東京大学史料編纂所

HOME > ご案内 > 教員一覧 > 研究業績

教員一覧

■氏名(かな) : 畑山 周平(はたやま しゅうへい)
■所属 : 中世史料部門
■職位・学位 : 助教/修士(文学)
■研究テーマ : 中近世移行期大名の研究
■著書・論文 : 
  • 「細川幽斎島津領「仕置」の再検討」『日本歴史』815、2016年4月
  • 「島津氏関係史料研究の課題」黒嶋敏・屋良健一郎編『琉球史料学の船出』勉誠出版、2017年5月
■講演・報告 : 
  • 「戦国期における薩摩島津氏と国衆」第111回史学会大会研究発表、2013年11月
  • 「戦国期島津氏の御一家・国衆編成」鹿児島地域史研究会例会、2013年11月
  • 「細川幽斎島津領仕置の再検討」豊臣秀吉関係文書研究会、2014年6月
  • 「島津氏関係史料研究の課題」シンポジウム「琉球史料学の船出」報告、2015年12月
  • 「天文末年の大隅情勢と上井氏の永吉移封」東京大学中世史研究会例会、2015年12月
  • 「島津家臣有川氏の「伊勢」名字獲得について」室町期研究会例会、2017年1月
  • 「戦国期南九州の有力領主」シンポジウム「戦国期における大名と「国衆」」報告、2017年7月
  • 「南九州戦国史のなかの木崎原の戦い」東京大学史料編纂所公開研究会「戦国合戦〈大敗〉の歴史学」報告、2017年12月
■史料編纂 : 
  • 『大日本史料 第十一編之二十七』2015年6月
■その他 : 
  • 共著「財津文書目録」『東京大学日本史学研究室紀要』19、2015年3月