東京大学史料編纂所

HOME > ご案内 > 教員一覧 > 研究業績

教員一覧

■氏名(かな) : 久留島典子(くるしま のりこ)
■所属 : 古文書・古記録部門
■職位・学位 : 教授/修士
■研究テーマ : 日本中世後期社会の研究/古文書を中心とした中世史料学研究/中世ジェンダー論/中世後期荘園の研究
■著書・論文 : 
  • 「中世後期の武家と婚姻・養子関係―西国を素材にー」、『黎明館調査研究報告』第28集、95P-104P査読無、2016年3月
  • 「日本中世後期の婚姻と家」(早川紀代他編『歴史をひらく―女性史・ジェンダー史からみる東アジア世界』お茶の水書房、129頁―141頁、2015年6月
  • 「中世島津氏と『一揆』ー地域比較の視点から」、『黎明館調査研究報告』第27集、1p.-16p.2015年3月
  • 共編著『歴史を読み替えるージェンダーから見た日本史―』大月書店、278頁、2015年1月
  • 「明治二年の軍忠状」『思想』1082号、2014年6月
  • 「中世文書の作成から伝来まで」『歴博』184号、2014年5月
  • 「戦功の記録―中世から近世へ」『国立歴史民俗博物館研究報告』第182集、167p.-181p, 2014年1月
  • 「中世女性の『長寿』と老い」、『日本歴史』776号、12p.-21p.、2013年1月、
  • 「中世後期社会を考えるー歴史学を学ぶ上での留意点にふれながら―」『歴史科学』210号、22p.-35p、.2012年10月
  • 「中世後期の結婚と家―武家の家を中心にー」、仁平道明編『東アジアの結婚と女性』勉誠出版、2012年9月、80p.-98p.
  • 「鰐淵寺・清水寺相論と六角氏関係文書」 『科学研究費報告書 出雲鰐淵寺の歴史的・総合的研究(研究代表者 井上寛司)』2012年3月,37p.-42p.、
  • 「高校の日本史教科書にみるジェンダー」長野ひろ子・姫岡とし子編『歴史教育とジェンダー』青弓社、2011年2月、122p.-148p.
  • 『一揆の世界と法』 山川日本史ブックレット81、山川出版社、2011年1月 111頁
  • 「高等学校日本史教科書にみるジェンダー」、「学術の動向」15巻5号、日本学術協力財団、2010年5月、67p.-69p.
  • 「中世後期の社会動向―荘園制と村町制」、『日本史研究』572、2010年4月51p.-65p.
  • 「女地頭と村の女房」、(総合女性史研究会編『時代を生きた女たちー新・日本女性通史』朝日新聞出版)2010年3月
  • 「益田家文書の研究が目指すもの」、(『中世益田氏の遺産とこれからのまちづくり』益田市・益田市教育委員会)2009年3月
  • 「政と祭の酒宴史」、(小野正敏他編『宴の中世―場・かわらけ・権力』高志書院)2008年7月
  • 「女性アーカイブズの役割と可能性」、国立女性教育会館研究ジャーナル第12号、2008年3月
  • 「毛利家文庫『譜録』所収の中世益田家文書」『科学研究費補助金基盤研究A(研究代表者久留島典子)研究成果報告書 大規模武家文書群による中近世史料学の統合的研究―萩藩家老益田家文書を素材に―』,2008年3月
  • 「益田家伝来の中世史料」同上報告書
  • 「益田金吾家文書(中世分)の紹介と考察」同上報告書
  • 「原屋邦司氏所蔵文書の紹介と考察」同上報告書
  • 「新出周布文書の紹介と考察」同上報告書
  • 「甲賀山中氏に関する二・三の問題」,『中世の内乱と社会』(佐藤和彦編、東京堂出版),216p-236p、2007年5月
  • 「応仁文明の乱と益田氏ー史料編纂所所蔵益田家文書中の差出不明仮名書状の考察ー」、『東京大学史料編纂所研究紀要』17、36pー51p、2007年3月
  • 「解説」『展望 日本歴史11 室町の社会』東京堂出版 2006年9月
  • 『史料を読み解く1 中世文書の流れ』山川出版社、2006年8月
  • 「今泉浦絵図と西野文書ー北前船前史」,『北前船から見た地域史像ー第六回「西廻り」航路フォーラムの記録』福井県河野村発行、2004年12月
