東京大学史料編纂所

HOME > ご案内 > 教員一覧 > 研究業績

教員一覧

■氏名(かな) : 佐藤 孝之(さとう たかゆき)
■所属 : 近世史料部門
■職位・学位 : 教授/博士(歴史学)
■研究テーマ : 近世の幕領支配および村落の研究/近世史料論
■著書・論文 : 
  • 「上州山中領における「献上御林」と御林取締り」『徳川林政史研究所研究紀要』51 2017年3月
  • 「秋元家と幕末維新期の館林」『秋元家の歴史と文化-館林藩最後の城主-」 2017年3月 館林市教育委員会文化振興課
  • 『武州世直し一揆』(共著) 2017年2月 慶友社
  • 「幕末期の上武地域における能登の漆掻き」東四柳史明編『地域社会の文化と史料』 2017年2月 同成社
  • 「イェール大学バイネキ図書館所蔵の地震史料について―安政江戸地震「なゐ記」を中心に―」『イェール大学所蔵日本関連資料 研究と目録』2016年3月 勉誠出版
  • 「安政地震の「地震ゆり状」をめぐって」『近世史藁』8 2016年3月
  • 「加賀藩家臣団の形成過程と家臣の由緒―「先祖由緒并一類附帳」を素材として―」科研費研究成果報告書『近世初期の大名と情報』(東京大学史料編纂所研究成果報告2015-2)2016年3月
  • 「元和九年秀忠上洛の江戸出立日をめぐって」『日本歴史』808 2015年9月
  • 『徳川幕府全代官人名辞典』(共編) 2015年3月 東京堂出版
  • 「「篠を引く」「篠引」の意味の変容」『日本史の森をゆく 史料が語るとっておきの42話』 2014年12月 中央公論新社
  • 「徳川綱吉藩主時代の館林藩」館林市立資料館特別展図録『徳川綱吉―館林城主から将軍へ―』 2014年10月
  • 「加賀藩家臣団の由緒に関する予備的検討―「先祖由緒并一類附帳」を素材として―」『石川県史だより』54 2014年9月
  • 「幕末期の日記にみえる地震関係記事―陸奥国磐前郡高坂村「四家又左衛門日記」から―」『近世史藁』7 2014年5月
  • 「近世における山地利用の一形態―上州山中領の事例から―」『歴史・民俗からみた環境と暮らし』2014年3月 岩田書院
  • 「小酒井大悟報告について」(大会報告コメント)『関東近世史研究』74 2013年11月
  • 「元和九年秀忠上洛の江戸出立日をめぐって」科研費研究成果報告書『十七世紀前半西南諸藩における大規模軍事動員』(東京大学史料編纂所研究成果報告2012-6)2013年3月
  • 『近世山村地域史の研究』 2013年2月 吉川弘文館
  • 「近世山村における山地利用の特性―上州山中領の秣場争論から―」『関東近世史研究論集 1 村落』 2012年11月 岩田書院
  • 「慶応二年世直し一揆と村方の対応―上州甘楽郡譲原村「打毀差留人足幷諸入用控帳」の紹介―」『近世史藁』6 2012年8月
  • 「両毛地域における近世の国境」『栃木史学』26 2012年3月
  • 『新版 古文書用語辞典』(共編) 2012年2月 新人物往来社
  • 「平野郷町にみる触書伝達システムと諸文書の授受・作成―貞享五年「今井九右衛門様御下知幷諸事書上留帳」を素材として―」『大阪の歴史』77 2012年1月
  • 「江戸の駆込寺―その機能と形成過程―」(講演録) 『柳営』24 2011年11月
  • 「江戸時代の下総村々にみる駆込寺と入寺」(講演録) 『成田市史研究』35 2011年3月
  • 「戦国期遠江・駿河におけるアジールの諸相」『遠江』34 2011年3月
  • 「アジールの変容と駆込寺」『信濃』63-2 2011年2月
  • 「奥州守山藩における「欠入」と「入寺」―「守山藩御用留帳」より―」『近世史藁』5 2011年2月
