東京大学史料編纂所

HOME > 編纂・研究・公開 > 所報 > 『東京大学史料編纂所報』第12号(1977年)

前橋市立図書館所蔵松平家史料調査

 一九七六年十一月十一、十二の両日、前橋市立図書館において、前橋藩松平家史料の調査をおこなった。史料の全体は、七五年三月に同館が発行した「前橋藩松平家記録総目録」によって知ることができる。総点数は約四〇〇、元禄十一年から明治二年までの「記録」、天保四年から明治十年までの「日帳」が、その主たるものである。今回は幕末期を中心に各史料の性格を検討した。番号は目録の番号である。
1〜273 記録 元禄十一年〜明治二年              二七三冊
  幕末期においては、江戸・川越・前橋・相州の四種がある。(この分類に含まれない 178・200・259 については後述。)
・江戸
  江戸藩邸の御用部屋日記。川越や相州からの書状を留め、藩主の動静、藩士の進退を記している。
・川越
  川越城御用部屋日記。江戸藩邸からの書状を留めている。
・前橋
  川越藩前橋陣屋御用日記。主として、江戸、川越からの書状を留めている。
 数年分で一冊となっている。
・相州
  川越藩が相州警備を担当した時期のもので、天保十四年、弘化三〜嘉永六年の各年のものがある。浦賀奉行からの達、江戸藩邸からの書状などをはじめ、相州預地支配に関する史料を多く留めている。なお、嘉永六年の記録(229)は、「川越藩相模警衛記録」として本所に謄写本がある。
178 御所替 別記録 天保十一年 川越               一冊
  原表紙には「天保十一庚子年十月より出羽国府内 江 御所替并御沙汰止覃弐万石御加増 別記録 川越」とあり、いわゆる三方領知替に関する天保十一年十月廿九日から同十五年二月廿六日までの記録である。
200 異国船渡来別記録 弘化二年 相州               一冊
  原表紙には「弘化二乙巳年ヨリ異国船渡来御人数出 別記録 相州」とあり、弘化二年二月十八日から嘉永二年十一月廿七日までの川越藩相州警備記録である。
259 御築城別記録 文久二年 前橋                 一冊
  文久二年十二月廿二日から慶応二年四月廿二日までの前橋城築城記録である。川越より前橋に居城を移すため、破却され陣屋となっていた前橋城を再築した際の記録。幕末期の築城記録として注目される。
275 雑史料
  松平家の文庫目録。壱番経書詩文書、弐番御書物類、三番雑書、四番雑書に分類され、それぞれ、朱「○」印、朱筆「イロハ」点、朱筆「道春点」、墨「合」印、墨「△」印、墨書註(例、熊本〓藩中詩作、河口三八識、石川丈山詩集、広沢作書法之本)、その他朱・墨にて訂正・抹消等あり。
278 御用留 弘化二年〜同四年                  四冊一綴
 1 原表紙に「弘化二乙巳年十一月より 弘化三丙午年正月より 弘化四未年御歩行頭御用留 江府多賀谷性」とあり、江戸藩邸御歩行頭多賀谷氏の御用留である。弘化五年十月廿二日まで記す。
 2 原表紙に「年中御取扱調 御変革ニ付是迄之御取扱御省略相成候ニ付文久三年亥年正月より御改之 奏者番」とあり、文久三年の藩政改革の一環としての諸節供その他の献上物省略規定である。
 3 原表紙に「御帰藩御願より御発駕迄下調」とあり、明治初年前橋藩知事の帰藩手続を記したもの。
 4 原表紙に「於川越御意振并披露方写 奏者番」とあり、吉凶、家督、番入、役付、参勤、町在寺社、武術稽古、学問、出火、武具虫干等に当って藩主より奏者番に伝えられた御意を留めたもの。
279 御用留 安政二年                       一冊
  原表紙に「安政[ ]自正月 御用留 千本榎御附」とあり。御側日記。藩主の起居の記事のみ記す。
286 興国院様御葬式帳 嘉永二年                  一冊
  原表紙に「嘉永三庚戌年 興国院様御葬式帳」とあるので、嘉永二年は三年の誤。正月十八日江戸表より藩主斎典の病気重篤の報が川越に到来してから、同二十日逝去、二十四日江戸発棺、二十五日川越岸村長田寺休棺、二十六日孝顕寺着棺、葬儀、二十九日孝顕寺発棺、仙波御廟所葬穴、以下葬儀・法事の次第を記し、同年十二月十八日喜多院に御廟所借受墓料年米三拾俵寄附の筈の所、先例に従い金弐百両寄附の旨の記事に及ぶ。插入文書二通あり。
 1 明治十五年四月廿四日松平直方蔵版日本外史偽版告訴状控
 2 明治十六年五月十五日より十九年十二月十五日まで日本外史発売部数並代金覚
294 御家中凶事寄 従天保七年至元治二年              一冊
  家中の出奔、役儀召放、遠慮、慎、隠居、差扣、乱心押込、御叱、下格、入番等の処罰記録。嘉永七年四月以降高輪陣屋出陣中の不始末の咎、京都出張中の不始末の咎が注目される。但し家中以外の百姓の例も散見される。
297 御家中善事寄 文久三年                    一冊
 文久三年から元治元年までの家中の出勤精励、出精稽古、炮術出精、家業出精や、諸吉例に際しての褒美の米・金銀銭・麻上下・三所物・鼻紙・苗字等の賜与を留めたもの。とくに築城の功績、滞京中の骨折、水戸脱藩浪徒警戒の出陣志願等への褒美が注目される。  

