五日〜十日
 6  続修四十四裏     (十九165〜166) 十一日〜十三日
 7  続々修三十九ノ四   (十九166〜171) 十四日〜廿八日
 8  正集七裏       (六366〜367)  廿九日〜四月一日
 9  東南院文書七帙四   (十九171〜172) 二日〜四日
 10 続修別集四十七裏   (十九172〜173) 五日〜六日
 11 続々修三十九ノ四   (十九173〜175) 七日〜十三日
 12 続修二十裏      (十九175〜178) 十四日〜廿一日
 13 続修十九裏      (十九178〜179) 廿二日〜廿六日
 14 続修二十裏      (十九180〜181) 廿七日〜五月二日
 15 続々修三十九ノ四   (十九181)     三日
 16 続々修三十九ノ四   (十九181〜188) 五日〜廿五日
 17 続修二十八裏     (十九188〜192) 廿六日〜六月六日
 18 続々修三十九ノ四   (十九192〜195) 七日〜十四日
 19 天理図書館所藏断簡  (十九243)     十五日
 20 同右         (十九243)     十六日
      ○十七日・十八日欠
 21 続修別集四十七裏   (十九195〜196) 十九日〜廿日
 22 続修後集二十二    (六332〜335)廿一日〜七月一日
      ○二日・三日欠
 23 天理図書館所藏断簡  (廿78)       四日
      ○五日〜八日欠
 24 天理図書館所藏断簡  (廿78〜79)    九日〜十日
 25 続修別集四十一裏   (六335〜342)  十一日〜八月二日
 26 続々修三十九ノ四   (十九196〜198) 三日〜九日
 27 続修後集二十裏    (十九198〜199) 十日〜十三日
 28 続修後集二十裏    (十九199〜200) 十四日〜十五日
 29 続修後集二十裏    (十九200〜201) 十六日〜十九日
 30 続修二十一裏     (十九201〜203) 廿日〜廿三日
      ○廿四日〜廿六日欠
 31 続修二十一裏     (十九203〜204) 廿七日〜廿九日
 32 続修二十一裏     (十九204〜205) 卅日〜九月一日
 33 続修二十一裏     (十九205〜206) 二日〜三日
 34 続修後集二十裏    (六342〜343)  四日〜六日
 35 続修後集二十裏    (六343〜344)  七日〜十一日
 36 続々修三十九ノ四   (十九206〜216) 十二日〜十月十五日
 37 続修二十裏      (十九216〜217) 十六日〜十八日
 38 続々修三十九ノ四   (十九217〜228) 十九日〜十一月廿日
 39 続修四十九裏     (十九228〜231) 廿一日〜廿六日
 40 続々修三十九ノ四   (十九231〜234) 廿七日〜十二月五日
 41 続修二十裏      (十九234〜235) 六日〜八日
 42 続々修三十九ノ四   (十九235〜242) 卅日(一行)
 43 続々修二十四ノ七裏  (廿一233)     (日付欠ノ三行)
 

以上の中で、接続の一例として7・8・9番の部分を採り上げて見る。
 まず、8と9とでは、日付が連続し、内容・外形とも接続を想定しても不自然な点はない。さらに、穂井田忠友の写に基くと思われる伴信友旧蔵の「東大寺古文書」(愛知県西尾市立図書館所藏)巻八には、8・9の食口帳二断簡が、紙継目を含めて連続した形で縮写されている。食口帳のこの部分の裏は、9の裏が神護景雲四年八月二日の大湯坐部浄山貢進解(六82)、8の裏が同年六月二十五日の賀茂部秋麻呂貢進解(六49)であるが、これも信友本「東大寺古文書」巻九に、その順序で連続した形で写されている。すなわち8と9とは、かつては貼り継がれた形で伝存していたのであり、それが整理に際し、8は貢進解(実忠自署)の見本として分離して正集巻七の末尾に収められたことが明かである。
