東京大学史料編纂所

HOME > 編纂・研究・公開 > 所報 > 『東京大学史料編纂所報』第13号(1978年)

妙法院史料調査

 昭和五十二年八月三十日より九月四日までの六日間、前年に引続き京都市東山区の妙法院門跡の史料調査を行ない、左記の史料を撮影した。
  整理ノ符号ハ本所架蔵ノ『妙法院所蔵重書目録』(四一〇〇/六五/一〜一〇)ノ符号ニ准ジタ、併セテ参照サレタイ、
第三十三ノ箱

三ノ引出
 1、秘鈔
  イ、秘鈔第一 阿〓 宝生 阿弥陀 釈迦 薬師 仏眼法        一巻
  ロ、秘鈔第二 大仏頂法如法尊勝法                  一巻
  ハ、秘鈔第三 光明真言駄都                     一巻
  ニ、秘鈔第四 孔雀経仁王経                     一巻
  ホ、秘鈔第五 請雨経法                       一巻
  ヘ、秘鈔第六 法華理趣                       一巻
  ト、秘鈔第八 正観音 千手 馬頭 十一面 如意輪 正観音 白衣   一巻
  チ、秘鈔第九 延命 普賢延命 五秘密 五大虚空蔵          一巻
  リ、秘鈔第十 虚空蔵 求聞持                    一巻
  ヌ、秘鈔第十一 普賢 文殊 五字文殊 八字文殊 弥勒 大勝金剛 随求 地蔵
                                    一巻
  ル、秘鈔第十二 転法輪                       一巻
  ワ、秘鈔第十五 太元                        一巻
  カ、秘鈔第十六[ ]水天 地天                   一巻
  ヨ、秘鈔第十七 聖天 十二天 訶利帝 十五童子 童子経       一巻
  タ、秘鈔第十八 北斗                        一巻
 2、秘鈔 諸尊護摩第二                        一巻
 3、東密 血脈鈔                           一巻
 4、東密                               一巻
 5、東密 証談鈔                           一巻
 六ノ引出
 1、経供養法則                            一冊
 2、護摩記                              一冊
 4、十八道                              一冊
 5、合曼用                              一冊
 6、胎蔵界私記                            一冊
 7、十八契印                             一冊
 8、金剛界印図                            一冊
 9、胎蔵界略次第                           一冊
 10、護摩記                             一冊
 11、正忌御経供養法則(後水尾院)                  一冊
 12、御経供養作法(霊元院初七日)                  一冊
 13、光明供法則                           一冊
 14、四度行軌                            六冊
 15、金剛界略次第                          一冊
 16、(無題)                            一冊
 17、光明真言法法則                         一冊
 18、御経供養法則(桜町院十一周忌)                 一冊
 19、無量光院五十回忌光明供法則                   一冊
 20、法花三昧法則                          一冊
 21、金曼供法則                           一冊
 22、堂供養法則 常三昧                       一冊
 23、大般若経転読作法                        一冊
 24、御経供養法則(後桃園院十九周忌)                一冊
 25、般若心経供養法則                        一冊
 26、経供養法則(桜町院八周忌)                   一冊
 27、御経供養法則(中御門院五周忌)                 一冊
 28、女院新殿御祈次第                        一綴
 29、大般若経転読開白                        一冊
 30、御経供養法則(後桃園院三十周忌)                一冊
 31、施餓鬼法則                           一冊
 32、荘厳供養法則                          一冊
 33、五輪石塔開眼并光明供表白                    一冊
 34、秘密 十八道持誦                        一帖
 35、法則草案                          三点一括
 36、大日大讃                            一帖
七ノ引出
 1、放光法                              二冊
 2、秘密念誦 (毘沙門)                       一冊
 3、不許開                              一包
 4、観自在菩薩香印法                         一冊
 5、寿命経相承事                           一包
 6、経開結誦文補闕文                       四紙一包
 7、瑜祇取水法等入                        四紙一包
 8、斎食儀                              一冊
 9、穢気之事                             一紙
 10、堀地作法                            一紙
 11、八千枚護摩私記                        一包
  イ、八千枚                             一冊
  ロ、八千枚用意                           一冊
  ハ、八千枚私記                           一冊
 12、諸尊法                             一冊
 13、大灌頂光明真言法                        一冊
 14、大師供準提                          一包
  イ、大師供 略供養次第                       一冊
  ロ、准〓仏母                            一冊
 15、弁天供                            一包
  ニ、弁才天理供                           一冊
 16、弁天法                            一包
  イ、ろゑ法                             一冊
  ロ、五箇秘印                            一冊
 17、八曼荼羅事 重考                        一冊
 18、仁王経念誦私記                         一冊
 19、印導秘法                           一包
  イ、引導大事                            一冊
 20、軍荼利法                           一包
  イ、軍荼利法                            一枚
  ロ、軍荼利法 (第三)                       一冊
 21、法華法                            一包
  イ、法華略行法次第 依十八道                    一冊
  ロ、法華法略私記                          一冊
