東京大学史料編纂所

HOME > 編纂・研究・公開 > 所報 > 『東京大学史料編纂所報』第14号(1979年)

正倉院文書調査

 昭和五十三年度の正倉院文書調査は、十月十六日より二十一日まで六日間、例年の如く奈良市正倉院事務所に出張し、その修理室に於て原本調査を行なった。この調査は、明治三十三年より本所のために特に許可されて継続実施されているもので、戦前は『大日本古文書』編年文書の編纂出版のためであり、戦後は同じく東南院文書(東大寺開田図を含む)の出版のためであったが、その後最近の二十年間は、正倉院文書の断簡ごとの調書作成に移り、『大日本古文書』出版当時不明であった新たな断簡接続の発見につとめている。
 周知のように、正倉院文書は幕末以来の整理の際に多くの断簡を生じ、かつて接続していて長大な帳簿であったものも断簡として四散し、現状でははなればなれに前後錯乱して成巻されているものが多く、正倉院の宝庫外に流出したものもかなりある。『大日本古文書』編纂の際は、これらの断簡を集成して復原したところもあるが、編年という編纂形式をとったため、原形を伝えられなかった点も多い。
 いま続行中の原形復原を主目的とした調査の結果、従来不明であった断簡の所属が判明し、これまでその性格が不明であった断簡が、ある文書の一部分であることが確認されることにより、新たな史料価値を生じたものがかなりある。ただ問題は、調査があまりにも細部にわたり、また特定の研究テーマを追求する調査でもないため、その成果の公表方法に苦慮することである。恐らく詳細な古文書断簡目録を作成する以外に、全体を総合する方法はあるまいというのが我々の考えであり、調査もそのような意図のもとに進められているのが現状である。
 従って、今日片々たる事実を指摘しても、かえって繁雑になるおそれがあるので、今回もこれまでの調査結果にもとづき、造石山寺所解移牒符案と東南院文書中の東大寺開田図について報告することで、その責をふさぎたいと思う。
○造石山寺所解移牒符案の復原
 造石山寺所解移牒符案は、「解移牒符案」と墨書された題籖が巻首につけられた文書案で、天平宝字六年正月十五日以降、翌七年二月十八日までの間に、造石山寺所が作成した文書の案文(控)を大体文書の作成順に貼りついだものである。『大日本古文書』(十五ノ一三七)では「造石山寺所公文案帳」と題している。
 この文書については、福山敏男氏が「奈良時代に於ける石山寺の造営」(『宝雲』五・七・十・十二冊、昭和八年二月—十年五月、後に『日本建築史の研究』に収む、昭和十八年十月)の中で整理を行ない、岸俊男氏も、「但波吉備麻呂の計帳手実をめぐって」(『史林』四八ノ六、昭和四十年十一月、後に『日本古代籍帳の研究』に収む、昭和四十八年五月)の中で考察を加え、一覧表を作って利用に便せられた。岸氏の功績は、従来『大日本古文書』に未収録であった続修九の裏にある文書の中から断簡数点を摘出してこの中に加えられたことであり、マイクロフィルムを利用することにより、整理は一段と精密さを加えることとなった。
 以下に記す我々の調査結果は、前記二氏により判明したところとかなり重複するが、文書の全体像を明確にするため、目録を作成して断簡の配列順を示すことにする(○内の数字は正倉院文書各巻内の断簡番号)。
    造石山寺所解移牒符案断簡目録  天平宝字六年     

 1続々修十八ノ三1 (十五ノ一三七—一四〇) 正月十五日—廿日
               ○両断簡同筆、特に接続のきめ手なし。
 2続修別集五6裏  (十五ノ一四〇—一四一) 正月廿三日
               ○両断簡同筆、文意通ず。
 3続修四十四12裏 (十五ノ一四一—一四二) 正月廿三日
               ○両断簡同筆、文意通ず。
 4続修四十四13裏 (十五ノ一四二—一四三) 正月廿三日
               ○両断簡同筆、特に接続のきめ手なし。
 5続修後集二十八5裏(十五ノ一四三—一四六) 正月廿四日—廿八日