 また9が現在東南院文書に含まれているのは、この東南院文書第七帙四の巻は元来は明治年間の整理に当って、続修後集巻三十一として編成されたのであったが、後年、続修後集の中の十巻が東南院文書に移された時に、その中に入った一巻だからである。こうして8と9との接続は確定する。
 次に7と8との接続である。これも日付の連続や外形からして接続すると見て不自然ではないが、それだけでは積極的に接続を確認し得ない。しかし8の右端には、よく見ると七〜八字の左文字の痕跡があり、その一部分は「万九千」と読める。そして7の裏は大日本古文書では「造東大寺司解案」(廿一121)と題している紙や軸の注文の断簡であるが、その最初の行の「一十一万九千廿七帳」の字形は正に8の右端の左文字の痕跡と合致する。すなわち、7と8とはもと貼り継がれていたのであって、それが正集七の編成に際して継目をはがされ、その時に文字の一部が8の右端に左文字の姿で残ったのである。
 こうして7と8との接続も確実となる。但し、そのきめ手となった8の右端の左文字は、現在は例の白紙の下に完全に隠れているから、鮮明な写真を撮影しても画面に現れては来ず、紙をすかして見なければ発見出来ない。
 以上で7・8・9の食口帳としての接続が確認されるが、このようにして多数の断簡の接続を推定して行くと、8は宝亀三年の食口帳の三月二十九日・三十日・四月一日の部分であるという結果になる。
 するとここに一つ問題が起る。それはこの食口帳で見る限り宝亀三年三月は大の月であるが、三正綜覽はもとより、現在最も信頼し得る内田正男「日本暦日原典」では、この月を小としていることである。食口帳の強味は日付が一日の落ちもなく続いている筈という点にあり、断簡の接続に誤りがなければ、食口帳の暦日を信頼するほかはなかろう。同様に同年八・九月は食口帳に従えば、八月大、九月小となる。
 また、例えば宝亀四年の食口帳の首部は、続々修四十ノ一に収める宝亀四年正月一日から六月十二日に至る長大な一連の断簡(廿一125〜182)であって、その間に接続の問題は存しないが、その食口帳では三月大・四月小であるが「日本暦日原典」は三月小、四月大になっている。但しこの場合、「日本暦日原典」にも四月は進朔の可能性大と断わってあり、朔の時刻が夜にかかると、日付を一日ずらすという、進朔と称する人為的操作を考えることによって解決する。
 この類の月の大小の相違は、他の年々の食口帳でも必ず発見されるが、当時は大衍暦の施行期であって、暦日についてはなお検討を要するであろう。内田氏は大衍暦に於て、小余二八〇〇以上は進朔の可能性大とされたが、これら食口帳での月の大小を見ると、宝亀年間では小余二五〇〇乃至二六〇〇以上で進朔の可能性が大きいと思われることを附言しておく。
○東大寺開田図の調査(続)
 東大寺開田図中東南院文書に入っている「阿波国名方郡新島庄絵図并同郡大豆処絵図」(第三櫃第二十五巻)・「摂津国島上郡水無瀬庄絵図」(第三櫃第三十三巻)の調査を前年度に引続いて行なった(採訪調査報告19「正倉院文書調査」『東京大学史料編纂所報』一四、昭和五十五年三月)。前者についてはその後気付いた点を補遺として記し、後者については前掲〔図4水無瀬庄絵図〕に基づいて調査の結果を記すこととする。
〔阿波国名方郡新島庄絵図并同郡大豆処絵図〕
A 新島庄絵図
1 名称本絵図が枚方地区のものであろうことは既に述べたが、その際に「阿波国新嶋庄絵図天平宝字二年名方郡」と記された題簽について、元来は新島庄絵図にかかわるものであったが、のちに誤って枚方地区の絵図(「新島庄絵図」)に貼付されたと考えた(前稿、一〇七頁)。しかし、これについては再考が必要である。仁平年間の文書整理の記録である仁平三年四月二十九日東大寺諸荘園文書目録には〔阿波国名方郡新島庄絵図并同郡大豆処絵図〕を