  • 『近世の環境と開発』(共編) 2010年12月 思文閣出版
  • 「上州山中領における山地利用とその環境―「切代畑」と御巣鷹山をめぐって―」『近世の環境と開発』 2010年12月 思文閣出版
  • 『古文書の語る地方史』(編著) 2010年8月 天野出版工房発行・吉川弘文館発売
  • 「村の歴史を編むということ―上州緑野郡三波川村の「年代記」をめぐって―」『古文書の語る地方史』2010年8月 天野出版工房発行・吉川弘文館発売
  • 「近世桐生領における駆込寺」『桐生史苑』49 2010年3月
  • 「上州山中領上山郷の慶長期の年貢割付状について」『群馬歴史民俗』30 2009年3月
  • 「上州山中領における御巣鷹山と山林政策の変遷」(下) 『徳川林政史研究所研究紀要』43 2009年3月
  • 「村の出火処理と火元入寺」 『近世史藁』4 2009年3月
  • 「「山林」からさぐるアジールの変容―東海地域を中心として―」 『禅と地域社会』2009年3月 吉川弘文館
  • 「上利根川の引船人足をめぐる争論史料―「引舩一件願書幷済口書附写」の紹介―」(下) 『利根川文化研究』32 2008年12月
  • 『よくわかる古文書教室 江戸の暮らしとなりわい』(監修・共著) 2008年10月 天野出版工房発行・吉川弘文館発売
  • 「上利根川の引船人足をめぐる争論史料―「引舩一件願書幷済口書附写」の紹介―」(上) 『利根川文化研究』31 2008年9月
  • 『史料を読み解く 3 近世の政治と外交』(共著) 2008年4月 山川出版社
  • 「上州山中領における御巣鷹山と山林政策の変遷」(上) 『徳川林政史研究所研究紀要』42 2008年3月
  • 「漆屋と鏡磨―江戸時代の出稼ぎ二題―」『加賀・能登 歴史の扉』2007年10月 石川史書刊行会
  • 「上州における伊奈忠次の年貢割付状」『近世史藁』3 2007年5月
  • 「慶応二年「上武打毀一条見聞録」の紹介」『群馬歴史民俗』28 2007年3月
  • 「渡良瀬川下早川田河岸と館林藩」『利根川文化研究』28 2006年6月
  • 「江戸時代の入寺と「笹(篠)引」」『本郷』63 2006年5月
  • 『駆込寺と村社会』 2006年5月 吉川弘文館
  • 『古文書用語大辞典』(共編) 2006年4月 新人物往来社
  • 「駆込寺と下総の村々」(講演録) 『松戸市立博物館紀要』12 2005年3月
  • 「「平野郷由緒書」の構造と性格」『日本歴史』673 2004年6月
  • 「甲州における「入寺」慣行と村社会」 『徳川幕府と巨大都市江戸』 2003年10月 東京堂出版
  • 「摂津国平野郷町における惣年寄制への移行をめぐって」 『東京大学史料編纂所研究紀要』13 2003年3月
  • 「奥羽における「入寺」慣行』 『郷土志木』30 2001年11月
  • 『事典 しらべる江戸時代』(共編) 2001年10月 柏書房
  • 「「入寺」慣行からみた村と寺院―下野・常陸・下総の事例から―」 『栃木史学』15 2001年3月
  • 「上州村々にみる出火と「火元入寺」」 『群馬歴史民俗』22 2001年3月
  • 「「入寺」慣行と村の寺院―上州の事例を中心に―」 『大間々町誌 別巻6 特論編 歴史』 2000年3月
  • 「上州山中領における「山守」制の成立と再編」 『徳川林政史研究所研究紀要』34 2000年3月
  • 「近世前期の広域村落支配と史料の作成・授受・管理―北遠幕領を事例として―」 『日本近世史料学研究』 2000年2月 北海道大学図書刊行会
  • 「加賀藩年寄の叙爵をめぐって」 『近世武家官位の研究』 1999年2月 続群書類従完成会
