東京大学史料編纂所

HOME > ご案内 > 教員一覧 > 研究業績

教員一覧

■氏名(かな) : 佐藤 雄介(さとう ゆうすけ)
■所属 : 近世史料部門
■職位・学位 : 助教/博士(文学)
■研究テーマ : 近世政治史/近世朝幕関係史/近世財政史
■著書・論文 : 
  • 『近世の朝廷財政と江戸幕府』(東京大学出版会、2016年)
  • 「江戸幕府と朝廷財政」(『歴史評論』771、2014年6月)
  • 「近世女院御所の財政運営」(『日本歴史』791、2014年4月)
  • 「口向役人不正事件と勘定所」(『東京大学日本史学研究室紀要 別冊 吉田伸之先生退職記念 近世社会史論叢』2013年3月)
  • 「近世後期の朝廷財政と京都代官」(『歴史学研究会』875、2011年1月)
  • 「十八世紀の朝廷財政と朝幕関係」(藤田覚編『十八世紀日本の政治と外交』、山川出版社、2010年10月)
  • 「近世の朝廷財政と実務役人」(『東京大学日本史学研究室紀要 別冊 藤田先生退職記念 近世政治史論叢』2010年3月)
  • 「京都町奉行・京都代官と朝廷財政」(『史学雑誌』118編3号、2009年3月)
  • 「勅使馳走と幕府・朝廷・藩」(『東北亜文化研究』15輯、2008年6月)
  • 「近世後期の朝廷財政と江戸幕府」(学習院大学人文科学研究所共同研究プロジェクト近世朝幕研究の基盤形成『近世の天皇・朝廷研究』1号(第1回大会成果報告集)、2008年3月)
  • 「十八世紀の京都所司代と朝廷」(『論集きんせい』29、2007年5月)
■史料編纂 : 
  • 『大日本古文書幕末外国関係文書52』2013年4月
■その他 : 
  • 〔史料紹介〕「「三条家」文書中の近世朝廷財政史料について」(『史学雑誌』124編3号、2015年3月)
  • 〔小文〕「財政から考える江戸幕府と天皇」(東京大学史料編纂所編『日本史の森をゆく』(中央公論社、2014年12月)
  • 〔コラム〕「朝廷の経済」(深谷克己・須田努編『近世人の事典』東京堂出版、2013年4月)