《春日宮曼荼羅・社寺曼荼羅 カラー図版掲載主要図録》


※春日宮曼荼羅の図版は、奈良国立博物館監修『垂迹美術』(角川書店、1964年)、京都国立博物館監修『神道美術』(角川書店、1976年)、景山春樹編『日本の美術18 神道美術』(至文堂、1967年)、関口正之編『日本の美術247 垂迹画』(至文堂、1989年)が基本書となる。これらと美術全集については割愛し、近年刊行の図録を中心に、カラーで掲載する主要な図録の掲載作品を目録にした。本目録は作品リストではなく、公刊された図版の所在を確認できていない作品は掲出しない。また他出する作品のみが掲載されている図録は網羅しない。Mはモノクロ図版。 (2009年10月公開、2018年4月最終更新)


戻る