  • 「西上州幕領における永高検地と年貢収取」 『群馬歴史民俗』19 1998年8月
  • 『ぐんまの古文書』(監修) 1999年2月 群馬県立文書館
  • 「近世前期の広域村落支配と史料の作成・授受・管理―北遠幕領を事例として―」 『幕藩領主文書と村方・町方文書群の発生・展開並びに伝存に関する史料学的研究』(科研費研究成果報告書) 1998年3月
  • 「西上州における近世前期の検地と年貢収取―永高制施行幕領を対象として―」 『中・近世以降期の西国と東国における検地と村落に関する比較研究』(科研費研究成果報告書) 1998年3月
  • 「近世前期における代官の年貢勘定―遠州代官秋鹿氏を事例として―」 『静岡県史研究』11 1995年3月
  • 「近世の村と「入寺」「欠入」―駿遠豆の事例から―」 『地方史静岡』23 1995年3月
  • 「近世の村と「入寺」慣行―武州の事例を中心に―」 『郷土志木』23 1994年11月
  • 「上州桐生領における永高制の変遷―「山中入」地域を対象に―」 『群馬歴史民俗』15 1994年3月
  • 『近世前期の幕領支配と村落』 1993年9月 巖南堂書店
  • 『新編 古文書解読字典』(共編) 1993年5月 柏書房
  • 「江戸幕府「老中奉書」の発給形態とその変遷―毛利氏宛「老中奉書」による分析―」 『東京大学史料編纂所研究紀要』3 1993年3月
  • 「「御免許稼山」制の変遷と山稼ぎ―上州山中領を事例として―」 『群馬歴史民俗』13 1992年4月
  • 「江戸幕府「老中奉書」の発給形態の変遷―毛利氏宛「老中奉書」による分析―」 『近世幕府文書の古文書学的研究』(科研費研究成果報告書) 1992年2月
  • 「近世前期北遠幕領におかる村方騒動」 『近世静岡の研究』 1991年9月 清文堂出版
  • 「上州山中領における割元制と組合村」 『群馬歴史民俗』12 1990年12月
  • 「村と村―村の統合をめぐって―」 『日本村落史講座 5 政治Ⅱ』 1990年11月 雄山閣出版
  • 「幕府代官高室氏に関する若干の考察」 『関東近世史研究』27 1990年4月
  • 「遠州における伊奈忠次文書について―新出文書の紹介を中心に―」 『静岡県史研究』6 1990年3月
  • 『古文書字叢』(共編) 1990年2月 柏書房
  • 「年貢・諸役論」 『日本近世史研究事典』 1989年6月 東京堂出版
  • 「山稼の村と「御免許稼山」―上州山中領を事例として―」 『徳川林政史研究所研究紀要』昭和62年度 1988年3月
  • 「近世前期の「領」支配と割本制―上州山中領を事例に―」 『地方史研究』210 1987年12月
  • 「近世初期の遠州支配と中泉代官」 『近世国家の支配構造』 1986年7月 雄山閣出版
  • 「上州における慶応二年世直し一揆展開過程の再検討」 『群馬歴史民俗』7 1985年12月
  • 「上州近世史研究に関する二、三の問題―初期の「領」及び永高制に関連して―」 『地方史研究』190 1984年8月
■講演・報告 : 
  • 加賀・能登から上州へ-近世における交流の一齣-」 加能地域史研究会・群馬歴史民俗研究会共同研究会基調講演 2017年3月 於高崎市労使会館
  • 館林藩にみる武士の勤めと暮らし」館林市教育委員会主催館林歴史講座 2017年3月 於館林市文化センター
  • 「奥州守山藩の御用留帳を読む(その7)―牢人の娘出家一件の顛末―」 土曜古文書会 2016年11月 於神奈川県立公文書館
  • 「嘉永七年「恒例関東献上使日記」にみる安政東海地震」古地震研究会夏合宿講演 2016年9月 於京都大学
  • 「德川綱吉と鷹狩り」朝日カルチャーセンター・立川「人物でたどるあたらしい日本史 近世篇」 2016年7月 於朝日カルチャーセンター・立川