  • 「戦国ー近世初期における大和宇智郡の国衆と村落」勝俣鎮夫編『寺院・検断・徳政ー戦国時代の寺院史料を読む』山川出版社、238p-278p、2004年9月、
  • "Marriage and Female Inheritance in Medieval Japan" (Translated by Michiko Okubo)International Journal of Asia Studies1,2(2004),pp.223-245 2004 Cambridge University Press
  • 「土豪と村落ー蒲生郡橋本左右神社文書にみる林村村田氏ー」 『琵琶湖博物館研究調査報告』21号、2004年1月、31p-47p
  • 「中世一揆の諸相ー宗教一揆と世俗の一揆」『加能史料研究』15号、1p~19p、2003年3月
  • 日本前近代史の時代区分ー十五・十七世紀の社会変動」(歴史学研究会編『歴史学における方法的展開』、青木書店、2002年12月)
  • 『日本の歴史13 一揆と戦国大名』講談社 2001年11月
  • 「橋本左右神社文書中の村入り相論関係史料」(科学研究費報告書『中世村落関係史料の史料学的研究』、研究代表者榎原雅治、2001年3月)
  • 「外国史料にみる女性」(総合女性史研究会編『史料にみる日本女性のあゆみ』吉川弘文館、2000年12月)
  • 「東寺・遍照心院相論考」(東寺文書研究会編『東寺文書にみる中世社会』東京堂出版、1999年5月)
  • 「日本中世の村と扶養・相続」(奥山恭子他編(シリーズ比較家族第Ⅱ期1)『扶養と相続』早稲田大学出版部、1998年10月)
  • 「荘園史研究と東寺百合文書」(京都府立総合資料館編『東寺百合文書にみる日本の中世』、京都新聞社、1998年3月)
  • 「隅田荘関係文書の再検討ー隅田葛原氏を中心に」(『国立歴史民俗博物館研  究報告』69集、1996年3月)
  • 「婚姻と女性の財産権」(『女と男の時空ー日本女性史再考』Ⅲ中世、藤原書店、1996年3月)
  • 「中世天皇制研究史」(『講座 前近代の天皇』第5巻、青木書店 1995年11月)
  • 「領主の一揆と中世後期社会」(『日本通史 中世3』岩波書店、1994年10月)
  • 「『比良荘境相論絵図』調査報告」(『東京大学史料編纂所研究紀要』4号、1994年3月)
  • 「領主の倉、百姓の倉ー収納の場と請負人」(勝俣鎮夫・藤木久志編『家・村・領主ー中世から近世へ』朝日百科日本の歴史別冊、朝日新聞社、1994年8月
  • 「酒宴の空間ー政治を担う場」(五味文彦編『中世の館と都市』朝日百科日本の歴史別冊、朝日新聞社、1994年3月)
  • 総合女性史研究会編『日本女性の歴史ーくらしと労働と政治』第四節、戦国の女たち(角川書店、1993年3月)
  • 「『人掃令』ノートー勝俣鎮夫氏の所論によせてー」(永原慶二編『大名領国を歩く』吉川弘文館、1993年4月)
  • 「戦国期の酒麹役ー小西康夫氏所蔵文書を中心に」(石井進編『中世をひろげる 新しい史料論をもとめて』吉川弘文館、1991年11月)
  • 「中世後期の『村請制』についてー山城国上下久世庄を素材として」(『歴史評論』488号、1990年12月)
  • 「ある『庄家の一揆』ー永享九年、東寺領山城国上下久世庄」(『歴史科学と教育』9号、1990年5月)
  • 「後家とやもめ」(『ことばの文化史 中世3』平凡社、1989年4月)
  • 「倉に関する二点の史料について」(『歴史科学と教育』6号、1987年)
  • 「湖西の一境相論からー近江小松伊藤氏とその文書」(『遥かなる中世』7号、1986年12月
  • 「東寺領山城国久世庄の名主職について」(『史学雑誌』93編8号、1984年8月)
  • 「中世一揆史研究によせて」(『遥かなる中世』5号、1983年
  • 「守護領国と地域一揆勢力」(『歴史公論』81号、1982年)
  • 「中世後期在地領主層の一動向ー甲賀郡山中氏について」(『歴史学研究』497号、1981年10月)
■講演・報告 : 