               ○両断簡同筆、特に接続のきめ手なし。
 6続修別集四十八7裏(十五ノ一四六—一四七) 正月卅日—二月一日
               ○両断簡同筆、文意通ず。
 7続々修十八ノ三2 (十五ノ一四七—一五三) 二月一日—十四日
               ○両断簡同筆、特に接続のきめ手なし。
 8続修四十三12裏 (十五ノ一五三—一五四) 二月十四日—十九日
               ○両断簡同筆、特に接続のきめ手なし。
 9続修二十八4裏  (十五ノ一五四—一五六) 二月廿六日—卅日
               ○両断簡同筆、特に接続のきめ手なし。
 10天平時代文書5 (宮内庁書陵部所蔵、野村忠夫「谷森本『天平古文書』」『古代学』二ノ三、昭和
二十八年七月)               
  二月廿七日
               ○両断簡同筆、文意通ず。
11続々修十八ノ三3 (十五ノ一五六—一五七) 二月卅日
               ○両断簡、特に接続のきめ手なし。
12続修別集一6   (五ノ一一三—一一四、十五ノ一五七—一五八)
 二月廿九日—三月六日
                十五ノ一五七に続修別集一裏とあるは誤り。
                続修別集一6の表の一紙内に連書す。
               ○両断簡同筆、この間に脱落せる断簡あらん。
13続修四十八5裏  (十五ノ一五八—一五九)
               ○両断簡同筆、この間に脱落せる断簡あらん。
14続々修十八ノ三4 (十五ノ一五九—一八五) 三月六日—四月七日
               ○両断簡同筆、文意通ず。
15続修後集三十三(2)裏(十五ノ一八五—一八七) 四月七日—十日
               ○両断簡、文字の痕跡合致、接続確実。
16続々修十八ノ三5 (十五ノ一八七)     四月十日
               ○両断簡同筆、特に接続のきめ手なし。
17続修後集三十三(1)裏(十五ノ一八七—一九五) 四月七日—廿七日
               ○両断簡同筆、特に接続のきめ手なし。
18続修別集四十八9裏(十五ノ一九六—一九七) 四月廿八日—五月二日
               ○両断簡同筆、特に接続のきめ手なし。
19続々修十八ノ三6 (十五ノ一九七—二〇七) 五月一日—十六日
               ○両断簡同筆、特に接続のきめ手なし。
20正集六1(2)裏  (十五ノ二〇七—二〇九) 五月十七日、十六日
               ○両断簡同筆、特に接続のきめ手なし。
21続修十七2裏   (十五ノ二一〇—二一一) 五月廿二日
               ○両断簡、文字の痕跡合致、接続確実。
22続々修十八ノ三7 (十五ノ二一一—二一二) 五月廿三日
               ○両断簡同筆、文意通ず。
23続修四十六7裏  (十五ノ二一二—二一四) 五月廿七日—六月三日
               ○両断簡同筆、文意通ず。
24続修十七3裏  (十五ノ二一四—二一五) 六月三日・四日
               ○両断簡、文字の痕跡合致、接続確実。
25正集六1(3)裏  (十五ノ二一五—二一六) 六月廿一日
               ○両断簡、文字の痕跡合致、接続確実。
26続々修十八ノ三8(十五ノ二一六—二二〇) 六月廿一日—七月二日
               ○両断簡同筆、文意通ず。
27正集五5裏   (十五ノ二二〇—二二五) 七月七日—廿一日
               ○両断簡、特に接続のきめ手なし。
28続修三十10裏 (十五ノ二二六—二二七) (七月二十一日)
               ○両断簡同筆、文意通ず。
29続修別集八3裏 (十五ノ二二七)     (七月二十一日)