  • 「歴史地震研究と地震史料」駒沢史学会大会記念講演 2016年6月 於駒澤大学
  • 「江戸時代の村と駆け込み慣行」 朝日カルチャーセンター・新宿「新視点 日本の歴史」 2016年2月 於朝日カルチャーセンター・新宿
  • 「加賀藩家臣団の形成過程と家臣の由緒―「先祖由緒并一類附帳」を素材として―」 科研費研究成果報告公開研究会「近世初期の大名と情報」 2015年12月 於東京大学史料編纂所
  • 「奥州守山藩の御用留帳を読む(その6)―山中村みね欠落一件とその周辺―」 土曜古文書会 2015年11月 於神奈川県立公文書館
  • 「「御上洛」情報の真偽」 東京大学史料編纂所特定共同研究「佐賀藩多久家史料の研究」成果報告シンポジウム「多久家文書を読みなおす」 2015年11月 於多久市東原庠舎
  • 「フィールドへ出よう、村を歩こう―地域史料の保存利用のために―」 地方史研究協議会主催第56回卒業論文発表会特別講座 2015年4月 於駒澤大学
  • 「イェール大学バイネキ図書館所蔵の地震史料について―安政江戸地震「なゐ記」を中心に―」 Treasures from Japan:An International Conference on Pre‐Modern Books and Manuscripts in the Yale University Library 2015年3月 於イェール大学
  • 「奥州守山藩の御用留帳を読む(その5)―「意趣打(意恨打)」一件の顛末―」 土曜古文書会 2015年1月 於神奈川県立公文書館
  • 「能登人と上州―古文書にみる交流の一齣―」 石川県立図書館講座「初めての古文書―古文書解読入門―」 2014年12月 於石川県立図書館
  • 「館林城主から将軍へ、徳川綱吉を語る」(徳川家弘広氏と対談) 館林市立資料館特別展「徳川綱吉―館林城主から将軍へ―」記念講演会 2014年11月 於館林市三の丸芸術ホール
  • 「群歴民と諸研究団体の動向」 群馬歴史民俗研究会第100回例会記念講演 2014年3月 於前橋市中央公民館
  • 「奥州守山藩の御用留帳を読む(その4)―白河藩御用米代金不払い一件の顛末―」 土曜古文書会 2014年1月 於神奈川県立公文書館
  • 「殿様は〝転勤族〟―『館林の大名と藩政』にみる館林藩主の姿―」 館林市教育委員会主催館林歴史講演会 2013年11月 於館林市民文化会館
  • 「小酒井大悟氏報告批判」 関東近世史研究会2011年度大会報告批判例会 2013年1月 於法政大学
  • 「元和九年秀忠上洛の江戸出立日をめぐって」 科研費研究成果報告公開研究会「十七世紀前半西南諸藩における大規模軍事動員」 2012年12月 於東京大学史料編纂所
  • 「地域史料の保存と活用への期待」 群馬県立文書館創立30周年記念シンポジウム 2012年11月 於群馬県立文書館
  • 「近世かながわの地震と津波」 神奈川県立公文書館古文書解読上級講座 2012年10月 於神奈川県立公文書館
  • 「奥州守山藩の「御用留帳」を読む(その3)―寛保元年:不義密通一件の顛末―」 土曜古文書会 2012年7月 於神奈川県立公文書館
  • 「両毛地域における近世の国境」 國學院大學栃木短期大学日本史学科講演会 2012年1月 於國學院大學栃木短期大学
  • 「奥州守山藩の「御用留帳」を読む(その2)―船頭行方不明一件の顛末―」 土曜古文書会 2011年10月 於神奈川県立公文書館
  • 「楢崎家記録について」 Symposium on the Pre-Modern Japanese Collection  2011年10月 於イェール大学
