東京大学史料編纂所

HOME > 編纂・研究・公開 > 研究紀要 > 東京大学史料編纂所研究紀要第15号(2005年)

研究紀要

東京大学史料編纂所研究紀要第15号(2005年) 

標題
著者名
掲載ページ
<口絵>

薩摩藩奥女中文書(東京大学史料編纂所所蔵)

i
<研究報告>

『聖徳太子伝暦』にみえる中国観
榊原、小葉子
1-10
源俊房とその第宅 : 「土御門」と「堀川」
土岐、陽美
11-32
熊谷直実の出家と往生とに関する史料について : 『吾妻鏡』史料批判の一事例
林、譲
33-54
鎌倉期の長門国守護と「長門国守護職次第」
秋山、哲雄
55-74
日本関係マカオ史料にみる寛永十一年のパウロ・ドス・サントス事件
岡、美穂子
75-94
諸大名からみた柳沢吉保の政治権力 : 柳沢家家老藪田重守宛書状から
福留、真紀
95-112
幕府大奥と薩摩藩奥の交際について : 「薩摩藩奥女中文書」の考察
山本、博文
113-132
明治~昭和初期における島津家の編纂事業
川島、慶子
113-132
<史料紹介>

「東大寺山堺四至図」の模写とその系統
新井、重行
147-158
安楽寿院と高倉家 : 東京大学史料編纂所所蔵「安楽寿院文書」の紹介
野口、華世
159-176
<研究集会報告>

ロシア国立歴史文書館所蔵フォンド内日本史及び日露関係史史料
ソコロフ、A.R.
177-188
ポサドニック号事件について : ロシア海軍文書館所蔵Ф410O2д2385を手掛かりに
麓、慎一
189-197