               ○両断簡同筆、文意通ず。
30続修四十九2裏 (十五ノ二二八)     七月二十一日
               ○両断簡、特に接続のきめ手なし。
31続々修十八ノ三9(十五ノ二二九)     七月廿三日 この紙背に同日の造石山院所解あり。
               ○両断簡、特に接続のきめ手なし。
32続修四十七3裏 (十五ノ二三〇—二三一) 七月廿五日
               ○両断簡同筆、文意通ず。
33続々修十八ノ三10(十五ノ二三二—二三四) 七月廿五日
               ○両断簡同筆、文意通ず。
34続修別集八1裏 (十五ノ二三四)     七月廿五日
               ○両断簡同筆、特に接続のきめ手なし。
35続修九9裏   (未収)         (七月廿五日)
               ○両断簡同筆、文意通ず。
36続々修四十七ノ四2(二十五ノ二四六)    (七月廿五日)
               ○両断簡、文字の痕跡合致、接続確実。
37続修九1裏   (未収)         (七月廿五日)
               ○両断簡同筆、文意通ず。
38続修九5裏   (未収)         (七月廿五日)
               ○両断簡同筆、文意通ず。
39続々修四十六ノ七5裏(十五ノ八五)     (七月廿五日)
               ○両断簡、文字の痕跡合致、接続確実。
40続修九6裏   (未収)        七月廿五日—八月一日
               ○両断簡、文字の痕跡合致、接続確実。
41続修九8裏   (未収)        八月廿八日
               ○両断簡同筆、文意通ず。
42続修二十六9裏 (十六ノ一—二)     九月一日・二日
               ○両断簡、墨痕合致、接続確実。
43続修十九5裏  (十六ノ二—三)     九月二日
               ○両断簡同筆、文意通ず。
44続修四十九9裏 (十六ノ三)      九月二日
               ○両断簡同筆、特に接続のきめ手なし。
45続々修十八ノ三11(十五ノ二四三)     九月九日
               ○両断簡同筆、特に接続のきめ手なし。
46続々修十八ノ三12(十五ノ二四三—二四七) 九月十四日—十月三日
               ○両断簡同筆、特に接続のきめ手なし。
47続修二十六8裏 (十五ノ二四七)     十月廿八日
               ○両断簡、特に接続のきめ手なし。
48続修四十四4裏 (十五ノ二四八—二四九) 十一月卅日
               ○両断簡同筆、文意通ず。
49続修二十8裏  (十五ノ二四九—二五〇) 十一月卅日
               ○両断簡同筆、特に接続のきめ手なし。
50続修二十9裏  (十五ノ二五〇—二五一) 十二月五日・八日
               ○両断簡同筆、文意通ず。
51続々修十八ノ三13(十五ノ二五一—二五四) 十二月廿四日
               ○両断簡同筆、文意通ず。
52続修四十九8裏 (十六ノ一一八—一二〇) 十二月—七年二月十八日
               ○両断簡同筆、『大日本古文書』は次の断簡の首にある「主典安都宿禰」の一行を脱す。文意通ず。
53続々修十八ノ四1 (五ノ三八五—三八六、四行目) 二月十八日
               ○以下不明。
               

○東大寺開田図の調査
 東大寺開田図中東南院文書に入っている「阿波国名方郡新島庄絵図并同郡大豆処絵図」(第三櫃二十五巻)・「摂津国島上郡水無瀬庄絵図」(第三櫃第三十三巻)の調査を行なった。既に『大日本古文書』東大寺文書之二(東南院文書之二)にも図版・釈文が掲載されているが(後者は『大日本古文書』四にも掲載)、料紙・寸法等々に留意して調査を行なった。両絵図は一九七九年度にも調査を行なうので、今回は中間報告である。