  • 「近世における神社への駆込とその機能―地域の紛争解決に果たした社家の役割―」 神社史料研究会サマーセミナー 2011年8月 於香取神宮
  • 「近世における山地利用の一形態―上州山中領の事例から―」 群馬歴史民俗研究会創立30周年記念シンポジウム 2011年6月 於前橋市中央公民館
  • 「近世山村の史料を読む―上野村『黒澤家文書』を素材として―」 ぐんま史料研究講座「よみがえる史料の世界Ⅱ」 2011年1月 於群馬県立文書館
  • 「奥州守山藩の「御用留帳」を読む―ある欠落事件の顛末―」 土曜古文書会 2010年9月 於神奈川県立公文書館
  • 「史料保存利用特別委員会のこれまでとこれから」 日本歴史学協会創立60周年シンポジウム 2010年9月 於学習院大学
  • 「上野村楢原「黒澤家文書」の調査概況と史料紹介」 群馬地域史懇話会宿泊研修会 2010年8月 於上野村
  • 「近世渡良瀬川の舟運―両毛地域と江戸を結ぶ河岸―」 宇都宮市民大学 2010年6月 於宇都宮市
  • 「アジールの変容と駆込寺」 信濃史学会定例総会記念講演 2010年5月 於松本市あがたの森文化会館
  • 「駈込寺と近世社会―奥州の事例を中心に―」 郡山市文化財企画展講演会 2010年3月 於郡山市
  • 「江戸時代の下総村々にみる駆込寺と入寺」 成田市立図書館市史講座 2009年11月 於成田市立図書館
  • 「古文書にみる江戸時代の館林」 館林歴史講演会 2009年10月 於館林市民文化会館
  • 「近世桐生領における駆込寺」 桐生文化史談会・桐生市教育委員会共催郷土史講座 2009年5月 於桐生市市民文化会館
  • 「新出の伊奈忠次年貢割付状の紹介と若干の検討」 群馬歴史民俗研究会例会 2008年12月 於前橋市中央公民館
  • 「江戸の駆込寺―その機能と形成過程―」 柳営会懇親会 2008年11月 於学士会館
  • 「日本開国―ペリー来航沿岸防備と井伊直弼―」 神奈川県立公文書館古文書解読上級講座 2008年10月 於神奈川県立公文書館
  • 「古文書(近世史料)の読み方」 志木市いろは市民大学「志木のまちボランティア案内人養成講座」 2008年9月 於志木市
  • 上州吉井宿からみた世直し一揆―慶応二年「上武打毀一条見聞録」の紹介―」 群馬歴史民俗研究会例会 2006年12月 於前橋市中央公民館
  • 「駆込寺と縁切り寺」 神奈川県立公文書館古文書解読上級講座 2006年10月 於神奈川県立公文書館
  • 「渡良瀬川下早川田河岸と館林藩の江戸廻米」 利根川文化研究例会 2006年5月 於館林市
  • 「江戸幕府普請役「田村家文書」の構成」 東京大学史料編纂所史料学セミナー 2005年11月 於東京大学史料編纂所
  • 「金沢と上方の交流」 石川県立図書館古文書解読講座 2005年11月 於石川県立図書館
  • 「近世東海地域における入寺と「山林」」 静岡県地域史研究会総会記念講演 2005年9月 於静岡市
  • 摂津国平野郷町氏神社と神職坂上氏」 神社史料研究会サマーセミナー 2005年8月 於伊勢市
  • 「徳川綱吉とその時代」 生涯学習館林市民の会学習講座 2005年2月 於館林市民文化会館
  • 「近世前期「由緒書」の成立と変容―摂津「平野郷由緒書」の検討―」 国史学会大会 2004年5月 於國學院大學
  • 「駆込寺と下総の村々」 松戸市立博物館講演会 2004年5月 於松戸市立博物館
  • 「河岸と水運―下早川田河岸関係史料を読む―」 館林市文化財講座 2004年1月 於館林市市民文化会館
  • 「能登と関東を結ぶ人々」 石川県立図書館古文書解読講座 2003年11月 於石川県立図書館
  • 「奥羽における「入寺」慣行と寺訴訟」 八戸市立図書館 2003年9月 於八戸市立図書館