300 諸事覚 従天明二年至文化十四年                一冊
  294と同様の内容。表題は「御家中凶事寄」とすべきもの。
301 給帳 天保四年                        一冊
  原表紙に「天保四癸 巳給帳」とあり。家中分限帳である。
302 給帳 嘉永五年                        一冊
  原表紙に「嘉永五壬 子給帳」とあり。家中分限帳。
303 記録 慶応三年                        一冊
  側役の記録で藩主の身辺のことだけを記したもの。他の記録とは性格を異にする。
304 下記録 内局 明治元年                    一冊

  冒頭に「九月廿六日 今日より内外局相分れ候事」とある。305の外局の下記録との関連で考えると、この時、御用部屋が内局と外局とに分かれ、領内のことは内局、家中に関することは外局で扱うことになったものと思われる。この内局の下記録には、明治元年九月から十二月にかけての時期の、新政府の通達、町奉行・郡奉行への示達、勘定奉行・郡奉行からの伺書とそれに対する指示などが記されている。   

305 下記録 外局 明治元年十二月                 一冊
  新政府からの達と、家中の任免、家中への具体的指示事項などを留めている。
306 下記録 外局 明治元年十一月                 一冊
  目録では「記録」とだけ記してあるが、この表題が正しい。
307 記録 明治四年                        一冊
  明治三年九月三日から同四年七月廿二日までの、太政官、諸省、他藩からの布告、触達、用状、廻章の留帳。
308 記録稿 明治四年                       一冊
  原表紙に「明治四辛未年正月二日 記録稿」とあり。藩政庁御用留。
309 記録 明治四年 松山                     一冊

  表題は「来御用状留 一」とすべきもの。前半は、前橋ないし東京藩邸の施政司、参政、大参事、権大参事、少参事等から武州松山の陣屋詰の参政、権大参事、権少参事等にあてた用状を留めたもの、後半は前橋藩庁ないし県庁、あるいは東京前橋藩邸ないし東京前橋県出張所から、松山前橋藩支庁ないし松山前橋県出張所にあてた用状を留めたものである。明治二年から四年までのものを収載。
319 来御用状留 明治四年七月〜五年四月 松山           一冊
  目録では年代が明治三年となっているが、右記が正しい。309に続くもので、前橋県東京出張所から松山出張所へ送られた用状を松山で留めたもの。
320〜376 日帳 天保四年〜明治十年              五七冊
  江戸藩邸の御用部屋日記と思われる。幕府関係、諸大名との関係が主として留められており、松平家に密接した事柄以外の藩政に関する記事は簡略。   

377〜388 日記 天保二年〜明治十年              一二冊
  江戸表御祐筆間の日記。藩主の動静を中心に簡略に記す。
389 御用日記 嘉永四年                      一冊
  賄方の日記である。
392 御吉事諸調帖                         一冊
  明治五年元日から十二月二日に至る松平家の諸吉事を留めたもの。
395〜397 朝夕申継帳 文久二、三年、慶応二年          三冊

  御側衆の申継帳。藩主の起居、御側衆の進退等につき当番の間で申継いだもの。当番は毎日交替。朝夕の当番と昼の当番と二名。   

398 奏者番詰処張帋之控 慶応二年                 一冊
  目録には誤記があり、この表題が正しい。
399 (無題)                           一冊

  御膳番御役前所置方大概三拾箇条、物頭御役前之所置方大概百七箇条、御使番御役前所置方八拾五箇条、御目付御役前之所置方百拾八箇条、組頭御役前之所置方大概六拾五箇条、番頭御役前所置方并御取扱之振合大概六拾六箇条の合綴。以上の各役職の沿革、旧例、職務規定を記したもので、幕末期のもの。   

400 来翰留 明治四年                       一冊
  目録では右のようになっているが、実際は次の三点の合綴。
・来翰留 明治四年正月 御家扶
  御家扶から御附中へ宛てた書状の留で、藩主の動静が中心。
・早川某口上覚 午二月
  野州都賀郡高橋村円藤庵の件を記す。
・雑記録
  相州表異国船渡来の際の人数派遣の記録。
401 新古書留控 安政五年〜慶応二年                一冊

  将軍継嗣決定、将軍御不例、和宮降嫁、大名の老中就任、主上崩御などの際、松平家が幕府へ差出した諸書式を留めている。   

402 殿中日記 元禄五年                      一冊

  同年正月から三月にかけての江戸城内諸行事の記録。
                          (山口啓二・小野正雄)


『東京大学史料編纂所報』第12号p.86