東京大学史料編纂所

HOME > 編纂・研究・公開 > 所報 > 『東京大学史料編纂所報』第12号(1977年)

妙法院史料調査

 昭和五十一年九月六日より同月十日までの五日間、前年に引き続き京都市東山区の妙法院門跡の史料調査を行ない、左記の史料を撮影した。
   整理ノ符号ハ本所架蔵ノ『妙法院所蔵重書目録』(四一〇〇/六五/一〜一〇)ノ符号ニ准ジタ、併セテ参照サレタイ
第二十三ノ箱

三、(包紙)「元禄六年九月十日第五度」               一包
 8、四家流梨本                           一冊
 9、四家流双厳房                          一冊
 10、理趣院阿闍梨御伝南円                     一帖
 11、密印 合行川八印 南円                    一帖
 12、三家密印南円                         一帖
 13、三身讃印 川南円                       一帖
 14、密印 三身九尊南円                      一帖
 15、持明房大教南円大縁同本                    一帖
 16、法界 小流南円                        一帖
六、三昧院
 12、(包紙)「伝法許可三昧院」                 一包
  イ、蘇三四                            一帖
  ロ、無題 (附箋ニ、石泉流覚空アサリノ記也、トアリ)       一帖
  ハ、三昧流伝法許可私記                      一帖
  ニ、密印 川流青蓮院流                      一帖
 20、一紙偈三昧院                        一包
  イ、第六一紙偈印信文 三昧院                   一通
  ロ、第七一紙偈三昧院                       一通
七、
 2、(包紙)「許可 三通」                    一包
  ハ、許可密印後廟                         一通
 3、(包紙)「両界伝法 三通」                  一包
  イ、胎                              一通
  ロ、金                              一通
  ハ、両部大印等初金 後胎                     一通
 5、(包紙)「蘇悉地 二通」                    一包
  イ、蘇悉地印信川                         一通
  ロ、蘇悉地伝法密印                        一通
 7、(包紙)「秘密谷 双 穴 五通」               一包
  イ、秘密灌頂台                          一通
  ロ、秘密灌頂金                          一通
  ハ、秘密灌頂印信                         一通
  ニ、秘密灌頂次布字印真言                     一通
  ホ、瑜祇経灌頂相承次第                      一通
 8、(包紙)「別行経ニ」                     一包
  イ、別行経立印                          一通
  ロ、別行経乱脱四 但類聚本                    一通
 9、(包紙)「八字文殊」                     一包
  イ、八字文殊印信寂禅授与覚伝                   一通
  ロ、八字文殊真言一字文殊真言                   一通
  ハ、文殊八字真言文殊一字真言                   一通
  ニ、八字文殊密印                         一通
  ホ、添紙                             二通
 10、(包紙)「双身穴 二通」                  一包
  イ、双身許可印信                         一通
  ロ、双身密印                           一通
  番外、双身密印                          一通
八、「双身流 十二包 勝林院蔵」
 7、秘々                              一帖
 11、(包紙)「許可 東陽三通二帖 双厳流」           一包
  イ、許可密印東陽流                        一帖
  ロ、許可東陽流                          一帖
  ハ、胎蔵許可印信東陽 双                     一通
  ニ、金剛許可印信東陽 双                     一通
  ホ、蘇悉地許可印信東陽 双                    一通
 12、三家密印他                         一包
  イ、三家密印南円 双 谷伝                    一帖
  ロ、四家流双厳坊 花山景雲 谷                  一帖
  ハ、合行林 初金後胎辻一具也 双厳                一帖
  ニ、密印双極楽                          一帖
  ホ、密印極楽坊                          一帖
  ヘ、略許可作法清凉房 林                     一帖
一〇、
 3、(包紙)「谷合行 天保十年十二月十七日第七度」        一包
  ハ、最極秘密許可次第                       一通
  ホ、谷合行許可御伝受記                      一帖
一一、
 2、胎行次第                            二冊
 5、伝法汀聞書三・四・五                      三冊
巻三内題)「三宝院伝法灌頂聞書 応永廿四年丁酉六月比師主中性院法印聖ー」
第二十四ノ箱
九、当門勅会水丁勘例禁裏被上之留也                  一巻