  • 「江戸時代の火災と入寺慣行について」 春日部市郷土資料館古文書講座 2002年1月 於春日部市郷土資料館
  • 「入寺慣行を追って―関東・東海から東北へ―」 志木市郷土誌研究会講演会 2001年8月 於志木市
  • 「元禄上野国絵図関係文書を読む」 群馬県立文書館ふるさと古文書講座 2001年5月
  • 「天明期の水害と社会変動」 小山市立中央公民館教養講座 2000年12月 於小山市立中央公民館
  • 「近世の「村」―その成立過程再考―」 練馬区教育委員会文化財特別講座 2000年3月 於練馬区
  • 「近世地域史史料論」 東京大学史料編纂所史料学セミナー 1999年12月 於東京大学史料編纂所
  • 「地誌にかかれた吉野谷」 吉野谷村史講座 1999年9月 於石川県吉野谷村
  • 「近世における村落の姿―「入寺」慣行からみた村と寺院―」 西那須野町郷土資料館セミナー 1999年5月 於栃木県西那須野町
  • 「「入寺」慣行と村の寺院―上州の事例を中心に―」 加能地域史研究会春季セミナー 1999年3月 於金沢市
  • 「江戸時代の駆込寺―「入寺」慣行と村落―」 朝霞市博物館歴史講座 1998年7月 於朝霞市博物館
  • 「近世における入寺慣行について」 神奈川県立公文書館古文書解読中級講座 1998年6月 於神奈川県立盲文書館
  • 「上州における近世前期の検地と年貢収取―西上州の永高制施行幕領地域を事例として―」 群馬歴史民俗研究会例会 1998年3月 於前橋市中央公民館
  • 「町史編さんと史料保存」 春野町史講演会 1998年2月 於静岡県春野町
  • 「近世「入寺」慣行の諸問題」 群馬県立文書館長期古文書解読講座 1997年12月 於群馬県立文書館
  • 「武家官位叙任史料を読む」 東京大学史料編纂所史料学セミナー 1997年11月 於東京大学史料編纂所
  • 「加賀藩年寄の官位叙任」 石川県立図書館古文書解読講座 1997年11月 於石川県立図書館
  • 「火事と「火元入寺」」 群馬県立博物館博物館講座 1997年9月 於群馬県立博物館
  • 「上州における近世前期の検地と年貢収取―西上州の永高制施行幕領地域を事例として―」 戦国・織豊期研究会研究報告会 1997年7月
  • 「村の寺院と「入寺」慣行―武州を中心に―」 武蔵大学・練馬区教育委員会共催公開講座 1997年7月 於武蔵大学
  • 「「入寺」慣行と近世の村」 大間々町ふるさと学習セミナー・群馬県地域文化研究協議会共催講演会 1997年5月 於群馬県大間々町
  • 「近世の村と寺社への「欠入」慣行―上州の事例を中心に―」 神社史料研究会例会 1996年12月 於東京大学史料編纂所
  • 「関東郡代と代官」 渋谷区千駄ヶ谷教育館シルバーカレッジ 1996年12月 於渋谷区千駄ヶ谷教育館
  • 「上州における「入寺」慣行―三波川村の事例を中心に―」 群馬歴史民俗研究会例会 1995年9月 於前橋市中央公民館
  • 「近世の村と「入寺」「欠入」―駿・遠・豆の事例から―」 駿河古文書会緑陰古文書解読講座 1994年8月 於静岡県立図書館
  • 「近世の村と「入寺」慣行―武州(埼玉県域)にみる―」 志木市郷土誌研究会例会 1994年2月 於志木市
  • 「代官秋鹿氏の年貢勘定について」 静岡県地域史研究会例会 1993年6月 於浜松市
  • 「近世前期代官の年貢勘定―遠州代官秋鹿氏を事例に―」 国史学会例会 1993年1月 於國學院大學
  • 「上州幕領における永高制徴租法」 群馬歴史民俗研究会例会 1991年9月 於前橋市中央公民館
  • 「上州幕領における永高制徴租法」 国史学会大会 1991年5月 於國學院大學