 22、法華五種行                          一包
  イ、五種行略秘密次第 覚継                     一帖
  ロ、五種行略秘密次第 覚胤                     一帖
 23、不動秘法                            一包
 25、密法類集入                          一包
  イ、羅漢供法用                           一冊
  ロ、悉言                              一冊
  ハ、大威徳法 張紙                         一包
  ニ、大威徳密呪                           一包
 26、薬師法                            一包
  イ、薬師法 教覚                          一帖
  ロ、薬師法                             一帖
  ハ、薬師如来法                           一帖
  ニ、根本印                             一紙
 27、水丁道具目録                         一包
  イ、道具惣目録                           一紙
  ロ、道具等目録                           一紙
 28、慈恵大師秘密同片供部類                    一包
  イ、秘密供 乗詮                          一冊
  ロ、理明房御臨終印言                        一紙
  ハ、慈恵大師作法                          一紙
  ニ、早念誦大事                           一紙
  ホ、諸天讃等                            一紙
 29、光明真言法                          一包
  イ、光明真言法                           一帖
  ロ、光明供 真仁                          一帖
  ハ、光明法啓白 勤息頼順                      一冊
 30、大阿闍梨宗淵授与祥丸真言                    一紙
 32、不嫌善悪日法                         一包
  イ、不嫌善悪日法                          一帖
  ロ、不嫌善悪日法                          一帖
 33、輪門へ伝授之目録之下書                     一包
 34、延命供香之事                          一通
 35、小作法記                            一通
 36、尊勝                             一包
  イ、尊勝                              一帖
  ロ、仏頂尊勝陀羅尼                         一帖
  ハ、尊勝仏頂印                           一紙
 37、四度阿闍梨曼供導師御免許状                   一通
 38、逆修法則                           一包
  イ、逆修法則・霜月会法則                      一冊
  ロ、四度表白集 玄鎮                        一冊
  ハ、五大尊合行表白                         一冊
  ニ、大威徳御修法法則                        一冊
 39、五大尊合行                          一包
  イ、五大尊合行法 覚永                       一帖
  ロ、五大尊合行                           一帖
  ハ、五大尊合行私記                         一帖
  ニ、五大尊合行                           二帖
 40、加持五鈷作法                          一帖
 41、諸法則類                           一包
  イ、開眼供養法則                          一冊
  ロ、本地供表白草案                         一冊
 42、両界曼供表白                         一包
  イ、曼供法則                            一冊
  ロ、胎曼供法則                           一冊
  ハ、胎曼供法則                           一冊
  ニ、胎曼供表白                           一冊
 43、胎金諸会行軌                         一包
  イ、胎蔵界 乾神                          二冊
  ロ、金剛界 因果                          二冊
八ノ引出
 1、後桃園院三十一周忌御経供養法則                  一冊
 2、仁孝天皇九回忌御経供養法則                    一冊
 3、東山院十八年忌般舟院御経供養法則                 一冊
 4、経供養法則草                           一冊
 5、後水尾院五十回忌                         一冊
 6、後中院三十三回忌経供養法則                    一冊
 7、仁王経法則作法祝言                        一冊
 16、随求八箇印(仏)                        一帖
 42、青色金剛三部合行秘記                      一冊
 44、閻魔天                             一帖
 59、法華経法                            一帖
 102、十羅刹                            一帖
九ノ引出
 1、天秘一印法                            一冊
 2、荒神一印法                           一包
  ロ、荒神一印法                           一帖
 3、双身敬愛天私記                          一冊
 4、摩利支天                             一包
 5、毘沙門天秘法                           一冊
 6、華山 十天曜宿供養法                     版本一冊
 7、北斗供                             一包
  イ、北斗供 未再治                         一帖
  ロ、北斗七星供                           一帖
 8、宇賀神                              一冊
 9、摩利支天                             一冊
 10、鎮将夜叉法并口決                        一冊
 11、毘沙門法                            一帖
 12、弁天毘沙 天部類                        一包
 13、大黒天神法                           一冊
 14、弁天頓得如意法                        一包
  ロ、頓得如意珠王法                         一冊
 15、神供作法                            一包
 16、日待大事                            一帖
 17、大弁財天宇賀神王修儀                      一冊
 18、水天法宇賀神法                         一帖