  (内容)建暦元年四月四日尊性親王、貞応三年六月二十八日尊守親王、文永二年十二月十一日尊教大僧正、天文十年十一月二十日堯尊親王、元禄六年二月二十八日堯延親王、   

二一、
 2、(包紙)「堯尊親王入檀讃衆役付」               一包
  イ、天文十年十一月二十日讃衆交名                 一通
  ロ、三月二日天海書状写一身阿闍梨事云々              一通
  ハ、二月朔日御灌頂御祇祷料ノコト                 一通
第二十五ノ箱
二、(包紙)「某記法曼院 第四度 天保九年十一月二十一日」     一包
 1、某記許可略作法                         一帖
 2、胎許戒光                            一通
 3、金許戒光                            一通
 4、蘇許戒光                            一通
五、(包紙)「円陽戒光房伝受之(中略) 天保九年十一月二十一日 第五度」 一包
 4、理趣院阿闍梨御伝南円持明房伝                  一帖
 5、三家密印南円 谷伝                       一帖
 6、密印 合行八印 川南円                     一帖
 7、密印 三身九尊南円                       一帖
 8、三身讃印 川南円                        一帖
 9、法界 小流南円                         一帖
 10、持明房大教南円大縁同本                    一帖
第二十六ノ箱
三、播州清水寺縁起之写                        一冊
八、境内絵図間数書清水寺                       一冊
二〇、
 1、十一月日猪飼二郎兵衛書状 安藤右京進松平出雲守宛        一通
 2、寛永十一年閏七月日清水寺惣中注文制札下附ノ願          一通
 3、慶安元年二月二十四日朱印状写                  一通
 8、奉加帳類聚                           一巻
 

   (内容)貞応三年正月日皇后宮職庁下文案、正和五年四月二日持明院院宣案、正和五年四月日前将軍家令旨案、正和五年七月七日関東奉加状案、自貞治二年至同五年六波羅密寺奉加帳抜書、    

二六、清水寺領絵図                          一枚
二七、境内諸建物絵図(嘉永二年酉三月 備前勝利山光乗院)       一枚
第二十七ノ箱
五〇、
 14、和歌御会歌集                         四紙
 

    (内容)慶長十六年六月二十五日聖廟御法楽御当座、同年七月日月次御会、同年十月日月次御会、慶長十七年正月十九日御会始、

五五、灌頂供物方梨門御承仕記写之                   一冊
五六、導師用心曼供                          一冊
六六、(包紙)「座主職ニ付要書類」                 一括
 1、陣儀下行注文                          一通
   (端書)「天文十四卅日野町殿より座主宣下陣儀御下行注文也」 頭弁奉行 (尊鎮親王) (資将)
六七、(包紙)「〓状之留」                     一括
 1、天文十年八月阿闍梨前大僧正忠承〓状案              一通
 16、承範度々授与記(永和元年四月)                一巻
七六、布薩略作法残缺                         九紙
第三十一ノ箱
一、
 3、(包紙)「三昧(中略)享保十九年六月七日 第三度」      一包
  ヨ、持明房大教南円大縁同本                    一帖
 5、(包紙)「円陽(中略)戒光房伝受之」             一包
  ニ、理趣院阿闍梨御伝南円 持明房伝                一帖
  ホ、三家密印南円 谷伝                      一帖
  ヘ、密印 合行川八印 南円                    一帖
  ト、密印 三身九尊南印                      一帖
  チ、三身 讃印 川南円                      一帖
  ヌ、持明房大教南円大縁同本                    一帖
四、
 8、(包紙)「灌頂血脈」(五通最胤 天正十七年乗�授最胤親王ノ写) 一包
  イ、胎横川卅一代矣 合許                     一通
  ロ、金横川卅一代矣 合許                     一通
  ハ、胎川灌許通用 合灌                      一通
  ニ、金川灌許通用矣 合灌                     一通
  ホ、灌川ム 得仏記也                       一帖
  ヘ、密印川                            一帖
  ト、許可密印横川                         一帖
九、(包紙)「瑜祇式類」 
 5、(包紙)「十五算布字 受行々法 同啓白 理護摩観念 以心灌頂伝法支度 受者所々観念」 一包
  二、理護摩字道観                         一通
一五、
 1、智証大師筆蘇悉地印信写                     一通
 3、文政四年十一月十八日第八度印信                一包
  イ、胎蔵根本極密契                        一帖
  ホ、許密林                            一帖
第三十二ノ箱
一、灌頂書類
 5、(包紙)「仏眼法ー応僧正」                  一包
  イ、仏眼法啓白                          一帖
  ロ、仏眼法                            一帖
 6、四度灌頂類聚小坂蔵                       一帖
 

