東京大学史料編纂所

HOME > 編纂・研究・公開 > 所報 > 『東京大学史料編纂所報』第12号(1977年)

東京都立大学図書館水野家文書調査

 近世史料部第二室では、昭和五十一年度より、当室の史料蒐集計画の一環として東京都内の幕政史料の調査蒐集を開始した。その第一回の調査地として東京都立大学所蔵水野家文書を選び、同大学図書館において採訪を実施した。水野家文書は、浜松藩水野家に伝えられた文書で、水野忠邦・忠精の手記などを含み、天保改革・幕末外交史および山形藩政史の史料として貴重なものである。これらの中で、現在当室が編纂をおこなっている天保改革および市中取締関係史料や、政策決定過程における幕閣の動向を知る上で有効とみられる史料に焦点を絞って調査をした。その結果、昭和五十二年一月二十六・二十七日、五月九〜十一日の二回にわたって、水野忠邦日記(日簿類)一九五冊をマイクロ撮影した。なお、今度の調査撮影に際しては、同大学図書館桜井良二氏に御世話になり、謝意を表する次第である。  

 水野忠邦日記撮影目録
  日記   文政十一〜同十二年                 一四冊
  日記   文政十三年一〜十二月                一三冊
  東閣日簿 天保二年二〜十二月                 一一冊
  東閣日簿 天保三年一〜十二月                 一二冊
  東閣日簿 天保四年一〜十二月                 一二冊
  東閣日簿 天保五年一〜二月                  一二冊
  日簿目次 天保五年三月〜同十四年閏九月             一冊
  甲午日簿 天保五年三〜十二月                 一〇冊
  乙未日簿 天保六年一〜十二月                 一三冊
  丙申日簿 天保七年一〜十二月                 一二冊
  丁酉日簿 天保八年一〜十二月                 一二冊
  戊戌日簿 天保九年一〜十二月                 一三冊
  己亥日簿 天保十年一〜十二月                 一二冊
  庚子日簿 天保十一年一〜十二月                一二冊
  辛丑日簿 天保十二年一〜十二月                一五冊
  壬寅日簿 天保十三年一〜十二月                一二冊
  癸卯日簿 天保十四年一〜閏九月                一〇冊
  甲辰日簿 天保十五年六月〜弘化元年十二月            七冊
  乙巳日簿 弘化二年一〜二月                   二冊
                              以上一九五冊
                              

                         (長谷川成一・高沢実)


『東京大学史料編纂所報』第12号p.89