 19、大聖観喜天供                          一帖
 20、荼枳尼灌頂                           一帖
 21、浴場作法記                           一折
 22、大弁財天宇賀神王修儀                      一帖
 23、刀八毘沙門                           一包
 24、当年星供                            一包
 25、大黒天神雑悉                          一包
 26、弁天                              一包
 27、双身法                            一包
  イ、双身次第 私                          一帖
  ロ、双身私記 池上                         一帖
  ニ、毘沙門次第 双神                        一帖
  ホ、双身法要事                           一帖
  ヘ、双身私記 依谷記                        一帖
 30、刀八毘沙門法                          一帖
 31、北斗七星各別                          一帖
 32、毘沙門天王秘法                         一冊
 33、青面法                             一包
 34、鎮法相承次第                          二通
 35、弁天七月精進事                         一包
 36、宝蔵天女法                           一冊
 37、青色夜叉三部合行記                       一冊
 38、北斗法秘事                           一冊
 39、水天法                             一包
 40、〓枳尼天                            一冊
 41、大黒天法                           一包
  イ、摩訶迦羅                            一紙
  ロ、大黒天供作法                          一紙
 42、鎮将夜叉供                          一包
  イ、鎮将夜叉秘用類                         一冊
  ロ、鎮将夜叉秘法                          一帖
  ハ、毘沙門鎮将夜叉供次第                      一帖
  ニ、鎮将夜叉供                           一帖
  ホ、鎮将夜叉秘法                          一帖
  ヘ、鎮将夜叉密印                          一帖
 43、夜叉壇作法                           一包
 44、大黒天本説                           一包
 45、〓枳尼天事                           一帖
 46、〓枳尼相観陀羅尼経                       一帖
 47、阿毘沙天法則                          一冊
 48、供養十天曜宿法用                      版本一冊
 49、日礼作法                            一通
 50、宿曜考                             一通
 51、七月行記                            一通
 52、毘沙門堂双身印信同次第                    一包
  イ、刀八毘沙門法                          一帖
  ロ、土公供                             一帖
  ハ、双身私記池上                          一帖
  ニ、印信双身                            一通
 53、弁才天行用                           一冊
 54、刀八行用                            一包
 55、訶梨帝母供次第                         一巻
第三十四ノ箱
一ノ引出
 2、明応九年四月十四日敬空示延暦寺灌頂金剛界印信           一通
 3、天文十八年毘沙門堂前大僧正付属状写                一通
 7、要用書類                            一包
  イ、法曼院相実追贈僧正款状案等                   一巻
  ロ、慶長九年二月二十四日円智款状写                 一通
  ハ、慶長十五年九月六日権僧正天海款状写               一通
  ホ、三月十日大僧都晃海副状案                    一通
  チ、消息手本                            一枚
  ヌ、文和三年十一月八日泰禪戒牒手本                 一通
 8、印信手文等                           一包
  ロ、不動真言                            一枚
二ノ引出
 2、北谷降魔大師縁起                         一巻
 6、天正十三年五月日吉大宮社并山門大講堂勧進状            一巻
 9、仏舎利伝記                            一通
 10、相応和尚検封記                         一通
 11、仏光寺奏状外二点                       一括
  ロ、九月十日堯慧書状日厳院僧正宛                  一通
  ハ、二月二十日堯秀書状今小路宛                   一通
 12、雑                              一包
   ニ、寛文六年十二月多武峯寺僧衣紋之掟写              一通
   ホ、多武峯坊名                          一通
   ヘ、寛正六年七月多武峯法度写                   一通
   ト、慶長十九年二月二十七日多武峯寺中法度写            一通
   ヌ、小乗五位七十五法図                      一通
 13、神道                             一包
   ニ、永和三年正月十三日兼熙注進状写                一通
   ヘ、覚書                             一通
 15、論草草稿等                          一括
    宝治元年三月十一日為家書状外                  三紙
三ノ引出
 2、照高院道晃親王御消息                      一括
   イ、卯月九日                           一通
   ロ、神無月三日                          一通
   ハ、十二月廿五日                         一通
   ニ、二月初三                           一通
   ホ、卯月九日                           一通
   ヘ、十二月廿七日                         一通
   ト、五月廿九日                          一通
   チ、霜月十一日                          一通
   リ、霜月十六日                          一通
   ヌ、十月廿六日                          一通
   ル、卯月十四日                          一通
   ヲ、霜月十七日                          一通
   ワ、七月十六日                          一通