   (内容)権少僧都円守記 嘉暦四年七月二十三日某宮、灌頂ニツイテノ文書アリ 弘安三年三月二十四日尊勝寺灌頂記、伝法講衆用心、永徳三年八月十八日明承親王御灌頂記、至徳嘉慶年中四度加行、灌頂雑具記 暦応三年正、月十九日 貞応三年四月二十四日公賢灌頂私記長金、実円四度加行日記 自永徳元年、至同三年 覚永加行記 天文、六年 覚恵加行事亮誉同之 永禄二、年他 公厳四度之事 自天正三年、至同四年 伝法日記 自元仁二年正月二十九日至同年十月十五日・自嘉禄三年七月二十日至同年八月二十一日・自同年十一月二十八日至同年十二月二十二日 大原僧正御房御入壇事 寛元々年四、月二十一日    

 7、四度灌頂類聚(前書ト同本ニシテ裏文書アリ)           一帖
 9、(内包紙)「諸加持尊法授与真応」                一包
  ニ、根本印念誦次第等双                      一通
  ホ、双身                             一通
  チ、胎蔵根本極密契                        一帖
 10、(包紙)「胎金教授扣用 覚祐写」               一包
  イ、(無題)胎灌カ                        一巻
  ロ、(無題)金灌カ                        一巻
 14、伝法灌頂記上巻                        一冊
    (内容)仁平二年相実法印記、桂林院座主記、養和元年慈鎮和尚御記、寿永元年慈鎮和尚御記、
 19、灌頂護摩次第                         一紙
 23、瑜祇行用                           一包
  イ、(包紙)「瑜祇要用瑜祇談議」                 一包
   2、瑜祇口談義案円恕                      一冊
 24、印信等                            一包
  ホ、伝法藩頂勘例                         一通
 25、(包紙)「重座許」                      一包
  ニ、護加覚永                           一帖
  ヘ、伝受切紙                           一包
   1、天文十一年正月二十六日覚祐授小坂大僧都           一通
   2、天文十二年十月二十四日覚祐授覚永              一通
   3、天文十五年六月十八日忠承                  一通
 28、(包紙)「小密雑書入」                    一包
  ニ、天正十一年二月九日覚永示永暹切紙               一通
二、
 円板                                九枚
三、護摩加持類
 2、公家御修法目録                         一冊
   (内容)安鎮法、熾盛光法、大熾盛光法、七仏薬師法、如法延命法、准大法、東寺大法、三井大法等修法ノ濫觴、
 20、曼荼羅寺相論申文二通                     一冊
    (内容)承暦二年三月日阿闍梨伝灯大法師位範俊解状、同年七月十日範俊解状、
 22、曼荼羅供記 後花園院三十三回聖諱安禅寺 土御門町       一冊
    (内容)文亀二年十二月十九日後花園天皇三十三回忌曼荼羅供修行ノ記録、 
 28、護持僧結番等                         一括
  イ、明応五年護持僧結番                      一通
  ロ、御持僧之〓                          一巻
    (内容)弘治二年護持僧結番ヲ収ム、 
  ニ、護持僧記 尊応准后註進写一巻
  