〔阿波国名方郡新島庄絵図并同郡大豆処絵図〕
 「新島庄絵図」と「大豆処絵図」は、前図の左辺上半部に後図の右辺が継がれて一枚の絵図として折畳まれている。その接続については最後に述べることとして、両図それぞれの調査結果を紹介しよう。
A「新島庄絵図」
1名称 丸山幸彦「東大寺領庄園の変遷」(『古代の地方史』2)は、「新島庄絵図」記載地区は天平勝宝八歳阿波国名方郡新島庄券(第一庄券)に記す「新島地」とは別の地区であり、嘉祥三年東大寺領阿波国新島庄坪付注文(第五庄券)・寛和三年東大寺家符案(第七庄券)に記す「枚方」の地名から枚方地区と称すべきであると論じる。丸山説の通りに新島庄本庄地区とは別の、後に「枚方庄」(第七庄券)と称される地区である。題簽には「阿波国新嶋庄絵図 天平宝字二年名方郡」とあるが、この題簽は本来の新島庄絵図の一部(この場合は外題となる)が切離されたものか、それに貼付されていた題簽が剥離したものか、またはそれの包紙様のものの一部または貼付物であったものかのいずれかに相当し、恐らく仁平の文書整理の際に現在の「新島庄絵図」に誤まって貼付されたのであろう。ただし以下では便宜のため「新島庄絵図」の称を用いる。
2釈文・寸法 図1の如くである。『大日本古文書』東大寺文書之二(東南院文書之二)とは文字に異同がある。(凡例参照)
3料紙 料紙は本紙も裏打ちも楮紙であり、本紙は上半三紙、下半三紙の計六枚よりなり、中央の上下二紙はそれぞれ一紙分である。六枚の料紙を貼継いだあとで図を描いている。上半部三枚は左上の逆貼り継ぎで、下半部三枚は右上の貼り継ぎであり、上下それぞれを貼り継いだのちに上三枚を上にして下三枚と貼り継いでいる。本紙に対して、第一次の欠損部埋紙と、第二次の全面裏打ちの二次にわたる補修がある(それらが同時に行なわれたのか、時間上の前後をもって行なわれたのかは不明である)。題簽自体にも裏打ちがあり全面裏打の後に本紙に貼付されている。
4文字の異同 本図には地形描写を別にして、大別して坪付を記した筆(b)とそれ以外の筆(a)の二筆がある。aには表題・地形・地目・地積・方位・境堺等の文字が含まれる。bには坪付(その直下に記した「川」などの地目を含む場もある)・地形の一部の文字が入る。aが先筆でbが後筆であることは、例えば二十条十一里十二坪などでわかる。aは地形描写とほぼ同時に書されたらしいが、bは地形描写より後に書されている。bはゴシックで示した。東南院文書之二の折込図版に付された釈文との文字の異同は以下の如くである。
 (1)廿条十里卅四坪 「一町」の下に「野」の一字(斜向き)を補う。継目(折目でもある)に隠されている。
 (2)廿条十里廿坪 坪内東北隅に「廿」の坪付の一字を補う。一部欠損部分がある。
 (3)廿条十里十坪 「一町」の下に「野」の一字を補う。継目(折目)で隠れている。
 (4)廿条十里廿七坪 刊本釈文は「椿圃」とするが、「椿」は「楊」の誤まりであり、「楊圃」の直下は継目(折目)にあたり欠損しているが、「町」の傍の下部の残画があり、「楊圃□町」と改められねばならない。□には「一」が入るのであろう。「野」は「廿七」(坪付)の真上まで下げる。
 (5)表題「東大寺図□(入カ)地」の□は文字の中心部が欠損しているが、残画からは「入」と読んでほぼまちがいない。
 (6)表題「阿波国名方郡□(堺カ)」の□も傍が欠損しているが、残画からは「堺」ではなく「地」と読める。
 (7)廿条十里卅五坪 この坪の、
  イ 葦依圃一町二段
  ロ 二段神社八段定地(△△××)
の記載のロ行の「神社」は不明の文字二字を擦消した上に書かれ、ロ行の「二段」は「神社」と同時に追筆されたものである。追筆も原文と同筆である。東南院文書之二の釈文はロ行の第七字を「空」と読んでいるが、「定」と読むべきであろう。この坪はもと、
  葦依圃一町二段
