東京大学史料編纂所

HOME > 編纂・研究・公開 > 所報 > 『東京大学史料編纂所報』第12号(1977年)

正倉院文書調査

 昭和五十一年度の正倉院文書調査は、十月十八日(月)より二十三日(土)までの六日間、例年の如く奈良の正倉院事務所に出張し、その修理室に於て原本調査を行なった。次にその調査の一端を報告する。
 京都国立博物館の守屋コレクション中にある「造寺料物注文断簡(紙背ニ写経料紙充帳アリ)」一通は、すでに昭和十二年五月に旧国宝に指定され、『守屋孝蔵氏蒐集古経図録』にも図版が掲載され、また最近では『重要文化財』22、書跡・典籍・古文書Vにも収載されて、かなりよく知られた正倉院文書である(『大日本古文書』補遺の編纂当時は、本所に知られていなかったようで、同書には収められていない)。そしてこの「造寺料物注文断簡」が「造仏所作物帳」(天平六年に完成した興福寺西金堂の造営記録)の一部分であることも、すでにわれわれの知っている範囲でも、二三の人は気づいておられるようである。しかしこれを調査し、断簡の所属を考えて発表されたということをまだ聞かないので、この断簡と正倉院文書の原本との関連について、調査結果を紹介することにする。
 この断簡は、料紙斐紙まじり楮紙一紙、縦二八・二センチ、横五五・七センチで、「无礙菴」の蔵書印が紙面に捺されている。すなわちこれによって今泉雄作(一八五〇—一九三一)の旧蔵であったことが知られるが、その後、井上幾多郎を経て、守屋孝蔵(一八七五—一九五三)の手に移り、また昭和二十九年四月、京都国立博物館に同家より寄贈され、今日に至るのである。
 まず文書の文面を紹介すると次の通りである。現在は「造仏所作物帳」の方が表として成巻されているが、この造仏所作物帳は反故とされ、写経所に於て現在裏にある「常本充紙帳」が書かれたのであるから、造仏所作物帳が第一次文書で、
 ○造仏所作物帳(断簡) 京都国立博物館所蔵
  鈴六百五十六口
  緋〓三丈
  緋糸八両
  黄糸六両
  練糸七両
  生糸九両二分
  漆三升八合
  掃墨一升八合
  馬髪廿八斤
  楠二枝 各長二尺四寸径七寸盖宗木料
 ○常本充紙帳(断簡) 京都国立博物館所蔵
丈部子虫 七月廿二日充黄紙〓枚 (見用卅九枚)反 上一枚充林浄道 法花玄賛料 大床所充「*先給了」 九月廿九日酒主
自十六年閏月中受紙百廿七張 正用百廿六空一 勘人成 「*七月給」
○右ノ一行ハ文字ヲ黄抹シタル上ニ書ス、
十月十七日充白紙六枚 十九日充白紙廿枚 合受白紙廿六枚 正用九枚返上十七枚 已上順正論疏料
廿一日(八)充黄十九枚 廿七日黄廿枚 卅日返黄十九枚 合受黄紙卅八枚 正用十九枚返上十九枚 已上一切経要集料
十一月六日白廿枚 十二月一日白廿枚 五日白廿枚 合受白紙六十枚正用五十三返上七枚 已上楞伽経疏料 「*□□□□」
十日充白七枚 又(白)黄廿枚 十二日白廿枚——合白〓七 正用十三反上十四未給欠廿 四分律第五料
(白緑)「自十月十七日迄」(白緑抹)勘人成検人成(白緑)「給十二月」
呉原生人 六月十五日充黄紙一巻(大床所充)用法花玄第四巻料 見用十九返一張 此写残者便充大友小田次
 九月廿九日酒主「*先給」十六年二月中受紙五十二張正用五十一張空用一勘人成「*七月給」
 幢頭居鳳形二翼 各高三尺八寸並咋玉幡
  身以桐楠彫作塗漆抑金薄而塗金漆
  羽以銅裁作裏塗金表塗丹
  尾以銅裁作表塗金裏抑金薄   

