東京大学史料編纂所

HOME > 編纂・研究・公開 > 所報 > 『東京大学史料編纂所報』第15号(1980年)

広島大学文学部所蔵史料の調査

 広島大学文学部所蔵の史料については、既に昭和二十九年・四十一年の二度にわたり採訪が行われ、特に四十一年の採訪では、同大の購入された猪熊信男氏旧蔵文書の全点の撮影が行われ、分類・架蔵に至っている。今回は昭和五十四年九月三十日より十月六日の間、前回の調査・撮影に洩れた近世公家・諸侯書状等に加えて、猪熊信男氏旧蔵文書に含まれる大乗院記録の紙背文書について、その調査撮影を実施した。
一 大乗院記録紙背文書
 猪熊信男氏旧蔵の大乗院記録は、昭和四十一年の採訪で、表のみの撮影は終了し、現架蔵されている(6115—13—1〜8)。大乗院記録全四十二点については、紙背文書を有するもの二十六点を数え、しかも内十七点が大乗院尋尊筆にかかり、その紙背文書は彼が大乗院々主、興福寺別当として活躍した時期のものとして、大乗院寺社雑事記を補う史料と言えよう。特に文書が相対的に少ない興福寺史料群にとって紙背文書は新たな素材を提供するものである。
 本史料群に含まれる紙背文書は、当然ながら無年号文書が多く、成立の上・下限は概ね明らかとはなるものの、その個々について更なる検討を要するため、本報告では法量と注目すべき点若干の提示に止める。
一、自寶徳三年 至明應四年 大乗院到来引付 尋尊筆      一冊(大乗院1)
   全百六十四紙中紙背百十五紙(竪紙四十二通、本礼紙十四通、折紙三十八通、竪折紙二通、懸紙十四紙、草二紙)
   右の内年号の明確なるは、    

