東京大学史料編纂所

HOME > 編纂・研究・公開 > 研究紀要 > 東京大学史料編纂所研究紀要第2号(1991年)

研究紀要

東京大学史料編纂所研究紀要第2号(1991年) 

標題
著者名
掲載ページ
<口絵>






<研究報告>

牛玉の折り目 : 本所所蔵・土阿起請文料紙、赤崎宮牛玉宝印の検討
千々和、到
1-10
『イエズス会日本書翰集』とポルトガル語書翰集について
五野井、隆史
11-23
十七世紀中葉連合東インド会社の対日交渉と情報伝達網(第一部) : 総督訓令と長崎商館日記をめぐって
加藤、栄一
24-42
近世初期の老中発給文書と月番制
山本、博文
43-58
寛延三年の「官位御定」をめぐって
橋本、政宣
59-88
明治初期の正倉院文書の整理
西、洋子
89-115
<史料紹介>

本所所蔵「姉小路宮初度御院参記等」(『門葉記』のうち)について
山家、浩樹
116-118
「理斎旅日記」「理斎日新録」と著者志賀理斎について
鈴木、圭吾
119-122
「宗家史料」の整理と公開について

123-124
<史料保存技術室報告>

影写と筆 : よりよい影写本を残すために
斎藤、治朗
125-131
出島図および尾張国安食荘絵図模写記録
村岡、ゆかり
132-135
<科学研究費による研究の報告>

遊行上人自筆史料の網羅的蒐集とその基礎的研究
林、譲
136