  一帖 天平宝字二年紙絵図
と記している。新島庄中の新島地区は、天平勝宝八歳十一月五日東大寺牒によると「天平勝宝元年所占野」の地について国判を得たものであるから、その開田図は天平勝宝元年又は同八歳に作成された筈であり(天平勝宝七歳に国図が作られた)、班田年との関係から考えても天平宝字二年の図は存在しなかったであろう。したがって題簽の新島庄絵図とは枚方地区のこの絵図(「新島庄絵図」)のことを示しているのである。仁平の文書整理の時以前からこの題簽は存在していたと考えられる。新島庄が退転してしまった時期(十一世紀か)以降に、枚方地区の開田図を新島庄絵図と誤認してかかる題簽を作成したのであろう。なお、題簽は本紙と異筆であることは言うまでもないが、また仁平の文書整理の時の新島庄券に加えられた外題とも異筆である。
B 大豆処絵図
1 釈文・寸法 図2の左端の天からDまでの長さは、一八・九が正しい。
3 文字の異同
 1表題の「圖」を「〓」に改める。
 2BC・efの坪とBC・fgの坪に、それぞれ「畠一町」の三字と「畠」(下に文字続くか)の一字の擦消痕があるとしたが(一〇九頁)、これについては川の描写との関連で再検討しなければならない。このことについては次年度の報告において記す。
4 作図の手順
 2道の側線条里の横線(南北線)は押界の上に墨線で引かれているが、A線のみは、押界の上方に引かれている。すなわち押界をはさんで道の両側線が引かれ、西側線はA線の上(c—j間)に引かれているのである。
 34に関しては、川の描写と擦消痕との関係から再検討しなければならない。
 5道・川の着色
 イ、BC・bc坪、天A・bc坪、AB・fg坪、天A・gh坪、AB・ij坪の「道」字の部分はそれぞれ薄褐色の道の彩色が施されていない。
 ロ、AB・cd坪の「道俣」字と、DE・hi坪の「道」字は道の彩色の上から書かれている。したがって、この二箇所は道の着色ののちに書かれていることになるがもちろん他と同筆である。
〔摂津国水無瀬庄絵図〕
1 釈文・寸法
 図4参照。但し図は第一紙のみ。
 1標紙縦二八・六糎、横一八・五糎。書き外題「水無瀬絵図」。外題は仁平の文書整理の時のものではなかろう。標紙には八双、紐がある。右端(見返しの左端)に第一紙が接続する。標紙と見返しは貼り合せてあり、見返しの方の左端は標紙の右端より少し短い。楮紙。紙質は他の三紙と異なる。
 2第一紙(絵図)。左辺二八・七糎。裏打があるが、これは第一・二・三紙共通のものである。天の右端より約八糎には幅約二粍の折目状の痕跡がある。右辺には継目痕が見えないが、後述の如く別の一図が前に貼り継がれていたと考えられるから、切り揃えて調整してあるのだろう。条里方格線の上下線端は、上端は全て天に達しているに、下端は9本のうち4本が地に達していない。このことは、天は切り揃えの調整が施されていることを示しているのではなかろうか。紙質は楮紙である(『正倉院の書蹟』参照)。
 3第二紙(国判)。右辺二八・七糎、左辺二八・八糎。天地とも二四糎(但し第一紙との幅三粍の糊代を入れる。国判のあと左辺まで約一五・五糎は空白。第一紙と紙質異なるがやはり楮紙であろう。第一紙との接続については、貼りなおしの際の切り縮めが見られる。すなわち、第一紙と第二紙にかかる摂津国印二顆を見ると、一見して天地の郭線に継目において不連続が感じられる。実際に、縦が五・九〜六・〇糎あるのに横は五・五糎しかなく、四〜五粍短くなってしまっている(他の完全な国印印影は縦横同寸)。現在の継目には継目はがし痕はなく、また現在の継目の下、第二紙の糊代で隠れている部分には何の墨痕も印影もないから、この部分は古い継目の糊代そのままであることが知られる。したがって右の切り縮めは第一紙左辺に対して行なわれたと考えてよい。