   カ、卯月十四日                          一通
   ヨ、七月廿六日                          一通
   タ、八月廿五日                          一通
   レ、九月廿三日                          一通
   ソ、八月八日                           一通
   ツ、六月廿二日                          一通
   ネ、極月十一日                          一通
   ナ、二月晦日                           一通
   ラ、十九日                            一通
   ム、二月十七日                          一通
   ウ、仲之朔                            一通
   ヰ、神無月十六日                         一通
   ノ、六月廿六日                          一通
   オ、七月廿三日                          一通
   ク、二月十八日                          一通
   ヤ、三月十六日                          一通
   マ、二月六日                           一通
   ケ、八月十六日                          一通
   フ、六日                             一通
   コ、二月廿五日                          一通
   ユ、七月晦日                           一通
   テ、極月十五日                          一通
   ア、二月廿一日                          一通
   サ、霜月二日                           一通
   キ、三月廿日                           一通
   ユ、九月二日                           一通
   メ、七月廿七日                          一通
   ミ、十八日                            一通
   シ、三月廿七日                          一通
   ヱ、六月廿一日                          一通
   ヒ、臘月廿三日                          一通
   モ、六月廿日                           一通
   セ、無月日                            一通
   ス、無月日                            一通
  3、道澄親王御消息                        一括
   イ、六十日                            一通
   ロ、六十六                            一通
   ハ、七月三日                           一通
  4、尊悟親王日厳院宛御消息                    一括
   イ、八日                             一通
   ロ、無年月日                           三通
  5、雑文書                            一括
   イ、八月十六日仮名消息                      一通
   ロ、二月十八日尊勢親王御消息                   一通
   ハ、霜月朔日尊純親王御消息                    一通
   ニ、尊□親王御消息                        一通
   ホ、御児御中宛某消息                       一通
   ヘ、十月四日昭房書状                       一通
   ト、八月五日妙御門跡御坊官御中宛書状               一通
   チ、二月十八日金地院宛書状案                   一通
   リ、七月廿八日園基音書状                     一通
   ヌ、廿四日貞意書状                        一通
   ル、六日貞意書状                         一通
   ヲ、七五日貞意書状                        一通
   ワ、女房奉書ちこ宛                        一通
   カ、女房奉書                           一通
  6、大仏再営供養消息入                      一包
   イ、十二月十六日吉良義央書状                   一通
   ロ、十二月十六日吉良義冬書状                   一通
   ハ、十月十四日吉良義冬書状                    一通
   ニ、五月朔日品川内膳正書状                    一通
   ホ、十月十二日高木伊勢守書状                   一通
   ヘ、十二月十日小笠原長頼書状                   一通
  ト、十月十四日今川成堯書状                     一通
  チ、五月二日今川刑部大輔書状                    一通
  リ、十月十四日戒善院書状                      一通
  ヌ、(無月日)御児宛消息                      一通
 7、御末寺書類
  イ、大永三年三月廿八日和田寺千部経諸役覚              一通
  ロ、寛永元年九月廿一日丹州神尾寺定書写               一通
  ハ、正月十八日直寿書状                       一通
  ニ、正月吉日福城坊誓状                       一通
  リ、慶安四年十二月仏光寺由緒書                   一通
  ヌ、卯月十四日兼空書状写                      一通
  ル、三月四日酒井讃岐守書状写                    一通
四ノ引出
 2、系図類                             一包
  ロ、恵光院他相承次第                        一巻
  ハ、法曼院俗性系図                         一枚
  ニ、天台門流寺院                          一枚
  ホ、天王寺別当職三門跡補任例                    一枚
  ヘ、青蓮院歴代                           一巻
  ト、毘沙門堂系図                          一枚
  チ、三宝院列祖次第断簡                       一枚
  リ、安貞二年四月六日尊性親王拝堂登山扈従列名            二枚
  ヌ、系図(東三条兼家以下)                     一巻
  ル、諸家系図断簡                          一括
 3、系図                               一括
 (文治元年東大寺大仏開眼供養記他系図断簡多数)
 5、文和二年十月妙法院知行目録写                   二巻
 9、家康母儀御祈祷                         一括
  イ、七月廿三日綸旨                         一通
  ロ、二月十一日綸旨(元和二)                    一通
  ハ、武家太閣御所父母戒名                      一通
 10、慶安三年堯恕親王得度記                     一巻
第三十七ノ箱
第五括 「未御供加持」((包紙) )                  一巻
 九、追善法則(巻首及ビ奥書ノミ撮影)
 