    (内容)三寺護持僧三壇長日御修御本尊事 文亀二年正月二十九日、甘露寺元長写 貞治元年十月二十二日加任護持僧綸旨・同請文、永和二年六月二十一日加任護持僧綸旨、     

  ト、五加持作法 (奥書ノミ撮影)                 一巻
  リ、護持綱事 (包紙ノミ撮影)                  二通
  ル、天文十三年四月五日報恩院権大僧正宛右中弁晴秀奉綸旨      一通
  カ、天文二十一年護持僧結番写                   一通
  ヨ、永正十年護持僧結番                      一通
四、声明類梵字
 4、〓〓〓〓聞書(文安三年八月二十八日兼祐書写)          一冊
 5、修法要集上下                          一冊
   (上巻書出シ)「建長八年三月下旬奉従静林坊承之、即又於小山御庵宗奉之、  又後日随見及加抄之、」
   (奥書)「此抄者、行然法印作也、自筆本者康安年中盗人竊入文庫之時盗取之畢、無念々々、 教〓」
   (又奥書)「従□□院宮伝領之、覚任金剛記之、」 
 6、義釈第一搜決抄(応永二十年仲春堯仁親王書写)          一冊
 18、当流代々書籍〓 西山流附山門真言三流事 当流七重受法     一冊
 20、(包紙)「古書声明雑」                    一包
  イ、法華懺法目安(貞治元年十月書写施点)             一帖
  ロ、法華懺法目安呂                        一帖
  ハ、法用等                            一帖
  ニ、懺法                             一帖
  ホ、云何唄                            一帖
  ヘ、毀形唄                            一帖
  ト、薪句                             一紙
  チ、梵網経心地戒品唄                       一紙
  リ、回向                             二紙
  ヌ、乞戒偈                            一紙
  ル、灌中音聞書覚永                        一冊
  ヲ、短律聞書                           一冊
  ワ、独行聞書(天正八年八月上旬覚永書写)             一冊
  カ、錫状                             一帖
  ヨ、三部略長講山家作                       一冊
  タ、百字                             一紙
  レ、衆罪伽陀                           一紙
  ソ、三礼如来唄                          一紙
  ツ、甲念仏                            一紙
  ネ、略十方念仏                          一紙
  ナ、法華懺法断簡                         一括
  ラ、後十方念仏律                         一紙
  ム、始段唄                            一紙
  ウ、六種回向                           二紙
  ヰ、灌頂声明                           二冊
  ノ、声明断簡                           四紙
 22、(包紙)「帰命壇等教観印信十九通」              一包
  イ、常胤親王御血脈                        一通
  ホ、(包紙)「五箇印信堯恕」                   一包
   1、天台玄旨天台                        一通
   2、三句血脈                          一通
   3、一心三観慈恵                        一通
   4、一心三観且那                        一通
   5、鏡像円融口決                        一通
  ヘ、迷語四重口決                         一通
第三十六ノ箱
第一括(包紙)「覚永僧正印信」 
 一、灌頂印信二 帖密印一帖得仏記一帖                一包
  イ、胎灌桂                            一通
  ロ、金灌桂                            一通
  ハ、灌頂印信得仏                         一通
  ニ、灌頂密印桂                          一帖
    ○以上、天文十一年十月十五日
 二、天文十三年九月廿六日 第三度                  一包
  イ、胎井 極楽房                         一通
  ロ、金井 極楽房                         一通
  ハ、蘇井 極楽房                         一通
  ニ、胎三昧流 静縁房                       一通
  ホ、金三昧流 静縁房                       一通
  ヘ、蘇三昧流 静縁房                       一通
  ト、胎大教                            一通
  チ、金大教                            一通
  リ、蘇大教                            一通
  ヌ、胎双厳 極楽房                        一通
  ル、金双厳 極楽房                        一通
  ヲ、蘇双厳 極楽房                        一通
  フ、密印双 極楽                         一帖
  カ、密印極楽房                          一帖
  ヨ、持明房大教 南円大縁同本                   一帖
 三、天文十五年六月十八日 第六度                  六帖
  イ、略許可作法清凉房 林                     一帖
  ロ、許可作法教王房御抄 林                    一帖
  ハ、許教王房 林                         一帖
  ニ、略許可法式大縁房 林                     一帖
  ホ、略作法大縁法 林                       一帖
  ヘ、略許可法式 新林大縁房                    一帖
 四、天文十六年十月十八日、第七度                  三通
  イ、胎谷合行                           一通
  ロ、金谷合行                           一通
  ハ、蘇谷合行                           一通
第二括
 一、胎灌柱 暦応三年三月十日、亮性親王               一巻
 二、性守僧都印信応長元年七月廿七日                 一巻
 三、新宮堯延加行記元禄三年九月八日                 一巻
 四、東台并西河向等往復                       一巻
 五、南禅寺国師日光山にて廿八品和韻                 一巻
   ○寛永五年四月廿九日写
 六、弁局等文類                           一包
 七、魚山勧化状天正十六年二月日                   一巻
 八、勧進帳                             一包
   ○天正八年八月日
   ○天正十六年五月日
   ○同
 九、蘇悉地印信建武五年四月十五日、尊胤親王             一巻
 一〇、延文元年五月廿七日薄墨印信                  一通
 一一、
  イ、元享元年六月六日雅俊奉院宣                  一通
  ロ、観応三年七月廿七日尊氏御教書                 一通
  ハ、貞治四年九月八日斯波義高奉書                 一通
