東京大学史料編纂所

研究種目名 若手研究(B)
研究課題名 テキストマイニング分析による史学的知識抽出に関する研究(26730167)
研究期間 2014年度 ~ 2017年度
研究代表者 山田 太造
研究目的 本研究では日本史額研究における研究過程支援のため、史料目録・テキストから史学的知識を抽出し、知識間・知識─史料間・史料間などの関係を明確にしながら、内在する史学的知識・暗黙知を外在化する研究を行うため、特に(1)史学的知識の抽出・蓄積、(2)史学的知識間、史学的知識─史料間、史料館の関連性の検出、(3)知識表現・関連表現とそれらを用いた検索手法の確立を解決する。
研究実績の概要
  • 2015年度
  • 2014年度
【2015年度】
平成二十六年度までに、天正期古記録を対象として史学研究者が研究過程で蓄積してきた史学的知識、特に人名・時間に着目して調査・分析を進め、分析結果に基づき、知識および各種関連の表現方法と蓄積方法を確立するために(1)および(3)についてデザインを進めた。これにより、ある人物を時系列的に追跡し、人名間の関係を提示する手法を提案・検討してきた。平成二十七年度は、(1)についてさらに深化させ、天正期の古記録テキストから精度の高い史学的知識の抽出を行った。(2)について検討をすすめる上で、対象史料の拡大は必須であると考え、尊卑分脈や柳営補任のような家系図や任免記録も対象として史学的知識の蓄積を行い、これらの結果をもとに、(3)についての対象範囲を拡大するための改善を行った。さらに(3)について、RDFを用いた知識表現・関連表現方法を検討した。
備考