 羽銅四枚 各長二尺広一尺二寸厚一分       料銅十八斤十一両
  塗練金小二両                 水銀小十二両
 尾銅二枚 各長二尺九寸広一尺八寸厚一分     料銅十三斤六両
  塗練金小三両二分三銖             水銀小一斤五両
 身并翼尾足等固料鉄廿七斤十二両
  胸背固鉄四隻 各長二尺広一寸厚二分      料鉄三斤二両
  足固鉄四隻 各長三尺広一寸厚六分       料鉄十九斤三両
  脛間横鉄二隻 各長六寸径八分         料鉄一斤十一両
  翼等固平釘一百十二隻 各長三寸        料鉄三斤十二両 
  

八月九日〓枚反八枚 十三日充廿枚返上十六枚 合受黄紙六十張 正用卅六張返上廿四張 已上花厳論料
十月六日充黄廿枚 十日黄廿枚又二枚 十七日黄廿枚 十九日黄〓枚 廿二日黄廿枚 廿四日黄五枚
廿五日黄廿枚 廿九日黄廿枚 合受黄紙百六十七枚 正用百五十五枚返上十二枚 已上一切経要集料
十一月廿三日白紙廿枚 廿八日白廿枚 廿九日充白十一枚 卅日白廿枚 十二月五日白廿枚
八七日白廿枚返上九枚 合受白紙百十一枚正用百二枚返九枚 已上入楞伽経疏料 「*給十二月」十日 充白紙廿枚
十五日白廿枚
(白緑)「自八月九日迄十二月十五日合受紙三百卅八枚 正用二百九十三返上〓五 十二月廿四日検人成」
夫理秋田 充黄紙八十七張 見用八十三空破一反三 已上宮法花摂釈料 大床所充「*先給了」 九月廿九日酒主
大石広万呂 六月十三日 充廿枚 大床所充法花玄料 九月廿九日酒主 「*先給了」
十六年二月中受紙五十九張 正用五十八張破空一 勘人成 「*七月給」 八月九日 廿枚反上八枚
合受紙廿張 正用十二返上八張 已上花厳論料 「*給十二月」九月三日 充白紙廿張
第二次文書である常本充紙帳の紙背文書というべきものである。
 造仏所作物帳については、すでに福山敏男氏に「奈良時代に於ける興福寺西金堂の造営」(『日本建築史の研究』所収)という論文がある。氏は、正倉院文書の正集四十五、続修三十二・三十三・三十四、続々修十一ノ一裏、二十八ノ四裏、三十二ノ五裏、三十五ノ三裏、塵芥二十六、蜂須賀候爵家旧蔵文書等に散在し、『大日本古文書』の一・七・十六・二十四の各冊に分れて収められている断簡を整理し、その復原案を示された。
 この復原案の検討は、正倉院文書の原本調査に従事する者の任務でもあるから、数年来その確認作業をわれわれはつづけて来た。しかしまだ全体をつくすには至っていないので、ここでは守屋コレクションの断簡に関連するものだけに限ることにする。
 福山氏は復原案の中で、蜂須賀家旧蔵の断簡(二十四ノ二九〜三四、原本は昭和四十年代に四つに分断されて弘文荘から売りに出された。そのうちの三片が書芸文化院・文化庁・中野荘次氏に購入された外は行方不明。本所影写本『蜂須賀候爵家文書』20オ〜24ウ)と、続々修三十五ノ三1裏(二十四ノ三四〜三五)が接続するとされた(前掲書一〇三〜一〇八ページ)。
 これを原本について検すると、蜂須賀家旧蔵断簡の最後の「塗練金小一両 水銀小五両二分」の一行は、ちょうどその中央で切断されていて、その残りの左側の部分は、正倉院文書、続々修三十五ノ三1裏の右端に残っている。両者が合致して完全な一行の文字になることにより、つき合わせによる接続が確認される。『大日本古文書』は同一頁に両断簡を並べているが、その接続には気づかなかったらしく、続々修の断簡の最初の行を「[ ]八十両二分」としている。これは蜂須賀家旧蔵断簡の最後の行の左側の部分で、合わせて一行となるものである。なお「端環八具」以下が二格下がりになっているが、これも一格下がりとして「塗練金小一両」と並ぶべきものである。