    長禄二・九・廿 室町幕府奉行人連署奉書案             一通
    長禄二・九・廿    同                     一通
    長禄三・三—某起請文土代                     一通
   の三通である。
一、一切満足帳文明六 尋尊筆                 一冊(大乗院2)
   全十四紙中紙背十一紙(竪紙三通、本礼紙一通、折紙三通、懸紙三紙)
一、永享十年 大乗院領諸荘御米支配注文文明八 尋尊筆     一冊(大乗院3)
   全九紙中紙背七紙(竪紙二通、本礼紙二通、懸紙二紙)
一、大乗院領諸荘田畠所當目録 尋尊筆             一冊(大乗院4)
   全十七紙中紙背十四紙(竪紙三通、本礼紙二通、折紙五紙、懸紙五紙、草二紙)
一、自明應元年 至同 九年 出雨・横田荘公方米注文 尋尊筆  一冊(大乗院5)
   全七紙中紙背七紙(竪紙四通、折紙一通、本礼紙一通)
   薬師寺別當領豊浦荘をめぐる、大乗院と北戒壇院の相論にかかわる文書あり。
一、出雲荘油免納帳成貢引付明應七 尋尊筆           一冊(大乗院6)
   全十紙中紙背九紙(竪紙二通、本礼紙一通、折紙四通、懸紙一紙)
一、自寶徳四年 至康正二年 長屋荘人夫役日記         一冊(大乗院7)
   全十七紙中紙背十七紙(竪紙十三通、本礼紙一通)
一、奈良田井新免算田野取帳文明九               一冊(大乗院8)
   全十一紙中紙背二紙(竪紙二通)
一、楊本庄御帳                        一冊(大乗院9)
   全四十九紙中紙背四十四紙(竪紙十五通、本礼紙六通、折紙九通、竪折紙一通、懸紙八紙、草一紙)
   本冊既に裏打を施す、
一、順堯法師給分公納帳長祿四尋尊筆             一冊(大乗院10)
   全九紙中紙背九紙(竪紙七通、草一紙、懸紙一紙)
一、長谷寺別當得分引付 尋尊筆               一冊(大乗院11)
   全二十六紙中紙背十六紙(竪紙五通、本礼紙二通、折紙五通、懸紙三紙)文明十
五・九・— 法花會竪義請定案                       一通
—・九・四  蔵別所某書状(「安位寺殿様御他界」)            一通
一、佛地院領田畠所當目録延徳元 尋尊筆           一冊(大乗院12)
   全八紙中紙背八紙(竪紙五通、折紙三通)
一、佛地院雑舎材木注文 尋尊筆               一冊(大乗院13)
   全七紙中紙背六紙(竪紙二通、本礼紙四通)
一、天文以来所々納帳         全百三十二紙紙背ナシ 一冊(大乗院14)
一、大乗院家御知行分帳         全六十三紙紙背ナシ 一冊(大乗院15)
一、大乗院家御知行分帳         全六十三紙紙背ナシ 一冊(大乗院16)
一、文祿五年 大乗院藏入帳         全九紙紙背ナシ 一冊(大乗院17)
一、慶長二年 美濃荘米 大乗院藏入帳   全十五紙紙背ナシ 一冊(大乗院18)
一、慶長二年 大乗院藏入帳        全十七紙紙背ナシ 一冊(大乗院19)
一、慶長二年 大乗院御藏渡米帳      全十一紙紙背ナシ 一冊(大乗院20)
一、慶長二年 美濃荘米 大乗院藏入帳   全三十紙紙背ナシ 一冊(大乗院21)
一、自永祿四年 至同十二年 河口荘諸郷出錢注文
                    全七十一紙紙背ナシ 一冊(大乗院22)
一、永祿十一年 河口荘年貢錢下行算用帳   全九紙紙背ナシ 一冊(大乗院23)
一、公方御下向作事諸下行帳寛正六 尋尊筆          一冊(大乗院24)
   全二十七紙中紙背二十二紙(竪紙八通、本礼紙二通、折紙二通、懸紙七紙)
一、公方御成方奈良巡人夫引付寛正六 尋尊筆         一冊(大乗院25)
   全九紙中紙背六紙(竪紙二通、折紙二通、懸紙二紙)
一、自寶徳四年 至享徳三年 新造方諸下行引付        一冊(大乗院26)
   全三十紙中紙背二十八紙(竪紙十二通、本礼紙六通、折紙三通、懸紙二紙、草二紙)
    —五・三 尋尊自筆書状 教法院宛                 一通
    享徳元・十二・廿三 某書状                    一通
一、御修理并御築地諸下行引付長祿四             一冊(大乗院27)
   全二十紙中紙背二十紙(竪紙五通、折紙十三通、竪折紙一通、懸紙一紙)
一、諸山寺御用錢下行引付          全八紙紙背ナシ 一冊(大乗院28)
一、天神講日記文明十四                   一冊(大乗院29)
   全五紙中紙背五紙(本礼二通、折紙一通)
一、北中嶋亭作事諸下行注文長享三 尋尊筆          一冊(大乗院30)
   全十九紙中紙背十七紙(竪紙四通、本礼紙二通、折紙三通、懸紙五紙)
    長享二年維摩會(應永十八年分)職衆・聴衆の交名等を記した記録三帖あり、
一、若宮祭田楽頭酒肴所役支配注文長祿四 尋尊筆       一冊(大乗院31)
   全七紙中紙背六紙(草六紙)
一、大會布施物請日記并諸日記        全七紙紙背ナシ 一冊(大乗院32)
一、應以永来 大供目代次第寛正五 尋尊筆          一冊(大乗院33)
   全五紙中紙背三紙(本礼紙一通、懸紙一紙、草一紙)
一、康正元年〓州會出仕次第 文明八年撲揚講出仕次第 尋尊筆 一冊(大乗院34)
   全十二紙中紙背十二紙(竪紙四通、本礼紙二通、折紙四通、懸紙一紙)
一、毎日講衆并新供衆補任次第附一切經衆 長享三 尋尊筆    一冊(大乗院35)
   全十六紙中紙背十六紙(竪紙三通、本礼紙三通、折紙七通、記録断簡二紙)
一、方廣會役錢下行帳嘉吉三                 一冊(大乗院36)
   全六紙中紙背四紙(折紙二通、草一紙)
   本冊は横帖、折紙は横二断して紙背を利用、
一、仁二應年 方廣會竪義條々       全十七紙紙背ナシ 一冊(大乗院37)
一、應仁二年 方廣會御加行方條々     全五紙紙背ナシ  一冊(大乗院38)
一、御兵士引付                       一冊(大乗院39)

   全六十九紙内紙背五十九紙(竪紙十五通、本礼紙十通、折紙二十八通、竪折紙二通、懸紙二紙、草二紙)
   本冊は康正二年より文明十一年に至る六冊の引付を合綴したものである。寛正元年分の紙背に八月十三日付兼雅書状、文明八年分紙背に四月三日付永久寺智恵光院勧進所書状等が見出される。    

