東京大学史料編纂所

HOME > ご案内 > 教員一覧 > 研究業績

教員一覧

■氏名(かな) : 小野 将(おの しょう)
■所属 : 近世史料部門
■職位・学位 : 准教授/修士(文学)
■研究テーマ : 近世のイデオロギー状況・政治文化の研究
■著書・論文 : 
  • 「新自由主義の時代と歴史学の課題 Ⅱ」(歴史学研究会編『現代歴史学の成果と課題 1 新自由主義時代の歴史学』績文堂出版、2017年5月)
  • 「佐藤信淵と神道方吉川家」(『東京大学日本史学研究室紀要別冊 近世社会史論叢』、2013年4月)
  • 「身分(制)社会論・身分的周縁論の諸課題」(『論集きんせい』34号、2012年5月)
  • 「『新自由主義時代』の近世史研究」(『歴史科学』200号、2010年4月)
  • 後藤雅知他編『身分的周縁と近世社会 9 身分的周縁を考える』(吉川弘文館、2008年3月)
  • 〔分担執筆〕千葉県史料研究財団編『千葉県の歴史』通史編近世2(千葉県、2008年3月)
  • 「『国学』の都市性 宣長学のいくつかのモティーフから」(鈴木博之他編『シリーズ都市・建築・歴史 6 都市文化の成熟』、東京大学出版会、2006年6月)
  • 「近世の『国学』的言説とイデオロギー状況」(『歴史学研究』781号、2003年10月)
  • 「日本近世の政治文化」(歴史学研究会編『現代歴史学の成果と課題 1980-2000年 Ⅱ 国家像・社会像の変貌』、青木書店、2003年2月)
  • 「国学者」(横田冬彦編『近世の身分的周縁2 芸能・文化の世界』、吉川弘文館、2000年7月)
  • 「身分制社会論という視角―近世日本史研究から考える」(『歴史評論』564号、1997年4月)
  • 「幕末期の在地神職集団と『草莽隊』運動」(久留島浩他編『近世の社会集団』山川出版社、1995年11月)
■講演・報告 : 
  • 「近世の都市文化と《身分的周縁》―『山師』論の視点から―」(日本史研究会例会報告、2012年3月)
  • 「小笠原諸島問題と19世紀学術刊行物の連鎖波及」(「書物・出版と社会変容」研究会報告、2010年4月)
  • 「『新自由主義時代』の近世史研究」(大阪歴史科学協議会大会報告、2009年6月)
  • 「近世の『国学』的言説とイデオロギー状況」(歴史学研究会大会近世史部会報告、2003年5月)
■史料編纂 : 
  • 『幕末外国関係文書』巻之五十三(東京大学出版会、2017年)
  • 『幕末外国関係文書』巻之五十二(東京大学出版会、2013年)
  • 『幕末外国関係文書』附録之八(東京大学出版会、2010年)
  • 『幕末外国関係文書』巻之五十一(東京大学出版会、2007年)
  • 『幕末外国関係文書』巻之五十(東京大学出版会、2005年)
  • 『幕末外国関係文書』巻之四十九(東京大学出版会、2003年)
  • 『幕末外国関係文書』巻之四十八(東京大学出版会、2001年)
  • 『幕末外国関係文書』巻之四十七(東京大学出版会、1999年)
  • 『幕末外国関係文書』巻之四十六(東京大学出版会、1997年)
■その他 : 
  • 〔分担執筆〕『東大教師が新入生にすすめる本 2009‐2015』(東京大学出版会、2016年3月)
  • 〔分担執筆〕「私のおすすめ」(『日本歴史』812号、2016年1月)
  • 〔分担執筆〕「鎖国と開国」(『歴史学と、出会う』歴史学研究会、2015年5月)
  • 「大会第2日目『伝統社会における貧民救済』の三報告を聞いて」(『歴史評論』758号、2013年5月)
  • 「書評 上杉和央著『江戸知識人と地図』」(『史林』94巻3号、2011年5月)
  • 「人物評価―歴史的個性の問題」(『歴史評論』704号、2008年12月)
  • 「第三六回大会報告を聞いて 山本英二報告」(『歴史評論』635号、2003年3月)
  • 「書評 深谷克己著『綱ひきする歴史学―近世史研究の身構え』」(『人民の歴史学』140、1999年6月)