東京大学史料編纂所

HOME > 編纂・研究・公開 > 共同研究 > 歴史知識情報のオープンデータ化にむけたスキームと情報利活用手法の再構築

研究種目名 基盤研究(A)
研究課題名 歴史知識情報のオープンデータ化にむけたスキームと情報利活用手法の再構築(26240049)
研究期間 2014 ~ 2018年度
研究代表者 久留島 典子
研究目的 史料編纂所歴史情報処理システム(SHIPS)は、構築開始から三〇年余を経て約三〇種の公開データベース(以下、DB)を擁するに至り、アクセス数は年間約400万件に達している。安定的な発展を重ねる一方、開発担当者の異動や研究組織の改編に伴い、維持・更新が困難となるDBも生じ、ともすると蓄積されたコンテンツが失われかねない事態が危惧されている。 こうした状況を踏まえて、本研究は、まずSHIPSを対象として、DBを含む情報システムの総合的な構造転換を図り、個別DBの消長・再編に左右されない、普遍的な知の蓄積・公開の在り方を追究することを目指している。 さらに同様の課題を抱える諸研究組織に対して一定の指針を示すと同時に、機関・組織の枠を越えた共有の知識ベースを構築し、暗黙知・経験知として蓄えてきた歴史情報の共有化・外在化に取り組むものである。
研究実績の概要
  • 2015年度
  • 2014年度
【2015年度】
⒜ SHIPS-DB 間に共通するデータ群の析出とDB固有のデータおよび機能の明確化
前年度に実践したDB群のもつデータ構造の解析を前提に、SHIPS 総体として知識ベース化すべきものと、各DBが固有に保持すべきものに分類し、知識ベースの具体的あり方やSHIPS との連携方法について検討を進めた。あわせて知識ベースに登録するデータを、いかに汎用的に生成してゆくか、人物情報を主軸として具体的に追究した。
⒝ 共有データ生成に関する標準仕様の策定と知識ベースの整備
知識ベースの典型的事例として、前年度に構築を開始した人物情報データ用レポジトリを用いて、中世記録人名索引DBほか各種データの登録を進めた。
また登録データのRDF(Resource Description Framework)化をすすめ、リンクトデータによる汎用的な利活用が可能となるよう措置した。また既存の地理情報蓄積システムについても、同様のRDF 化・リンクトデータ化を行った。
⒞ 知識ベースとDB群を媒介するAPI機能の確立
人物情報レポジトリのリンクトデータ化を受けて、蓄積された多量・多様なデータ群をSHIPS-DB から参照するためのRDF-API 機能を確立した。同時に地理情報蓄積システムとの応答を行うRDF-API も開発・実装した。
⒟ データレベルにおける機関間相互運用
前年度に行った既存DB間連携の課題と問題点の析出を踏まえて、速やかにオープンデータに供することが可能なDBを複数選定した。また当該DBについて、オープンデータ化にむけた準備作業に着手した。
備考