 4第三紙(造東大寺司文書断簡)。縦二八・八糎、横二七・五糎(但し、左端には丸木軸が付されているから軸への取りつきのところまで)。紙質は楮紙であるが、前三紙とは異なる。第三紙と第二紙には、天から三〜四糎のところに連続して点在する虫損があるが、それらの間隔を計ると、虫損が生じてから後に、両紙は約一糎切り縮めて継ぎ直されたことが知られるが、どちらが切り縮められたのかは不明である。この虫損は第一紙の左半一〇糎にまで達している。
 5したがって、これら三紙については、
 一、第一紙・第二紙の貼り直し。この時、第一紙左辺が四〜五耗切り縮められた。
 二、第三紙が貼り継がれた。連続する虫損が生じた。
 三、第二紙と第三紙の貼り直し。この時、継目が約一糎切り縮められた。
 四、第一・二・三紙に共通する裏打ちが施された。
の順序が考えられるが、標紙取付けの時期との関係は不明である。
2 文字の異同
 1図4に示した如く、CD・bc坪の「荒」字が別筆の追筆である。
 2AB・ab坪の「田」字は半分虫損にあっているが、「里」ではなかろう。
 3BC・ab坪の「口分田」三字中の「分」字にも虫損がかかっているが「分」でよい。
 以上のように『大日本古文書』東大寺文書之二(東南院文書之二)の釈文は正しい。
3 彩色
 『正倉院の書蹟』に原色図版がある。畠地は薄黄色(黄土か)、山丘・川は墨の描線の上から薄緑色(薄い白縁か)が塗られている。
3 作成の手順
 1絵図の作成者は不明。
 2服部昌之氏は『島本町史』において、「方格線は地類界をも含めた地物を記入したあと、異筆の細線で描かれている」(一九一頁)と判断してこの地区への条里制施行時期を論じるが、条里線が地物記入より後に引かれたとの明証は見出せない。界線には若干の引直しが見られるが(A・c)、これは後次のものではない。
 3作成の手順は次の如くであろう。
  一、条里方格線
  二、地物描写・彩色
  三、文字記入
4 国判に「上件二所勘」とあるのは、猪名庄と水無瀬庄のことではなく、天暦四年(九五〇)十一月二十日東大寺封戸荘園并寺用帳に「嶋上郡山埼水成庄田」とある「山埼」と「水成」(水無瀬)の二所のことであろう。したがって、水無瀬庄絵図の前に「山埼」の絵図が貼り継がれていた筈である。ところが、この「山埼」の絵図は「山埼」の地が退転したことと関連してか、平安期には剥離しており、大治五年(一一三〇)三月十三日東大寺諸荘文書并絵図等目録には、
  水成瀬庄
  絵図一巻二枚  天平勝宝八歳十二月十六日
とあり、安元元年(一一七五)八月七日東大寺荘園文書目録にも「水成湍庄文書」として「一巻二枚天平勝宝八歳絵図正文」とあって、水無瀬庄絵図のみが残っていたことが知られる。ところが、この二枚とは第一紙と第二紙の二枚のことか、第一・二紙と第三紙の二枚のことかが不明であって、第三紙が貼り継がれた時期を確定することはできない。なお、この文書の案文が寛治二年に作られたことは同目録により知られる。
 本紙図の条里線について、服部氏は「条里地割の計画線」であり荘域の条里は八世紀後半に成立したとする。しかし、米倉二郎・服部両氏のそれぞれの条里復原には若干の問題がある。第一に、本絵図の方格線が方一町の条里線であると考えてよいかどうかということがある。DE列の坪は南北の六坪分に水田が記されているが、現地形では山地(丘陵)のある坪も含めて平地は四坪分しかない。また第二に後の坪付による水田のある29・34坪が南方の字百山の丘陵に位置してしまうことになる。現地形にあてはめた島本条里に絵図中の水無瀬川の位置は合うが、西半分の水田地帯が合わないのである。このことは、島本条里二条一里の復原の問題と共に、本絵図が占定図であるという性格、東大寺への勅施入以前に施行されていた先行地割の存否の問題と関連してくる。
 以上三絵図については、更に昭和五十五年度に調査を続行する。
                  (土田直鎭・皆川完一・岡田隆夫・石上英一)


『東京大学史料編纂所報』第15号p.158