  ニ、至徳三年九月廿八日斯波義将奉書                一通
  ホ、応永三年四月廿二日同右                    一通
  ヘ、文明六年六月三日室町幕府奉行連署奉書             一通
第三括
  一、拾要集文永二年七日写                     二冊
  二、左記竹—文永二年七月写                    一冊
  三、断簡                             一冊
第四括(包紙)「享保十三歳四度加行所作并巻数等」 
 イ、十度                              一通
 ロ、十八道                             一通
 ハ、胎蔵界加行所作                         一包
 ニ、金剛界加行所作                         一包
 ホ、護摩加行所作                          一包
第五括(包紙)「法曼流之内川流等」                  一包
  ○秘密灌頂九帖并私記天正十年八月廿二日 宗誉
第六括(包紙)「穴太流」   
 一、別行経                             二通
 二、伝法灌頂                            三通
 三、穴太流四度伝受作法                       三冊
 四、許可                              三通
 五、合行                              二通
 六、八字文殊                            六通
 七、蘇悉地                             二通
 八、双身                              三通
 九、薄墨                              五通
 一〇、悉地惣許天保十年十二月十七日 第九度             三通
 一一、瑜祇灌頂印信                        一五通
第七括 寺解〓状等                         三三通
第八括 日吉社司位階之事等                      四通
第十一括
 一、
  イ、胎川 灌許通用○慶長六年二月廿四日              一通
  ロ、金川 灌許通用○同右                     一通
  ハ、灌川 得仏記                         一通
  ニ、合行川 合汀西                        一帖
 二、灌頂印信等                           一包
 三、許可印信等                           一包
 四、許可灌頂十度目録
  イ、山門毘沙門堂流                        一通
  ロ、金剛界許可伝教儀式                      一帖
 五、
  イ、相実和尚撰第五秘密行法記等                  一帖
  ロ、第五三昧耶秘密壇灌頂手文                   一通
 六、法曼流瑜祇灌頂印信密印智泉                   五通
 七、十五尊布字等                          一包
  イ、十五尊布字                          一通
  ハ、受者啓白                           一通
  ニ、理護摩                            一帖
  ホ、以心灌頂支度                         一通
  ヘ、受者所々観念                         一通
  チ、瑜祇灌頂取水作法                       一通
  リ、秘密行法私記                         一帖
  ヌ、灌頂己前渡遣六帖                       一通
  ル、瑜祇灌頂加行所作                       一通
  ヲ、金剛薩〓字道観                        一通
  ワ、灌頂道場壇図                         四枚
第十五括
 一、慶長十五年九月六日良範書状                   一通
 二、同日権僧正天海書状                       一通
 三、同日快舜書状                          一通
 四、同日権僧正豪海書状                       一通
 五、元禄十年十月日放請案文                     一通
 六、天文十二年分法華会回章留二品堯恭親王              一通
 七、天文十六年分法華会僧綱回章写                  一通
第十六括
 一、十度                              三通
  イ、天文六年四月十五日写 覚継
  ロ、慶安五年八月五日写 堯恕
  ハ、堯延十五歳
第十七括
 六、大師三通 天保九年八月四日初度                 三通
 八、灌頂印信                            一包
  イ、胎灌桂 寛永十一年三月廿一日                 一通
  ロ、金灌桂 寛永十一年三月廿日                  一通
  ハ、灌頂密印桂 寛永十一年三月廿二日               一帖
第十九括
 一四、十度永暹 永禄五年十一月廿九日                一通
 一五、寂場坊四度加行以下事寛正三年ー六年              一通
第二十二括
 四、常師第六度大永三年三月七日                   一包
  イ、密印桂林流 南円                       一帖
  ロ、許円陽、南円先授之                      一帖
  ハ、許円陽、南円後広授之 大原三部                一帖
 五、法曼院瑜祇灌頂印信密印智泉                   一包
  イ、瑜祠経秘印                          一通
  ロ、瑜祇経灌頂秘印第二重                     一通
  ハ、同右第三重                          一通
  ニ、瑜祇灌頂口決                         一通
  ホ、瑜祇卅七尊金剛夜叉降三世口決                 一通
 八、灌頂加行所作                          一通
 一一、灌頂印信
  イ、灌頂印信得仏 嘉吉三年二月二日                一通
  ロ、灌頂密印桂                          一帖
 一二、
  ハ、大師三通 ○永正十八年五月廿一日トアル包紙ノミ初度
 一三、所作表白等                          一括
  ロ、以心灌頂受行々法啓白元和四年卯月七日
  ホ、持明房大教 南円大縁同本 ○表紙ノミ             一通
   ○「文永九年十一月十五日伝受」ノ文言アリ、
   ○同裏表紙ニ「次願以此等云々、件密印持明法橋流、大永元年十一月十五日、伝受之、覚胤」トアリ、
 一四、第八度                            一包
  イ、胎蔵根本極密契                        一帖
  ロ、合行灌頂印信得仏記 寛正五年二月十日             一通
  ニ、初金後胎辻 文亀元年十一月五日永享五年九月十一日       一通
  ホ、悉地教誡 同 右
  ヘ、合行三河                           一通
  ト、合行賀登 文亀元年十一月五日永享五年九月十一日        一通
第二十三括
 二、法曼院瑜祇灌頂印信密印 智泉授与教全
  ニ、瑜祇卅七尊金剛夜又降三世口決                 一通
 三、略作法等                            一包
  イ、略許可作法清凉房伝 林                    一帖
  ロ、略作法大縁房林                        一帖