一、大乗院領諸郷人夫注文                  一冊(大乗院40)
   全二十五紙中紙背二十一紙(竪紙五通、本礼紙四通、折紙六通、竪折紙二通、懸紙一紙、草二紙)
    康正三・三・十八 興福寺別當尋尊御教書 尋尊袖判       一通
一、関東御参向御列帳          全七十一紙紙背ナシ 一冊(大乗院41)
一、御直衣始御行粧           全二十七紙紙背ナシ 一冊(大乗院42)

 以上全四十二点中二十六点に見出される紙背文書を概観すると、形態上は受領した文書に手を加える事無く紙背を翻し、二紙以上にわたる場合や懸紙の付く場合は、大体連続して利用しており、原形への復元も容易である。又内容的には多岐にわたるが、大乗院門跡に差し出されたものは極めて稀で、ほとんどが奉行所もしくは多聞院・福智院・成就院等の坊官に宛てられたものである。それ故内容も公家・武家と大乗院との間に取り交わされた文書よりも、寺内で授受された文書が量的に庄倒的に多く、そのために直ちに紙背が利用されたものであろう。尚、紙背に尋尊自筆文書が残されており、屡々記録に見られる彼の運筆とは趣を異にするものとして興味をひかれる。
 以上の外に、絵図十四点の再撮影も併せて行なった。  

二 近世公家・諸侯書状等(史料名は所蔵者登録書名による)
一、長利長門宛文書等 百四十八通の一 一包三十通
                      (分類番号、以下同、四五一九の一)
一、長利長門宛文書等 百四十八通の二        一包三十通(四五一九の二)
一、長利長門宛文書等 百四十八通の三        一包三十通(四五一九の三)
一、長利長門宛文書等 百四十八通の四        一包三十通(四五一九の四)
一、長利長門宛文書等 百四十八通の五       一包二十八通(四五一九の五)
一、江戸幕府老中書状 四十四通            一包四十四通(四一〇五)
一、江戸時代公卿書状 二十二通            一包二十二通(四一〇六)
一、下間少進法印奉書                   一包一通(五〇五七)
一、元和元年 寛延四年 松浦家黒印状 二通        一包二通(四八三七)
一、寛永五年御給申文                   一包一通(五〇三七)
一、秀經折紙 一枚                    一包一通(四一二五)
一、慶長十二年二月屋敷賣券・元和二年七月小判借用證文
                        一包二通(四六五五・四六五六)
一、江戸時代古文書 三十八通             一包四十三通(四六一七)
一、中御門宣胤消息宣下 一通               一包一通(五〇〇三)
一、御直判皆済御證揃 六枚一巻・慶長年中御算用証揃一巻
                         一包二巻 十二通(四六五三)
一、加茂郡風早村絵図                   一包一鋪(四二〇三)
一、尾道富之図・廣嶋砂持加勢給金・本川川浚砂持加勢・嚴島役者口上・大名廣嶋入込
本陣附      一包五通(四〇一八・四〇二七・四〇五五・四〇五六・四〇七七)
一、關所手形                      一包十六通(三八六九)
一、家禄奉還仕商業目途上申書               一包三通(三八七四)
一、石見國 大森役所 駄賃人足定書 一通         一包一通(四一三一)
一、組合申合之事                     一包一通(四二〇五)
一、大阪船問屋一札 一通                 一包一通(四二〇四)
一、帯刀許可礼状 一通                  一包一通(四二〇七)
一、岡山藩扶持米御墨附 六通               一包六通(四七〇八)
一、切支丹類族関係文書 六通               一包六通(四七〇九)
一、備中 浅口郡 西阿知村年貢割附書 一通         一包二通(七〇七)
一、沼田郡鮎切川漁免許に付村々請書         一包一巻十七通(三七九八)
一、幕末時代借用書類                 一包九十六通(  三一)
一、廣嶋藩知事告諭 外一二通               一包二通(四二四三)
一、駅方起請文前書・店方手代共修目 一四通       一包十四通(四二八一)
一、元田永孚書状 一通                  一包二通(四三二一)
一、井上毅書状                        一通(四三二一)

              (稲垣泰彦・桑山浩然・永村眞・針生邦男・中藤靖之)


『東京大学史料編纂所報』第15号p.163