東京大学史料編纂所

HOME > 編纂・研究・公開 > 所報 > 『東京大学史料編纂所報』第13号(1978年)

東大寺図書館史料調査

 東大寺図書館には、現在『大日本古文書』として刊行途上にある東大寺文書の外に、約一万二千七百余点の記録・聖教・経巻が架蔵されている。その内薬師院文庫史料の一部と、宗性・凝然両師図書七百余点にっいては、既に調査・撮影・影写が終了しているものの、それ以外の諸史料はほとんど未調査の状態にある。そこで東大寺図書館の御厚意により、記録・聖教・経巻の調査・撮影に着手する事となった。本年度は昭和五十二年十月十七日より二十二日迄の六日間にわたり、薬師院文庫史料の調査・撮影を行った。
 薬師院文庫は、東大寺内の一子院たる薬師院に旧蔵された史料群であり、昭和二十六年薬師院実美氏の離寺に際して、東大寺に寄贈されたものである。
 薬師院は鎌倉中期に、東大寺学侶実舜法眼を始祖として成立した子院である。以後代々東大寺執行職を保有し、執行所を構成して教学活動の運営、小綱等俗役の支配にあたった。室町後期に正法院と交替で執行に就任する様になったが、永禄年中に正法院が断絶し、慶長年中に薬師院実祐の子息快実が正法院を相続する事により、近世を通して執行職は薬師院の一統に継承された。
 薬師院文庫は(一)薬師院文書(百九十四点)(二)薬師院記録(三百五点)(三)経疏部(十一点)(四)系図及地図其他(二十七点)に分類され、その細目は「薬師院文庫目録」(本所架蔵写真帖6100─2)に明らかである。特に薬師院文書百九十四点中、(ヤ/1/1)より(ヤ/1/184)に至る百八十四点にっいては、昭和十五・十六年に影写が作成され、「東大寺 塔頭 薬師院文書」(3071・65—15)として架蔵されている。
 本年度の採訪では、(一)薬師院文書全点(ヤ/1/1)〜(ヤ/1/194)と、(二)薬師院記録(ヤ/2/1)〜(マ/2/56)の調査・撮影を行なった。なお撮影分の内、本所架蔵影写本に収められていない薬師院文書十点の目録は左記の通りである。  

一、天正 廿・ 十・ 吉 東大寺諸納所方目録              一巻
一、─————————— 東大寺東南院記録               一巻
             ○奥に延応二・二・廿一宗性奥書あり。
一「東大寺文書案文 江戸」((外題))               一巻五通
 1、康和 三・ 三・─— 東大寺諸司等解写
 2、康和 三・十一・ 一 官宣旨写
 3、─———・ 十・ 卅 中宮大進某書状写東大寺律師宛
 4、嘉永 元・ 四・─— 東大寺伝燈大法師等解写
 5、─———・ 五・ 七 堀河天皇綸旨写
一、享保 十八・ 三・─— 東大寺諸伽藍目録              一巻
一、                                一巻九通
 1、永禄 三・ 極・ 晦 晴久感状
 2、─———・ 三・ 七 修理大夫某書状 山中甚ニ郎宛
 3、─———・ 四・ 三 修理大夫某書状 山中甚二郎宛
 4、─———・ 卯・廿一 某書状 宛所欠く、略押のみ、
 5、─————————— 某書状(後欠)
 6、─————————— 某書状断簡
 7、─———・ 四・ 五 伴蔵書状(前欠)左内宛
 8、─———・ 八・廿二 駒野半兵衛書状山中元雪宛
 9、弘治 □・ □・ 吉 馬術秘伝書(前欠)
一、「興福寺別当 江 御教書」(外題)               一裏二通
 1、(応永十一)・三・廿四 曇舜 広橋仲光 書状 興福寺別当僧正宛
 2、─————・ 霜・ 四 一庵良慶書状 興福寺北院宛
一、「東大寺三綱官符 貞観十三年以後」((内題))        一巻二十九通
   本巻二十九通は東南院文書第一櫃第三巻「東大寺三綱官符 貞観十三年以後」の写し。
一、「東大寺三綱官符案 貞観十三年以後」((外題))       一巻三十三通

   本巻三十三通は、右記東南院文書二十九通の写しと、前掲「東大寺文書案文 江戸」の一巻五通中の前四通と同文の写し。安永二・五・─執行上座実祐の奥書あり。    

一、「東大寺文書 七通」((外題))                 一巻七通
 1、康治 元・十二・十八 鳥羽上皇院宣
 2、─———・ 七・廿二 右少弁長方言上状
 3、永享十一・ 三・廿九 口宣案
 4、明応 三・ 六・廿四 口宣案
 5、永正 元・ 三・廿七 口宣案
 6、永正 五・ 六・ 卅 口宣案
 7、永正 六・ 九・ 五 口宣案
一、                                 一巻九通
 1、至徳 二・十一・─— 筒井順覚等連署置文案
 2、文明 五・ 七・ 四 筒井順永起請文案
 3、永正十三・ 六・─— 筒井順興置文案
 4、元亨 三・ 九・廿五 後醍醐天皇綸旨案 西大寺浄覚上人宛
 5、元亨 三・ 九・廿五 後醍醐天皇綸旨案 西大寺別当法印宛
 6、明徳 元・ 九・ 六 西大寺白衣衆徒連署請文案
 7、享禄 二・十一・ 五 筒井順興書状案 西大寺侍者宛
 8、─———・十一・十五 西大寺別当兼継書状案 西大寺方丈宛
 9、─———・ 九・十四 筒井順興書状案 供目代宛
 

                                 (永村真)


『東京大学史料編纂所報』第13号p.100