  ハ、許教王房林                          一帖
  ホ、略許可法式大縁房林                      一帖
  ヘ、伝法密印清凉房                        一帖
  ト、許可作法教王房御抄林                     一帖
  チ、略許可法式 新林大縁房                    一帖
 八、谷双穴 秘密                          五通
  イ、秘密灌頂台 慶長十二年十月十一日               一通
  ロ、同右金 建武三年二月五日                   一通
  ハ、秘譜                             一通
  ニ、十五秘密灌頂布字印真言建武三年二月一日            一通
  ホ、八秘密灌頂印信所建武三年二月五日               一通
第二十四括(包紙)「十度印信私記」 
 1、大師三通初度                          一帖
 2、密印梨本流
   許可東陽流
   許可密印東陽流
   (以上一帖)
 3、密印極楽房
   密印大教
   三昧許可広中略
   密印双 極楽
   (以上一帖)
 4、某記四度                            一帖
 5、法界小流
   持明大教南円大縁同本
   密印 三身南円 九尊
   三身讃印 川南円
   密印 合行八印 川南円
   理趣院阿闍梨御伝南円
   三家密印南円
   (以上一帖)
 6、略作法大縁房 林六度
   略許可法式 新 林大縁房
   許教王房 林
   三身印明
   略許可法式
   略許可作法 清凉房伝林
   伝法密印清凉房
   (以上一帖)
 7、伝法密印 七度                         一帖
 8、胎蔵根本極密契一巻 八度
   六月成就法
   合行相承次第
   許密林
   初金後胎辻
   合行三 河
   合行賀登
   (以上一帖)
 9、最極秘密許可次第 又号惣許可大原流 九度            一帖
第二十五括(包紙)「谷流十三」 
 2、(包紙)「谷秘々」                       一帖
 7、(包紙)「谷許可」                       一包
  イ、略許可作法清凉房 林                     一冊
  ロ、蘇三四 良祐私云明靖御密印内也 某              一冊
 10、(包紙)「谷秘密」                      一包
  イ、秘密灌頂相承谷                        一通
  ロ、秘密灌頂密印                         一通
  ハ、秘密灌頂布字真言                       一通
 12、(包紙)「谷 四家」                     一包
  イ、四家流梨本                          一冊
  ロ、胎蔵密印 三昧良祐私云谷御密印之内也             一冊
  ハ、金剛密印ム甲                         一冊
第二十六括
 3、(包紙)「某記 法曼院第四度」                 一包
  イ、某記                             一冊
 4、「(包紙)略作法大縁房(以下略)」 
  ロ、略許可作法清凉房 林
    許可作法教王房御抄 林
    (以上一冊)
  ハ、略作法大縁房 林
    略許可法式 新林大縁房
    三身印明法性房御流
    真実経三身印明法性御房
    略許可法式大縁房 林
    (以上一冊)
 5、(包紙)「胎蔵根本極密契一巻(下略)」 
  イ、胎蔵根本極密契
    六月成就法
    合行林 初金後胎辻 一具也
    (以上一冊)
  ロ、許密林                            一冊
  ハ、合行林初金後胎辻一具也                    一冊
 6、(包紙)「第五元禄七年正月廿二日第十度」 
  ハ、相実和尚親撰 第五秘密行法記第五秘密灌頂記          一帖
 8、(包紙)「胎蔵根本極密契 一巻(下略)」 
  ロ、胎蔵根本極密契                        一帖
  二、許密林                            一帖
第二十九括 (包紙)「西山流七通」 
 1、(包紙)「両部灌頂三通」 
  ハ、両部大印初金後胎双 穴                    一通
 3、(包紙)「蘇悉地五通」 
  ニ、蘇悉地連署状山王院御起請                   一通
 4、(包紙)「許可 三通」 
  ハ、許可密印双穴                         一通
 7、(包紙)「別行経 二通」 
  イ、別行経立印                          一通
  ロ、別行経四真言                         一通
第三十括
 1、(包紙)「大師三通初度」                    一包
  イ、三種悉地付法印信根本大師 堯恕授与堯什            一通
  ロ、附属文書                           一通
 3、(包紙)「大原 許可印信三通 密印一通作法広略三帖」 
  ヘ、許先授                            一帖
 4、(包紙)「大原三部許可石泉 谷伝」 
  イ、許教王房 林                         一帖
  ロ、略許可作法清凉房 林                     一帖
第三十一括(包紙)「天正十一年日吉神体雕刻勧修寺殿等大仏師令旨写 真享度令旨等」 一包
第三十三括(包紙)「印信七通定海」 
 1、(包紙)「伝授印文金剛資定海」               二通一包
 2、(包紙)「秘密印信 金剛資定海」            二十三通一包
 3、(包紙)「諸深秘法第三廿八通定海」            二十通一包
 4、(包紙)「第五離作業印信 八通定海」            八通一包
 5、(包紙)「第八薄墨建仁寺 定海」                一包
  イ、自行私記                           一帖
  ロ、口決西林寺                          一通
  ハ、付嘱                             二通
  ニ、彼法口決                           一通
  ホ、胎蔵根本極密契                        一帖
  ヘ、胎金両部最深秘印                       一通
 6、(包紙)「瑜祇印信 東福寺 安養寺金剛資定海」       八通一包
 7、(包紙)「一智秘印信 十通定海 東福寺」 
  イ、八五布口決                          一帖
  ロ、秘密行法私記                         一帖
  ハ、秘密壇秘法                          三通
    (他五通)
第三十六括(包紙)「古キ脈譜類」                   一包
 1、相承次第加行作法等雑集                     一巻
第三十八括(包紙)「古キ脈譜類」                   一包
 1、胎蔵界印信                           一通
 2、金剛界印信                           一通
 3、蘇悉地印信                           一通
第三十九括(包紙)「日東部類記也」                  一包
 1、元和三年三月廿四日坪内伊豆請取状                一通
第四十二括
 1、(包紙)「梨本東陽元禄六年六月七日 第二度」          一包
  ヘ、許可密印                           一帖
第四十三括
 1、(包紙)「石泉流」                       一包
  イ、許可印信 勝林院悉地                     一通
  ロ、持明許可                           一帖
  ホ、許可台金蘇石泉流相承                     一通
戊ノ箱 古写聖教類