    □□八段定地
と記されていたが、イ行の「二段」とロ行の「□□」を擦消し、
  葦依圃一町
  二段神社八段定地
と書改めようとして、イ行末の「二段」の二字を完全に擦消し去らなかったために現在のような重複混乱のある記載となったのであろう。「定地」とは、この卅五坪の圃一町を寺地に占定するに際して、神社の圃二段を除いて残り八段のみを寺地に定めたことを示している。
 (8)葦 廿条十里卅五坪の「葦」字と絵図下辺の二箇所の「葦原」の「葦」字は字体が異なる。したがって釈文では後者をゴシックで示して別筆としたが、坪付や「江」・「川」などとは異筆である可能性が強い。
5作成 本絵図は「大豆処絵図」と別筆である。また本絵図は表題に「案」と記されており、国司・占地使らの判や国印もない。本絵図の地目・田積記載には、第五庄券に引用する宝亀四年図と弘仁三年の輸公地坪付と比較すると一坪西にずれているものがある。それらは廿条十里卅五坪(宝亀四年図では卅四坪)・同卅六坪(同卅五坪)・(十九条十里卅一坪(同卅六坪)・同二坪(弘仁三年輸公地坪付では三坪)・同廿六坪(同廿七坪)である。この事実を高重進説のように坪内の地目の変化とみて庄園の変化を論じることもできよう。しかし、本図が案(草案である可能性も強い)であること、坪付と地目田積が別筆で坪付があとから記載されたこと、「圭」は本図に示す庄域の四周の一町未満の地にのみ使用されているが第五庄券所引の弘仁三年輸公地坪付では「圭」の記される坪が先の西への一坪の記載のずれの例も含めて本図の庄域より内側に使用されていること(もちろん圭が代々の阿波国図においてどのような意味で使用されたか、本絵図で阿波国司はどのような意味で使用したのかを考えねばならない)等々から、地目田積記載のずれは、実態か、作図における故意または過失によるのか、本図が開田図として占地計画図(しかも草案かもしれない)であったために生じたのか等の可能性も今一度考えてみる必要があろう。なお、本図は宝字二年頃の作成であると考えて、内容上・実物上も問題はない。
 なお、彩色については、川には薄緑色(薄い白緑)が墨による波形の上から加えられており、道は墨線の上に朱線を重ねている。
 作成手順としては、1条里線、2川などの地形描写、3庄域境界線、4表題・地目・田積等記載、5坪付等記載(図中のゴシック体)であろう。
B「大豆処絵図」
1釈文・寸法 図2の如くである。斜線部分は糊痕、網部分は欠損部分である。
2料紙 楮紙。欠損部の埋紙と四周の補強を中心にした補修と、全面への裏打の二次の補修が行なわれている。第一次の補修は本来一紙分の大きさのあった本紙の天地及び左辺を裁断して行なっている。縦線jは天よりcとの交点まで残っている。天地の裁断は数ミリメートルだが、左辺の裁断は数センチメートルに及ぶであろう。左右継紙は第一次補修を施した後に貼継がれており、絵図補強のための縁取であろう。右継紙は、後に「新島庄絵図」への貼継用に転用されている。欠損部は右辺にあるが、右辺の残存部分には右端継目の糊痕がある。右端数ミリメートルの糊痕は継目糊代を示している。右辺中央の欠損部の左縁の糊痕は継目糊のはみ出した汚れであろう(または、継方が粗雑で糊代が二〜三センチメートルに及んだのかもしれない。欠損はこの粗雑な継目をはがした、またはそれがはがされた際に生じた可能性も考えられる)。右継目がはがされた後に第一次の補修が行なわれている。
3文字の異同
 1大豆処圖 表題の「大豆処圖」の「圖」字は□(クニガマエ)の文字を擦消した上に別筆で書かれている。この「圖」字以外の図中の文字は擦消文字も含めて全て同筆である。
 2畠一町・畠・川成 CD・deの坪には「川成」の二字の擦消痕があり、川の絵の下にはBC・efの坪に「畠一町」の三字とBC・fgの坪に「畠」(下に文字が続くか)の一字の擦消痕がある。なお、BC・fgの坪の左上隅にも一字分の擦消痕らしいものがある。
