東京大学史料編纂所

HOME > 編纂・研究・公開 > 所報 > 『東京大学史料編纂所報』第15号(1980年)

福岡・長崎市におけるキリシタン並びに貿易関係史料の調査

 一九七九年十一月五日より十一月十三日まで九日間、福岡市と長崎市において、キリシタン並びに貿易関係史料の調査・撮影を行った。今年度の福岡・長崎両市への出張は、これ迄、一九七七年、七八年の両度に調査した九州大学文学部九州文化史研究施設・長崎県立長崎図書館および純心女子短期大学図書館所蔵の文書・書冊の撮影と前記三機関に於ける未調査史料の調査である。
 九州大学文学部九州文化史研究施設では、長沼・古賀・元山・松木の四文庫の所蔵史料三十七点を各文庫毎に撮影し、さらに今回調査した四文庫の史料十七点を追加撮影した。その内訳は、長沼文庫十点、古賀文庫三点、元山文庫十四点、松木文庫二十七点である。この他に、「九州文化史研究所所蔵古文書目録三」所載の近世九州諸藩(福岡・久留米・柳河・中津・佐賀など)に関する各家所蔵文書の謄写本について若干調査を行い、また、長沼・元山文庫の史料のうち、海事・海運関係の史料と近世の国内の遠隔地商業に関連する史料について予備的な調査を行った。
 長崎県立長崎図書館では、渡辺文庫六点、古賀文庫三点、小曽根・青方両文庫各二点、藤文庫一点、その他十七点の合計三十一点を撮影した。
 純心女子短期大学図書館では、昨年度調査分の薬師寺家由�書並に起請文二十三点、他に書冊三点を撮影した。尚、切支丹類族帳十六点(貞享〜安永年間)を調査したが、マイクロフィルム不足のため、これらの撮影は次回に持越した。この他、同図書館所蔵の文献史料のうち、パリ外国宣教会 Mission Étrangère de Paris 関係の史料に就いて若干調査した。
 ここ三年間の調査・蒐集活動の結果、長崎県立長崎図書館における調査・蒐集活動は今年度を以てほぼ終了をみたが、長崎貿易に係る相当量の帳簿史料を有する永見文書の処理などが、なお、今後の課題として残されよう。九州文化史研究所については、調査すべき史料の大部分については調査・撮影を行ったが、森文庫・乙島守家文書・秋月黒田家文書等については来年度に調査・撮影等を行う予定である。また、近世の外国貿易が国内市場と如何なる関連を有するか、という問題関心から、海運・遠隔地商業・初期豪商・問屋商人等に関する史料の調査も必要であり、かかる観点から、今回の調査に於いても、長沼文書等の調査を行ったが、今後、海外史料室の調査と採訪計画にこの面の調査を加味してゆきたい。尚、今回撮影未了となった切支丹類族帳十六点は、来年度に撮影の予定であるが、更に、長崎市立博物館所蔵文書についても今後、調査・採訪を実現したいと考える。