七、大般若波羅密多経巻第百九十九(貞観十三年三月三日檀主前上野大目従六位下安倍朝臣小水麿)(巻首及ビ奥書ノミ撮影) 一巻
  (巻第四百五十二・巻第四百八十四・巻第五百九十三等僚巻有リ、『平安遺文』題跋編五一号参看)   

八、法華経二十八品和歌(正平五年カ)                 一巻
一五、尊性親王伝法御日記(自元仁三年正月二十九日至嘉禄三年十一月二十二日) 一冊
一六、尊守親王御筆諸尊集下                      一帖
一七、蘇悉地儀軌下 (文和四年十月二十八日亮性伝受)         一帖
一八、十八契儀軌                           一帖
   (奥朱書)「康平六年十二月廿日於楽音房授了 定慶」 
   (奥墨書)「承元三〓七月日□綾小路房奉読了 公〓」 〔於カ〕
一九、文殊五字儀軌                          一帖
   (奥朱書)「永承二年八月六日於述奉読了」 
   (奥又朱書)「元永三年正月八日点進了季仁」 
   (奥墨書)「承元四〓九月九日於綾小路房奉読畢 尊性」 
二〇、堯仁親王伝法御日記(自応永二十七年十一月十五日至同三十三年九月二十三日) 一冊
二八、法華経四要品四巻、同勧持品 紺紙金泥 一巻(勧持品ノ巻首及ビ奥書ノミ撮影) 五巻
二九、十巻抄(表紙・巻首及ビ奥書ノミ撮影)              十帖
三一、妙法蓮華経八香印儀軌略抄(巻首及ビ奥書ノミ撮影)        一巻
三五、六道講式                            一巻
三六、灌頂記                           四巻一箱
 1、三摩耶戒(貞治三年三月書写)(巻首及ビ奥書ノミ撮影)      一巻
 2、胎灌記(巻首及ビ奥書ノミ撮影)                 一巻
 4、合灌記(巻首及ビ奥書ノミ撮影)                 一巻
三七、竪義灌頂次第                          一巻
四〇、(箱書)「印信血脈仙海」                    一箱
 1、明応三年四月晦日賢尊示不断行法印信               一通
 2、天文十一年二月二十三日覚祐伝授切紙               一通
 3、天正六年卯月十三日良承示密灌印信                一通
 4、同上薄墨印信                          一通
 5、慶長七年卯月八日雄盛許可印信                  一通
 6、寛文十一年八月二十二日空心授与片供相承次第           一通
 7、同上片供相伝誓規                        一通
 8、鎮将夜叉秘法等観兼空                      一帖
 9、作法書                           四通一括
 10、山王記断簡                          一紙
四一、長音供養文(元享四年五月十二日教正書写)            三紙
四三、灌頂記(巻首及ビ奥書ノミ撮影)               五巻一箱
己ノ箱 古文書