4作図の手順 条里線・地形描写・文字の観察から本図作成手順が知られる。それについての試案を示しておく。12……は手順を示す。
 1条里線 横線は押界の上に墨界線を引く。
 2道の側線(墨書)
 3表題部・「道」(「道俣」及び左下に斜走する道路(側線なし)の「道」は、道路に着色したのちに書かれている)・「板野郡与名方郡堺」・「川渡船津」・方位・地目田積 32より文字は川の描写より以前、2以降に書かれたことがわかる。
 4川の波形墨書
 5道・川の着色 道は薄褐色(黄土か)で「道」等の文字上には彩色していない。左下に斜走する道は側線墨書なく彩色のみである。川は薄緑色(薄い白緑)。
 6川の上の「大川」・水鳥二羽
5その他 本絵図も国印・判がなく、「新島庄絵図」と同じく案である。地形描写・文字・条里線等は「新島庄絵図」よりもていねいに端正にかかれている。天平勝宝元年に新島本庄が占地され(第一庄券)、天平宝字二年に枚方庄が占地されているから(「新島庄絵図」)、本図の作成もその天平勝宝〜天平宝字年間の占地の際に行なわれたと考えられ、実物もその時期のものとして疑点はない。なお、第二次補修の裏打紙の下に刊本釈文に示されたように本文の文字とは異筆の端裏書があるが、これは本絵図作成時のものであろう。本図は、「新島庄絵図」と表題部の書き方が異なり、また「圃」のかわりに「畠」が使用されている。本図には坪付がないが、これには「新島庄絵図」においても坪付が別筆で後に書加えられた事実と関連するところがあろう。川の下に「畠」等の記載の擦消痕があること、畠・川成の合計額や各地目の該当坪の問題等とあわせて本図の性格を考えなおすことが必要である。
C「新島庄絵図」と「大豆処絵図」の接続 現在は「新島庄絵図」の左辺上半部に「大豆処絵図」の右辺が継紙を介して貼継がれている。「新島庄絵図」には四周に古い継目あとはないが(ただし左辺下方に接続用らしい墨のあたりがある)「大豆処絵図」は先述の如く右端に糊痕のあることから元来は何らかの文書または絵図に貼継がれていたことがわかる。但しそれは現在貼継がれている「新島庄絵図」ではない。本来別個になっていた絵図がある時期に貼継がれたのであるが、それは恐らく仁平年間の整理の際に行なわれたのであろう。次に図3として「新島庄絵図」と「大豆処絵図」の貼継の状態を、天の断面図として図示する。「新島庄絵図」の左継紙は、左辺整形のためのもので第一次補修(欠損部の埋紙中心)と同時のものかもしれない。二絵図の接続と補修の時期や仁平年間の整理との関係については今後検討してゆかねばならない。なお、「大豆処絵図」の下辺から「新島庄絵図」の左辺の下半部にかけて、両絵図を貼り継いだあとに巾数ミリメートルの直角になっている曲尺型をした縁取の紙が補強のためか、貼られている。
   *   *   *
 「摂津国水無瀬庄絵図」については調査が不十分なので釈文と寸法(図4)のみを掲げて、調査の結果は次年度に報告することとしたい。
   第1・2・4図の凡例
1、原図からの縮尺比率は不定である。
2、条里界線は便宜のために直線とし、間隔も同一とした。また線端は正確ではない。
3、絵画的表現は省略した。
4、文字の位置大きさは原図のそれらをおおよそまねたものである。
5、釈読文字には次の記号を付した。
○ 刊本釈文と比較して新補のものと欠損部分の推定文字。
 ● 刊本釈文と釈読を変更したもの。
 ◎ 重書き。
 × 擦消の上に書かれたもの。
 △ 同筆の追筆。
 〔 〕擦消された文字。
〈 〉重書きされた文字。
 また、別筆はゴシック体とした。
6、紙の大きさはゴシック体数字で、界線の寸法はセンチュリーオールド体数字で記した。
7、注記は(  )の中に記した。
8、紙継目は……で、界線は——で、紙縁は——で表わした。
9、網は主な欠損部を、斜線は糊痕を示す。(山口啓二・土田直鎮・百瀬今朝雄・皆川完一・石上英一)
Imgpage110a,111a,112a,112b
Imgpage113a


『東京大学史料編纂所報』第14号p.104