    五十四年度撮影文書目録
一、九州大学文学部九州文化史研究施設所蔵文書
  宗門改帳 写     (長沼66)                  一冊
  正保四、黒船之事   (長沼197)                 一冊
  中川家島原出役之物頭よりの書状 (長沼282)           写一冊
  長崎雑令式      (長沼285)                 五冊
  南嶋変乱記      (長沼295)                 四冊
  肥後石濱伊倉村書類 (長沼327)                  一冊
  深堀文書       (長沼347) 写               三冊
  耶蘇宗濫觴記     (長沼388) 写               一冊
  三光譜録考勘巻之四 (長沼637)                  一冊
  豊後大分郡古切支丹類族調一件覚(古賀文庫)              一冊
  〔キリシタン宗門詮索に関する御奉書〕(元山158/1)五島孫次郎宛  一通
  〔キリシタン宗門詮索勵行に関する御奉書〕(元山158/2)五島孫次郎宛 一通  
  〔筑前国大島漂着伴天連及びキリシタン宗門詮索に関する御奉書〕(元山158/3)五島孫次郎宛                                  一通
  穢多宗門御改帳(元山156/4)                   一冊
  肥前国南高来郡多比良村細見図(元山43)               一点
  曽我又左衛門書状 寛永十四年十一月二十九日(元山171/19)    一通
  蘭船舶来諸色書出(元山172/5)                  一冊
  長崎記(元山172/39)                      三冊
  御奉書之写(元山172/57)                    一巻
  長崎宿老小役勤方書(元山172/135)               一冊
  御奉書綴(元山206/142)                    一綴
  島原御領村々大概様子書抜(元山206/539)            一冊
  龍造寺嶋津中務合戦之次第他(元山248)               一冊
  〔高木清右衛門〕由�書(松木文庫43)                一冊
  長崎町年寄発端并先祖代々相勤候由�書扣(松木55)          一冊
  糸割符略由�書(松木57)                      一冊
  〔村田四郎治〕由�并親類書(松木59)                一冊
  平戸町人数御改之帳(松木71)                    一冊
  長崎糸宿老御役儀之覚(松木151)                  一冊
  糸割符年寄略覚書(松木163)                    一冊
  長崎宿老勤方并略由�覚書(松木152)                一冊
  唐阿蘭陀船元拂銀并諸拂方大意訳書付(松木227)           一冊
  〔石本荘五郎〕由�并親類書(松木231)               一冊
  乙名勤方之事(松木578)                      一冊
  崎奥雑記(松木733)                        一冊
二、長崎県立長崎図書館所蔵文書
  宗旨方御触写(渡辺316/11/26)                一冊
  宗門寺社方覚書(渡辺316/11/41)               一冊
  宗旨改帳(渡辺316/11/67)                  一冊
  島原以後御物頭組々頭付(渡辺316/13/79)           一冊
  長崎町年寄発端并先祖代々相勤候由�書控(渡辺316/13/81)   一冊
  島原記(渡辺316/13/135)                  一冊
  踏絵帳(古賀316/11/25)                   一冊
  長崎年暦(古賀316/13/235)                 一冊
  長崎旧記(古賀316/13/302)                 一冊
  長崎旧記(小曽根316/13/7)                  二冊
  長崎聞書(小曽根316/13/8)                  一冊
  乙名加役勤方書(藤316/14/139)               一冊
  切支丹実録(316/11/3)                    一冊
  切支丹改心誓詞(316/11/6)                  一冊
  〔キリシタン制札〕(316/11/173)              一紙
  切支丹宗門記(316/11/220)                 一冊
  切支丹宗門南蛮寺物語(316/11/230)             一冊
  切支丹等邪宗門御改ニ付将軍御当家御代々諸宗御条目(316/11/885) 一冊
  崎陽記写(316/13/91)                    一冊
  瓊浦要鑑(316/13/139)                   二冊
  五島漂着異船記録(青方316/14/15)              二冊
  阿蘭陀渡海記録(316/13/735)                一冊
  長崎諸役人増減書(316/14/3)                 一冊
  今度有馬ニ而働首尾之趣書上申條々(青方316/14/176)     一巻
  阿蘭陀方商売荷物元拂等大意(316/17/4)            一冊
  唐方商売荷物等大意(316/17/5)                一冊
  唐和蘭陀船元拂銀并諸拂方大意書付(316/17/6)         一冊
  正徳新例並長崎奉行制定書(316/14/7)謄写本          一冊
三、純心女子短期大学図書館キリシタン文庫所蔵文書
  長崎乙名薬師寺家由�並に起請文                   二五点
  長崎聞役覚書                             一冊
  華蛮要言                               六冊
  島原天草党民之概数                          二冊

                     (加藤榮一・五野井隆史)


『東京大学史料編纂所報』第15号p.171