六、宝幢院検校職相承次第 恵亮—常胤 恵光院相承次第 覚運—性守 寂場院相承次第 慈恵—性守 常住金剛院相承次第 俊円—亮性 康楽寺相承次第 慈鎮—尊敬 一巻

四六、九月十一日足利義政御教書妙法院宛                一通
四七、九月二十六日足利義政御教書寂場院法印宛             一通
四九、明応七年九月五日後土御門天皇女房奉書ちみやうゐんの三位宛    一通
一二四、嘉永四年二月六日仁孝天皇六回聖忌諷誦文            一通
    同上願文                           一通
一二五、
 イ、明暦二年八月二十日後光明天皇三回聖忌諷誦文           一通
   同上願文                            一通
 ロ、元禄五年八月十九日後水尾天皇十三回聖忌願文           一通
 ハ、享保五年十二月十七日東山天皇十三回聖忌諷誦文          一通
   同上願文                            一通
 ニ、享保九年十二月十七日東山天皇十六回聖忌諷誦文          一通
   同上願文                            一通
 ホ、享保十四年八月十九日後水尾天皇五十回聖忌諷誦文案        一通
   同上願文案                           一通
 ヘ、嘉永七年二月六日仁孝天皇九回聖忌諷誦文             一通
   同上願文                            一通
一四一、天正十二年七月日羽柴筑前守制札                一通
    同写                             一通
一五〇、元和五年二月七日園若狭守広遠外二人連署目録          一冊
一五一、元和五年卯月十五日板倉伊賀守勝重消息妙法院門跡雑掌宛     一通
一五二、七月二十二日愛宕山年行事伊円消息板倉伊賀宛          一通
一五三、七月二十日板倉伊賀守勝重消息松井休也 同左京宛        一通
一五四、女房奉書豊国社石灯籠ノコト                  一通
一五五、二月六日速水某消息久世老宛                  一通
一五六、後陽成天皇宸翰禁中女中衆之覚(慶長十年卯月一日)       一通
一五七、前田玄以書状                         一包
 1、五月八日昨日途中より申上候云々                 一通
 2、九日十三日今度桜町科人跡職御本所分御院領ニ付而云々       一通
 3、十月二十五日局ニ御下通大尤存候云々               一通
 4、十一月二日御里坊之家之儀勧修寺殿ヘ云々             一通
 5、十六日銀子三十枚請取云々                    一通
一五八、応永二十二年十二月二十三日足利義持御教書日厳院僧正宛     一通
一五九、応永二十八年八月九日斯波義淳遵行状甲斐八郎宛         一通
一八六、園基香書状坊官宛                     十通一巻
一八七、園基香書状坊官宛                     七通一巻
一九四、極札添状等                          一箱
 1、目録
  イ、極札添状覚                          一冊
  ロ、名画墨跡極札添状之留
 2、極札添状等                          十五包
目録外、寺家菩薩戒略作法
    (奥書)「建仁元年四月与証真僧都相共令草之為用明日受戒七日出無動寺大乗院書之了
           金剛仏子天台座主」 
           

                      (林幹弥・今泉淑夫・石上英一)


『東京大学史料編纂所報』第12号p.102