 「仁和四年十一月十七日卯刻任筆草之(中略)/宇多院御草云々/干時養和元年五月廿日(中略)/右筆左衛門尉藤原秀能」((奥書))  

第十括 「日吉山王
      参社法楽印信」((包紙))
 二、参社法楽印明三身 三種悉地                    一通
   「永禄八乙丑年正月十日/三部灌藩頂阿闍梨内供奉存全示」((奥書))(文政十年書写 )
第二十三括 「新日吉」((包紙))
 二、新日吉造営記                           一通
   正和四年七月六日新日吉社公文所注進((内容))
   永暦元年以来遷宮次第
 四、「新日吉神体鎮座次第」((包紙))            一包二通
  1、新日吉御体御座次第                       一通
 五、承応三年七月四日日野弘資書状                   一通
 九、著聞集馬芸部抄出新日吉記                     一冊
 一〇、新日吉社別当次第等(保元元年ヨリ延応元年ニ至ル)        一冊
 一一、新日吉社小五月記 正治元同 二(猪隈関白家実公日記抄出)    一冊
 一二、解脱谷寂場院侍僧事・同御廟講衆事                一通
 (天文二年ヨリ永禄五年マデノ年紀見ユ)
 一三、新日吉及新熊野略縁起                      一通
 一五、新日吉遷宮道具覚                        一通
第二十五括
 七、大仏供養請僧名帳 慶長十九年八月三井寺分             一冊
第二十六括 「神書」((包紙))
 四、三科加行次第 寛永四年六月吉日正春伝法 西徳院受法        一通
 八、聖徳太子碼瑙記                          一通
 九、中臣秡                              一帖
第三十八ノ箱
第二括 「女院御所曼茶羅供附書翰」((包紙))
 一、女院御所曼茶羅供注文慶長十三年十月朔日              一冊
八、大仏師法眼左京三回忌御忌日寸法書寛文二年十一月二十二日       一通
第五括 「二条殿八講」((包紙))
 一、八講書状(裏文書モ撮影ス)                    一巻
   「於二条殿八講」((端裏書))
   

