東京大学史料編纂所

図書室のご案内

史料編纂所図書室では、一般の歴史関係図書のほか、影写・模写・写真撮影等の方法によって蒐集した日本国内外の史料を所蔵し、公開しています。 また、参考室に設置されたコンピュータ端末からは、史料編纂所所蔵の史料や編纂した史料集に関わるデータベース等の利用ができます。

図書閲覧室
史料編纂所3階312号室
TEL: 03-5841-5962 (ダイヤルイン)
FAX: 03-5800-3901

開室時間
9:30〜16:30(月曜日〜金曜日、詳しくはここをクリックして下さい)
本年度の開室日については、ここをクリックして下さい。 また、臨時に閉室することもありますので、図書室ニュースもどうぞご覧下さい。

蔵書
約40万冊
特殊蒐書:一括して伝来した史料・図書、内容に特色のある個人の蒐書などを、史料編纂所では特殊蒐書として特別に管理しています。いずれも、「貴重書」扱いです。
重要文化財指定を受けている史料・図書:13件('98年6月現在)


源頼朝下文(島津家文書・歴代亀鑑)

利用資格

  1. 東京大学の学生、教職員、および史料編纂所の元所員
  2. 所属する機関などの紹介のある方
  3. 図書部長が許可した方
必要書類や手続きについてはここをクリックして下さい。

利用方法

  1. 閲覧登録:図書室カウンターに備え付けの史料・図書閲覧申請書に記入・提出の上、閲覧証の発行を受けて下さい。
  2. 利用形態:参考図書および影写本(複本)以外は閉架方式です。
  3. 貴重書の閲覧:貴重書閲覧申請書を提出し、許可を得た上で閲覧できます。許可までに数日かかる場合があります。遠方からおいでの方は、あらかじめお問い合わせ下さい。
  4. 複製:写真撮影による複製ができます。

所蔵史料・図書の検索
史料:貴重書・写本・写真帳・マイクロフィルムなどの史料については、所蔵史料目録 データベースによるオンライン検索が可能です。
図書:1991年以降に受け入れた図書、本所刊行物及び地方誌については、学術情報センターの目録所在情報データベース(webcat) ならびに東京大学附属図書館のオンライン総合目録データベース(OPAC)によるオンライン検索が可能です。

詳しいことについては、事前にお問い合わせ下さい。



July 1998; wwwsiryo@hi.u-tokyo.ac.jp