  • 「近世前期の検地と村落」 所沢の史料による近世史講座 1991年2月 於所沢市立松井公民館
  • 「山中領における「御免許稼山」制の展開と山稼」 群馬歴史民俗研究会例会 1990年9月 於前橋市中央公民館
  • 「上州幕領の年貢と永高制」 群馬県立文書館長期古文書解読講座 1989年11月 於群馬県立文書館
  • 「近世前期の春野町域の支配」 春野町史講演会 1989年6月 於静岡県春野町
  • 「村とその統合・連合をめぐって―上州山中領を事例に―」 群馬歴史民俗研究会例会 1988年6月 於前橋市中央公民館
  • 「村とその統合・連合をめぐって―上州山中領を事例に―」 国史学会大会 1988年5月 於國學院大學
  • 「山稼の村と「御免許稼山」―上州山中領を事例として―」 関東近世史研究会大会 1987年10月 於法政大学
  • 「近世前期の「領」支配と割本制―上州山中領を事例に―」 群馬歴史民俗研究会例会 1986年9月 於前橋市中公民館
  • 「上州における慶応二年世直し一揆展開過程の再検討」 群馬歴史民俗研究会例会 1984年9月 於前橋市中央公民館
■史料編纂 : 
  • 『大日本史料』第十二編之六十一 2017年3月 東京大学史料編纂所
  • 『大日本史料』第十二編之六十 2014年3月 東京大学史料編纂所
  • 『大日本近世史料 市中取締類集』29 辻番請負之部、自身番屋・懸ヶ札高札・見守番人之部 2010年3月 東京大学史料編纂所
  • 『大日本近世史料 市中取締類集』28 塗家造調之部、火消人足之部、上水番之部 2008年3月 東京大学史料編纂所
  • 『大日本近世史料 市中取締類集』27 人足寄場之部、非人寄場之部、上納金之部 2006年3月 東京大学史料編纂所
  • 『大日本近世史料 市中取締類集』26 旧里帰農之部、人別出稼之部 2004年3月 東京大学史料編纂所
  • 『大日本近世史料 市中取締類集』25 高年御賞之部、人宿取締之部 2002年3月 東京大学史料編纂所
  • 『大日本近世史料 市中取締類集』24 諸願筋下ヶ之部、奇特御賞之部、手習師匠之部 2000年3月 東京大学史料編纂所
  • 『大日本近世史料 市中取締類集』23 町触申渡之部、鉄炮鋳立之部 1998年3月 東京大学史料編纂所
  • 『大日本近世史料 市中取締類集』22 御参詣調之部、高價翫物之部他 1996年3月 東京大学史料編纂所
  • 『大日本近世史料 市中取締類集』21 書物錦絵之部四 1994年3月 東京大学史料編纂所
  • 『大日本近世史料 市中取締類集』20 書物錦絵之部三 1992年3月 東京大学史料編纂所
  • 『大日本近世史料 市中取締類集』19 書物錦絵之部二 1990年3月 東京大学史料編纂所
  • 『大日本近世史料 市中取締類集』18 書物錦絵之部一 1988年3月 東京大学史料編纂所
  • 『大日本近世史料 市中取締類集』17 身分扱方之部、祭礼開帳之部 1986年3月 東京大学史料編纂所
■その他 : 
  • 「加賀藩士になった上州人」『武尊通信』149 群馬歴史民俗研究会 2017年3月
  • 「上野村での地域史料の調査活動」『ぐんま地域文化』47 群馬地域文化振興会 2016年10月
  • 「2015年の歴史学界-回顧と展望-(日本近世 三 幕政)」『史学雑誌』125-5 2016年5月
  • 「「田原藩日記」にみる駆込寺」『崋山会報』36 崋山会 2016年4月
  • 「私のおすすめ」『日本歴史』812(新年特集「新書を語る 新書で学ぶ」) 2016年1月
  • 「フィールドへ出よう、村を歩こう―地域史料の保存利用のために―」『地方史研究』378 2015年8月