 六月十二日養源院書状金剛院宛、六月十三日隠岐河内守書状同上宛、((内容))十八日同上同上宛、六月十八日中川左京書状同上宛、六月十九日某書状同上宛、六月十九日中川左京大進書状同上宛、六月二十日同上同上宛、六月二十日某書状金剛院宛、林鐘二十二日某書状金剛院僧正宛、六月二十三日良〓書状同上宛、六月二十四日西池図書允書状同上宛、六月二十六日中川左京大進書状同上宛、六月二十九日谷大進泰高書状同上宛、六月晦日某書状僧正御房宛、六月二十九日堀志摩守書状金剛院宛、六月晦日北ノ坊良〓書状同上宛、七月二日同上、七月三日同上、七月六日池尻宮内卿書状金剛院僧正宛  

 二、九月二十八日相馬弾正少弼昌胤書状金剛院大僧正宛           一通
第十括 「享保十八御八講」((包紙))
 二、文禄三年御八講記録(新写)                     一冊
第十一括 「御八講法則」((包紙))
 一、応永御八講記新日吉蔵                        一冊
   (応永十二年四月二十六日後円融院十三年宸筆御八講次第、後ノ写)
 二、宸筆御八講雑例                           一冊
第十八括 「催文請文」((包紙))
 九、「綱牒ノ請文案」((包紙))                   一包
  イ、天文十年維摩会聴衆綱牒請文案                   一通
  ロ、禁中御八講講師請文案                       一通
第二十括 禁中御八講記録 元和九癸亥年八月廿二日ヨリ五箇日後陽成院御七箇回忌御追善御訪                                  一巻
第二十一括 応安三年宸筆御八講記奉行宣方記                一巻
 (応安三年五月ヨリ七月ニ至ル)(貞享三年八月二十八日堯恕法親王書写)
第二十四括
 一、仙洞庭儀曼供記                           一冊
   (寛永十三年七月三日仙洞庭儀合行曼茶羅供、中和門院七廻御仏事)
 四、「般舟院」 ((包紙))                     一包
  ヘ、享禄五年四月七日後柏原院七回御忌法会図              一枚
 五、文永七年十月於亀山殿御八講通雅記                  一通
  (目録ニハ第二十四括四ノヘニ作ル)
  ロ、「旧記為防蝕早可新写」(前後闕)((包紙))           一巻
  (コノ旧記目録ニ見ヘズ、紙背書状)
第二十五括
 一、「日光御八講之図」((包紙))
 

 (内容ハ第二十四括五ノロノ旧記ト同筆ノ御八講朝夕座問答一巻ニシテ八講之図ニアラズ、巻末ニ尊澄(花押)親王書之トアリ、紙背書状、第三十二箱第三十二括参看)  

  二、「万治三年御八講之時の書翰」 ((包紙))           一包
  イ、七月十八日三執行代書状常照院宛                  一通
  ロ、七月廿九日寒松院書状三執行代宛他                 一巻
  ハ、八月七日宝乗院書状日厳院宛                    一通
  ニ、八月二十二日同上                         一通
  ホ、八月十四日愛宕通福書状妙法院宮坊官宛               一通
  ヘ、八月十五日宝乗院書状日厳院宛                   一通
  ト、八月二十九日幸慶書状大納言僧都宛                 一通
  チ、九月十九日同上日厳院宛                      一通
  リ、八月二十日覚円書状妙門宛                     一通
  ヌ、九月二日忠康等書状日厳院御坊宛                  一通
  ル、九月五日実応書状日厳院宛                     一通
  ヲ、九月十八日愛宕通福書状日厳院宛                  一通
  ワ、大永四年七月清凉殿御八講講師読師等列名              一通
  カ、宸筆御講注記事断簡(慶長三年六月十四日和仁書写)         一紙
  ヨ、三ヶ条事書                            一通
  三、東照宮年回絵図等                         一括
  イ、寛永九年卯月十七日十七回忌道場絵(三枚ノミ撮影)         六枚
  ロ、慶安元年閏正月十一日三十三回忌法事交名              一通
  番外、寛永五年十三回忌道場絵図                    一枚
第二十六括 薩戒記(応永二十二年四月ヨリ閏六月マデ)           一冊
第二十七括 「貞享三 都合廿四通」 ((包紙))            一包
  一七、文禄三年十二月廿一日八講覚書                  一通
第二十九括 「回章」((包紙))
  三、八月十七日堯恕親王書状葉室大納言宛                一通
第三十括 御八講(慶長三年六月十四日和仁書写)              一巻
 (村上天皇天暦九年正月四日法華八講ヨリ大永四年七月八講二至ル略記)
第三十一括 元和九年八月御八講配役并御捧物覚               一巻
第三十二括  八講配役(後闕、裏書状)                  一通
 (コノ残簡、モト第二十四括五ノロ及ビ第二十五括一ト一具ニシテ、元亨元年七月十一日御八講ノ記録ナラン)
第三十六括 「後水尾院」((包紙))                  一包
 九、良浪大僧正三十六年内瘧藩符                     一通
第三十八括
 番外、御八講僧名定之事(明暦八年二月御八講)(万治三年八月廿二日書写) 一巻
第三十九括
 一、御八講取要記(堯恕親王筆)                     一冊
 (貞観十年ヨリ万治三年ニ至ル御八講ノ諸次第ヲ収ム)
 二、等持院御八講捧物目録明徳元年                    一冊
 三、御八講論義 第三日夕座 慶長九年甲辰十二月四日           一冊
 四、御八講論義 第二日朝座 慶長九甲辰年拾二月三日           一冊
 五、宸筆御八講記 応永十二年東院 (応永十二年四月、東洞院内裏)    一冊
 六、等持院御八講前状応永卅二 四 十三始行               一冊
 七、御八講論義 初日夕座 慶長九年甲辰拾弐月二日            一冊
 八、宸筆御八講記 東院 天暦 長保 長治(万治三年七月廿五日堯恕親王書写) 一冊
 九、禁中御八講聴聞集 大永四甲申七十七母后卅三廻御追善(万治三年七月廿六日書写)                                    一冊
 一〇、震筆御八講問答記 文永七年十月七日始行              一冊
 一一、御八講文安記(文安二年)                     一冊
 一二、宸筆御講注記 天台 応安三七三被始行之              一冊
 一三、御八講 大永四記抜書(大永四年七月)(万治三年十月晦日書写)   一冊
 一四、「山門三井論題」((包紙))                  一包
  イ、御八講論題                            一通
  ロ、万治三年九月御本尊開眼覚                     一通
 一五、御八講之記文永七年                        一通
 