 また、これは後述のことに関連するが、両断簡の裏は「常本充紙帳」で、続々修三十五ノ三1(八ノ三八九〜三九〇、茨田久治万呂以下は「私本充紙帳」で、別のものが続々修の整理の際につながれたのである)と蜂須賀家旧蔵のもの(二十四ノ二一五〜二一九)は、同類のものである。
 さて、前置きが長くなったが、次に福山氏は接続した造仏所作物帳の後の欠失部分として八項(八行分)を推定された。これは断簡の最後の部分の書出しが「右件灌頂四具料」となっているため、前記の個々の道具の材料から推定が可能だったわけである。いまここに紹介しようとする守屋コレクションの断簡一紙は、まさに福山氏が推定したこの欠失部分に相当する。
 この断簡の右端は継目で切断されており、これは続々修三十五ノ三1裏の造仏所作物帳の左端が継目で切断されているのと合致するから、この両断簡は本来つき合わせで接続していたことがわかる。しかしこの後の欠失部分は不明である。
 次に「常本充紙帳」というのは、天平十五年五月、光明皇后願経(五月一日経)の継続事業としてはじめられた疏を写すために、料紙の配分を写経生ごとに記したものである。その紙背文書が正集の整理以来、はがしとられて分散し、もとの書名も明らかでないので、いま仮に「常本充紙帳」とよぶことにする。光明皇后願経内の疏の書写について、常写・常疏・常本等の名があることにもとづくのである。この充紙帳は形式が同じであるため、また「私本充紙帳(仮称)」とも整理の際に混合し、『大日本古文書』でも配列を誤っているが、その指摘は、ここでは紙数の関係上省略する。ただ両帳には白緑で字を書いたり消したりしたところが多く、これは他の文書にみられない特色であることを付記しておく。
 この充紙帳断簡は、丈部子虫・呉原生人・夫理秋田・大石広万呂の四人についての充紙を記したものである。早いものは天平十五年六月十三日から、最後は翌年十二月十五日で、その間の写経の出来高は十五年九月と十六年七月・十二月に集計されたようである。この充紙帳に関連する文書として、宮疏手実(八ノ二五八〜二六〇、十五年九月までの出来高)、写疏所解(二ノ三四三〜三四七、二十四ノ二三三〜二三八、十五年五月一日から九月二十九日までの出来高)、写一切経所解(二十四ノ二四五〜二四八と八ノ三七三〜三七五、同年十二月までの出来高と布施)、常本充紙帳(八ノ四一九〜四二七、十六年閏正月・二月中の充紙)、写疏所解(二ノ三六五〜三八七、同年八月一日から十二月十六日までの出来高と布施)があり、これらと内容が合致することにより、この充紙帳が常写に関するものであることが確認される。
 守屋コレクションの充紙帳と、前記続々修三十五ノ三1の充紙帳(八ノ三八九〜三九〇)は、第一次文書の造仏所作物帳の面で接続するだけでなく、両者はつき合わせで完全に合致する。このように表裏両面で接続するということは、充紙帳作成後に切断されたことを示しており、守屋コレクションの一紙が分れた時期は、明治時代、続々修整理の際ではなかったかと想像されるのである。
                (稲垣泰彦・皆川完一・岡田隆夫・石上英一)


『東京大学史料編纂所報』第12号p.114