東京大学史料編纂所

HOME > 編纂・研究・公開 > 所報 > 『東京大学史料編纂所報』第13号(1978年)

彰考館史料調査

 昭和五十三年三月、水戸市見川一—一二一五—一水府明徳会(彰考館)所蔵史料の調査採訪を行った。
 同館所蔵史料の一部は、謄写本として本所に入架してあるが、未採訪史料も多く、悉皆調査を行う必要がある。今回はその第一回として、主として室町時代史料の調査・撮影を行った。採訪史料は次の通りである。  

一、季瓊日録(蔭凉軒日録)                      四冊
一、臥雲日件録                            二冊
一、公武相交記(和長卿記)                      一冊
一、凶事記・菅別記(和長卿記)                    一冊
一、公事根元                             一冊
一、政所方引付                            一冊
一、文安年中御番帳                          一冊
一、室町殿文明中番帳他                        一冊
一、将軍義政公大将拝賀記                       一冊
一、御元服記 文安二年                        一冊
一、親長伝奏書案                           一冊
一、除目寄合鈔                            一冊
一、詩纂 後花園院他                         二冊
一、八景詩歌 他                           一冊
一、歌合部類                             一冊
一、桂明抄                              一冊
一、玉津島法楽仮名題百首和歌他                    一冊
一、日吉社法楽百首続歌文明九年十二月十日               一冊
一、蜷川親元三十三回忌歌                       一冊
一、東山殿香合記邦高親王記                      一冊
一、内局柱礎抄                            一冊
一、世俗浅深秘抄他                          一冊

                         (小泉宜右・今泉淑夫)


『東京大学史料編纂所報』第13号p.73