    一、御八講次第((内容))((巻首))「文永七年十月七日始行上卿花山院後相国」(本奥書)「応永卅二年三月十三月於燈下即時書写之 于時右大臣 作進之以自筆草書写了」     二、仙洞宸筆御八講記 文永七年十月通雅公記((巻首))「文永七年上卿花山後太相国文筆也」((本奥書))「申請花山院応永二年三月廿五日於燈下馳筆了可校了諫議大夫藤(花押)」((奥書))「万治庚子暦八月十七日写功完 台嶺沙門堯恕(花押)」     

 一六、開(宝永六年十月廿日貞安書写)                  一冊
 一八、御八講次第                           一括
  イ、御八講次第(表紙及ビ第一紙ノミ撮影)               一帖
    「予奉仕拝殿御装束」(書出し)
  ロ、御八講次第(表紙及ビ第一紙ノミ撮影)               一帖
    「予有堂荘厳事」(書出し)
  八、御八講次第(表紙及ビ第一紙ノミ撮影)               一帖
    「拝殿御装束略之」(書出し)
  一九、最勝講講師次第 初 中 結(表紙及ビ第一紙ノミ撮影)      一帖
第四十二括
 三六、
   イ、正月十五日山本宮内卿書状松井安芸守宛              一通
    ロ、壱越調盤渉調黄鐘調的例(自永享十一年至安永三年)       一通
第四十三括 「懺法経供養」((包紙))                 一包
 一、御八講雑記                             一冊
 三、禁中御懺法講御承仕用心条々(覚永写)((内題))          一冊
 六、後光厳院御中陰記後愚昧記抜(自応安七年正月至三月)         一冊
 八、独行目安亦云悲嘆声(天正八年八月覚永授)              一冊
 一二、
  ロ、「懺法経供養」((包紙))                   一包
 3、雪井の御のり御懺法講(後普光園院記康暦二正廿九)          一冊
 4、書状覚書等                             一包
   は、懺法作法如法(豪珍)                      一帖
 7、尊勝陀羅尼供養記(康永三年三月)                  一冊
 8、御経供養 元長卿記明応十年二水記永正十八年             一冊
第四十六括
 二、「行粧二巻」((包紙))                     一包
 ハ、南都一座証義勘例(万治三年七月廿日)                一巻
第四十七括
 五、「雑々」((包紙))                        一包
 イ、(享保十九年十二月東山天皇御経供養ニ関スル書状・請取・覚書等)
                                  十五点一括
  1、卯月五日園前中納言東岡少将宛                   一通
第四十九括 「日光雑々」((包紙))
 一、弘長二年五月十日五壇法記東二条院御料                一紙
第五十一括 「古キ分雑々」((包紙))
 一、御八講覚書((兼円所持))                     一帖
 二、禁八結座法則嘉楽門院第三回(延徳二年四月)             一帖
 三、嘉楽門院七回御忌御八講記抜書(明応三年二月)            一巻
 一三、証義(永享九年・同十年・大永四年)                一通
第五十六括 「如法経供養私記」((包紙))               一包
八、「万治行類」((包紙))                       一包
 イ、御八講記(抄出)(応永十二年・同三十二年・大永四年)        二通
 

                 (林幹彌・今泉淑夫・石上英一・永村真)


『東京大学史料編纂所報』第13号p.90