  • Adoption and marriage as military strategies: warrior houses in 16th century Sengoku Japan 2(Association for Asian Studies(AAS) 2016,Seattle,April 2,2016)
  • 「日本史のなかの中世市川」(市川市史講演会『日本史のなかの中世市川―政・祈りのかたち』2015年11月7日
  • "Adoption and marriage as military strategies: warrior houses in 16th century Sengoku (country at war) Japan”( International Convention of Asia Scholars (ICAS) 9, Adelaide, July 8, 2015
  • "Changes in the Japanese Society in the 14th and 15th centuries: the Formation of the “Ie””( Asian Association of World Historians Congress(AAWH)3, , Nanyang Technological University, Singapore, May 30, 2015
  • 「東京大学史料編纂所における歴史資料の研究資源化、課題と展望」、Treasures from Japan: An International Conference on Pre-Modern Books and Manuscripts in the Yale University Library、2015年3月
  • 「中世後期の武家と婚姻・養子関係―西国を素材にー」、鹿児島県歴史資料センター黎明館講演会、2015年2月
  • 「東京大学史料編纂所における歴史資料の研究資源化―2006年~2014年」、第四回東アジア史料研究編纂機関国際学術会議、韓国果川市国史編纂委員会、2014年11月
  • 「中世島津氏と『一揆』―地域比較の視点から」鹿児島県歴史資料センター黎明館講演会、2014年2月22 日
  • 「東寺百合文書と中世史研究」(京都府立総合資料館、10月(東寺百合文書世界記録遺産推薦記念シンポジウム、)
  • 「中世後期の結婚と家」(日中韓女性史国際シンポジウム「女性史・ジェンダー史からみる東アジアの歴史像」2013年11月17日、青山学院大学
  • 「女性アーカイブ概論」,国立女性教育会館主催「女性情報アーキビスト養成研修」(2012年12月、国立女性教育会館)、
  • “Records of Distinguished Military Service:
    from Medieval to Early Modern Times”」,Center for Japanese Studies,
    The University of Michigan 主催Conference “The Early Modern
    ‘Medieval’: Reconstructing Japanese Pasts” Michigan(USA)2011
    年10月14日
  • 中世後期社会を考える」第27回大阪歴史学入門講座(於大阪歴史博物館)2011年7月2日
  • 「家財注文にみる日本中世の庶民生活」、第86回神奈川大学日本常民文化研究所研究会、2011年1月11日、神奈川大学
  • 「いま、中世後期社会を考える」、2010年度早稲田大学文学部日本史学専修三者協議会主催講演会、2010年12月1日
  • 「家財目録から見る日本中世の庶民生活」 慶北大学校嶺南文化研究院創立10周年記念国際学術シンポジウム、2010年7月3日 韓国慶尚北道大邱広域市
  • 「高等学校日本史教科書にみるジェンダー」、日本学術会議公開シンポジウム「歴史教育とジェンダーー教科書からサブカルチャーまで」、2009年12月