  • 「群歴民と諸研究団体の動向」『群馬歴史民俗』35 2014年5月
  • 「池田仁子著『金沢と加賀藩町場の生活文化』」(紹介) 『地方史研究』367 2014年2月
  • 「八戸市史編纂委員会編『新編 八戸市史』通史編Ⅱ近世」(紹介) 『地方史研究』365 2013年10月
  • 「簗瀬大輔著『上野の戦国地侍』〈みやま文庫209〉」(紹介) 『群馬文化』314 2013年4月
  • 「田中正弘編・栃木市史料叢書第一集『栃木の在村記録 幕末維新期の胎動と展開』第一巻・岡田嘉右衛門親之日記(一)」(紹介) 『地方史研究』362 2013年4月
  • 「田川捷一氏著『加賀藩と能登天領の研究』を読む」(紹介)『北國新聞』 2013年1月
  • 「「悪代官」は本当にいたのですか?」『日本歴史』746(新年特集「学び直す日本史の常識」) 2012年1月
  • 「根岸茂夫監修・利根川歴史研究会編『武蔵国幡羅郡日向村船田家文書 名主伊兵衛絵入日記』(紹介) 『地方史研究』346 2010年8月
  • 「加能地域史研究会発行『地域社会の歴史と人物』」(紹介) 『北國新聞』2008年12月
  • 「大賀郁夫著『近世山村社会構造の研究』」(書評) 『歴史評論』699 2008年7月
  • 「渡辺和敏監修・愛知大学綜合郷土研究所編『豊橋市浄慈院日別雑記』(紹介) 『地方史研究』330 2007年12月
  • 「『近世農民生活史』を読む」(児玉幸多著『近世農民生活史 新版』解説) 2006年9月 吉川弘文館
  • 「高崎市総務部庶務課市史資料担当編『高崎城絵図―「櫻井一雄家文書」を中心に』」(紹介) 『地方史研究』322 2006年8月
  • 「長谷川正次『シリーズ藩物語 高遠藩』『高遠の歴史物語』」(紹介) 『地方史研究』320 2006年4月
  • 「簗田家文書文書刊行委員会編『簗田家文書御用・公用日記』」(紹介)『地方史研究』315 2005年6月
  • 「井上定幸著『近世の北関東と商品流通』」(紹介) 『群馬文化』282 2005年4月
  • 「藤島秀隆・根岸茂夫監修『金沢城下町―社寺信仰と都市のにぎわい―』」(紹介) 『北國新聞』2004年6月
  • 「大舘欣一『御犬養育村始末』」 『日本歴史』656(読書アンケート「私のすすめる歴史小説」) 2003年1月
  • 「西沢淳男著『幕領陣屋と代官支配』」(書評) 『日本歴史』630 2000年11月
  • 「渡辺尚志著『江戸時代の村人たち』」(書評) 『歴史評論』594 1999年10月
  • 「和泉清司著『徳川幕府成立過程の基礎的研究』」(書評) 『日本歴史』610 1999年3月
  • 「『金沢市史』資料編13(寺社)」(紹介) 『古文書研究』44・45合併号 1997年3月
  • 「『伊勢崎市史』通史編2・近世」(書評) 『上毛新聞』1994年1月
  • 「関根省治著『近世初期幕領支配の研究』(書評) 『日本歴史』548 1994年1月
  • 「郷土研究と歴史学」 『群馬民俗学の軌跡―都丸十九一の人と業績―』 1993年12月 喚呼堂
  • 「新宿区立新宿歴史博物館編『武蔵国豊島郡角筈村名主渡辺家文書』第一巻(紹介) 『地方史研究』244 1993年8月
  • 「丑木幸男著『磔茂左衛門一揆の研究』」(書評) 『群馬歴史民俗』14 1993年3月
  • 「丑木幸男編『上野国郷帳集成』」(紹介) 『群馬文化』233 1993年1月
  • 「大舘右喜著『幕藩制社会形成過程の研究』(書評) 『国史学』142 1990年11月
  • 「木村礎編著『村落景観の史的研究』」(書評) 『日本歴史』497 1989年10月
  • 「若林淳之著『旗本領の研究』」(書評) 『日本歴史』480 1988年5月