東京大学史料編纂所

HOME > 編纂・研究・公開 > 研究紀要 > 東京大学史料編纂所研究紀要第20号(2010年)

研究紀要

東京大学史料編纂所研究紀要第20号(2010年) 

標題
著者名
掲載ページ
<研究報告>

高山寺の明恵集団と宋人
大塚紀弘
1
将軍が笙を学ぶということ―南北朝・室町時代の足利将軍家と笙の権威化―
三島暁子
22
一六世紀後半京都における貨幣の使用状況―『兼見卿記』の分析から―
川戸貴史
40
近世持明院流入木道に見る公家家職―その成立と「秘伝」の伝播―
西村慎太郎
59
田沼時代興利策の残影―甲府勤番堀内粂之丞氏有の鉱山開発を事例として―
山本英貴
71
「兼宣公記」応永二十九年記の錯簡について
榎原雅治
89
<史料紹介>

綱光公記―文安三年・四年暦記―
遠藤珠紀・須田牧子・田中奈保・桃崎有一郎
99
東京大学史料編纂所所蔵影写本「兼右卿記」(下)
村井祐樹
112
「宗家判物写」所載文書編年目録稿
渡邉正男
<1>
<研究集会報告>日本関係清代档案をめぐる国際研究集会報告

文化遺産の応急的保護と清史編纂プロジェクト
鄒愛蓮
138
<研究集会報告>日露関係史料をめぐる国際研究集会報告

サハリン・アイヌ交易帳簿の「発見」と共同プロジェクト
保谷徹
149
サンクトペテルブルグ東洋古籍文献研究所(旧東洋学研究所)所蔵の交易帳簿について
ワジム・クリモフ
151
幕末蝦夷地の経営帳簿「土人勘定差引帳」
東俊佑
155
帳簿の概要とアイヌ交易研究
谷本晃久
161
十九世紀末朝鮮における露日両国の帝国権益対立の歴史―ロシア国立海軍文書館所蔵史料より―
V・S・ソボレフ
170
十九世紀後半から二十世紀初頭の露日貿易と経済関係
A・P・ソコロフ
133
<研究集会報告>日露関係史料をめぐる国際研究集会パート2報告

文久遣欧使節団に対するロシアの外交的準備について
ワジム・クリモフ
194
アポリナリー・ニコラエヴィチ・ヴァスクレセンスキーと日本におけるその活動
M・E・マレヴィンスカヤ
202
ヤルトロフスク市保存フォンド保管センターから返還されたロシア国立海軍文書館所蔵文書の概要
S・B・チェルニャフスキー
207