  • 「中世後期の社会動向―荘園制と村町制」、日本史研究会四月例会、2009年4月
  • 「益田家文書の研究が目指すもの」、益田市市民学習センター(島根県益田市)、益田市・益田市教育委員会主催、2009年1月
  • 「益田家文書の語る世界―最近の研究成果より」、島根県芸術文化センターグラントワ(益田市)、「石西の文化を学ぶれんげ草の会」主催、2008年2月
  • 「政と祭の酒宴史」、帝京大学山梨文化財研究所シンポジウム「宴の中世ー祭りと政」、2007年7月、同研究所主催
  • 「女性史料の発掘―大内政弘母の事例を通して―」、総合女性史研究会大会、2007年3月
  • 「中世一揆の世界」、飯田市歴史研究所(長野県)飯田アカデミア、2007年3月
  • 滋賀県野洲市安治区有文書「条里小字図」荘園絵図」、『日本荘園絵図聚影』釈文編中世ワ-クショップ、2007年1月
  • 「ジェンダー・展示・史料学」(国立歴史民俗博物館国際研究集会「歴史展示にみるジェンダー」、2006年10月
  • 「史料編纂所所蔵益田家文書中の差出不明仮名書状」(科学研究費基盤研究A、「大規模武家文書群による中近世史料学の統合的研究ー萩藩家老益田家文書を素材にー」研究会、2006年8月)
  • 「戦国時代と戦争」((「日本中世における戦争と政治」ワークショップ2006年3月)
  • 「戦国社会と戦争ー石見益田家文書を素材に領主にとっての戦争の意味を考える」(戦国史研究会、2006年2月)
  • 「今泉浦絵図と西野文書ー北前船前史」(第六回北前船「西回り」航路フォーラム、2004年9月)
  • 「戦国時代と佐野」第13回ウィークエンドセミナー、栃木県佐野市、2003年11月
  • 戦国時代乙訓・西岡の村々」(講演会「戦国の乙訓・西岡ー物集女城の歴史からさぐる」、京都府向日市文化会館、2003年7月)
  • 「中世一揆の諸相ー宗教一揆と世俗の一揆」(石川県立図書館、2002年7月)
  • 「信濃における戦国時代ー西国との比較を通じて」(松本市文書館講演会、2002年3月)
  • 「益田家文書の特徴と重要性」(益田市主催講演会、1998年3月12日益田市公民館、)
  • 「日本中世村落における扶養と相続」 比較家族史学会(1997年6月)
  • 「下久世荘の人と土地」東寺文書研究会報告(1996年7月)
  • 「戦国期の酒麹役ー小西康夫氏所蔵文書を中心に」史学会大会 (1989年11月)
■史料編纂 : 
  • 『出雲鰐渕寺文書』法蔵館、2015年8月
  • 『大日本古文書益田家文書之四』、2012年3月
  • 『大日本古文書益田家文書之三』、2006年3月
  • 『岩波史料 日本歴史 近世』岩波書店、2006年
  • 『大日本古文書益田家文書之二』、2003年3月
  • 『大日本古文書益田家文書之一』、2000年3月
  • 『大日本古文書 蜷川家文書之六』、1996年3月
  • 『大日本古文書 蜷川家文書之五』、1994年3月
  • 『大日本古文書 蜷川家文書之四』、1992年3月
  • 『大日本史料』十一編十八、1986年3月
  • 『大日本史料』十一編十七、1981年11月
  • 『中村吉治氏収集土一揆関係史料集(下)』(校倉書房、1998年8月
■その他 : 
  • 編著『週刊新発見!日本の歴史戦国時代1乱世を生きた人々』朝日新聞社、2013年12月
  • 書評 仁木宏『京都の都市共同体と権力』思文閣出版『年報 都市史研究 19』2012年3月
  • 書評 入間田宣夫著『百姓申状と起請文の世界』(『史学雑誌』96編10号、1987年10月)
  • 史料紹介「伊賀町万寿寺の地蔵菩薩座像胎内文書」『三重県史研究』第15号(1999年10月)
  • 報告批判 「1993年度大会、薗部寿樹報告批判」(『歴史学研究』1993年12月)
  • 学会動向 「1981年回顧と展望 中世4」(『史学雑誌』91編5号、1982年5月)
  • 『石井進の世界2 中世武士団』解説 2005年11月
  • 藤木久志『戦国の作法』平凡社ライブラリー版解説(平凡社、1998年5月)