東京大学史料編纂所

HOME > 編纂・研究・公開 > 共同研究 > マルチアーカイヴァル的手法による在外日本関係史料の調査と研究資源化の研究

研究種目名 基盤研究(S)
研究課題名 マルチアーカイヴァル的手法による在外日本関係史料の調査と研究資源化の研究(26220402)
研究期間 2014年度~2018年度
研究代表者 保谷 徹
研究目的 本研究では、東京大学史料編纂所が所蔵する主に一六世紀から一九世紀末頃までの海外マイクロフィルム(二〇か国・七〇機関以上、約一五〇万コマ)をデジタルアーカイヴズ化し、多言語対応可能な検索閲覧システムの開発を行うとともに、国内に所在する対外関係・対外交渉史料を含む採訪史料群(約五〇〇万コマ)や主要な編纂外交史料集(清書本・写本)を収め、海外史料と国内史料を関連付けて横断的に検索する機能の開発を検討する。さらに在外日本関係史料の重点的な調査・収集と分析に基づき、日本史を世界史的視座から見るマルチリンガル、マルチアーカイヴァルなプロジェクト研究を推進する。かかる研究を通じて史料の補充と新規収集を進め、構築したデジタル研究資源の蓄積と活用につとめて、これを新たな学術資源として市民・研究者へ公開し利活用をはかることを目的とする。
 本研究では、デジタルアーカイヴズ=研究基盤の構築を進めるチームに加え、史料調査・収集の重点課題を扱う九つのチームを設定している。すなわち、①欧米史料補充調査、②古写真(写真史料)調査、③ロシアⅠ(ロシア史料調査と共同研究・国際研究集会の実施)、④ロシアⅡ(史料の共同研究)、⑤ロシアⅢ(アイヌ・北方史史料研究:谷本代表)、⑥中国史料研究(中国档案研究/倭寇図像研究〈須田代表〉)、⑦日独関係史料研究(五百旗頭代表)、⑧日本ハワイ関係史料研究(原山代表)、⑨南欧語史料研究(岡代表)である。
研究実績の概要
  • 2017年度
  • 2016年度
  • 2015年度
  • 2014年度
【2017年度】
(1)デジタルアーカイヴズ構築班では、メタデータ付与作業に関する検討会を数次開催しつつ、データ登録作業について検討をおこなった。作業はおおむね、①データサーバへのアップロード、②ファイル単位のメタデータ入力(簡易目録)、③史料アイテム単位のメタデータ(一点目録)入力に分かれ、さらに国内採訪による対外関係・対外交渉史料マイクロフィルムのデータ入力がこれに加わった。
 現在登録作業は、海外マイクロフィルム全2739本のサーバ登録を完了し、このうち約85%については簡易目録ベースでの公開を開始している。今年度は新規収集分を含めて約38万コマを公開データに追加し、累計185万コマとなった。
 また、英国外務省対日一般外交文書(FO46)、さらに長崎県立図書館(現長崎歴史文化博物館)所蔵長崎奉行所幕末維新関係史料等について、一点目録の作成および登録をおこなった。これらの画像データはHi-CAT Plus(採訪史料の検索閲覧用システム)から所内での公開運用を開始している。
 社会連携・地域連携の試みとして、英国外務省文書FO46(TNA原蔵)に続き、横浜開港資料館所蔵FO262(英国外務省駐日公館文書)マイクロフィルム(約20万コマ)をデジタル化した。これによって英国外務省文書総計52万コマが次年度よりHi-CAT Plusで本所と開港資料館双方で公開可能となる。この事業は、年末に追加予算(300万円)をいただいて実施したが、ほかにも海外史料マイクロフィルム目録(オランダ史料分)のテキスト入力や、外務省引継書類Diplomatic Correspondence(明治外務省による幕末期欧文往復文書の写、全43巻)1.6万コマの撮影を実施した。【デジタルアーカイヴズ構築班】 (2)4月7日、台湾から馬雅貞氏(清華大学歴史研究所副教授)を招聘して、「倭寇と倭寇図像をめぐる国際研究集会:東アジアの合戦図を考える―清朝編」(史料編纂所主催)を開催した(参加者50名)。
 集会では、須田牧子助教〈倭寇班代表〉が、この間の「倭寇図巻」研究動向をまとめ、ついで板倉聖哲氏(東洋文化研究所教授)が報告者馬氏のこれまでの研究の概要について紹介した。馬氏の報告は、「刻画戦勲:清朝帝国武功的文化建構」と題し、清朝の文化覇権構造について自身の見解をまとめ、その構造下における清代の戦勲図の展開について、明代からの継承と転換・差異を意識しつつ具体的に述べたものとなった。様々な角度からの質疑や意見も交わされ、盛況であった。なお、倭寇図像に関する中国版論集(『「抗倭図巻」研究』)の編集が進行しており、翻訳原稿の提供などで協力した。
 このほか、彭浩氏(大阪市立大学)によって、中国第一歴史档案館(北京市)の調査がおこなわれ、新たに「内務府呈稿」(計159,360点)が閲覧可能となったことが確認された。日本関係は147点だが、光緒31年10月24日、総管内務府(差出人)「為呈光緒三十年十月二十五日皇太后・皇帝致贈日本国大皇帝・大皇后礼物事致外務部」(05-08-001-000166-0040)以外は、すべて琉球関係との報告であった【中国班】。
(3)5月23日、本所と日本学士院(塩野宏院長)共催による「日露関係史料をめぐる国際研究集会」を実施した(参加者60名)。報告は以下の3本である。ロシア科学アカデミー東洋古籍文献研究所ワジム・クリモフ上級研究員「日本のキリスト教に関するV.ヤマトフ(橘耕斎)の報告書」、ロシア国立海軍文書館ワレンチン・スミルノフ館長「イヴァン・フョードロヴィ チ・リハチョフの対馬計画(1860-1904)」、ロシア国立歴史文書館セルゲイ・チェルニャフスキー館長「在函館ロシア領事館―ロシア国立歴史文書館史料より―」。
 この詳細については、別項(史料編纂所主催研究集会等)をご覧いただきたい。なお、文書館長らは、研究集会に先立って日本学士院を訪問して塩野宏院長・斯波義信会員らと懇談している。また、報告者らは研究集会の翌日から函館・松前へ出張し、函館ハリストス正教会やロシア人墓地、旧ロシア領事館などの日露関係史跡、ロシアと北方で接した松前藩関係の史跡などを熱心に見学した。この三報告は年度末に刊行された『東京大学史料編纂所研究紀要』に収録された。
(4)ロシア科学アカデミー東洋古籍文献研究所との共同研究として、サハリンアイヌとの交易帳簿の日露両国語による出版公開の準備をおこなっている。本年度もクリモフ研究員を東京へ招聘して翻訳作業をおこなった。
(5)粗訳が完了したロシア海軍文書館所蔵のリハチョフ日記(1861~62)の翻訳精度をあげる作業を実施し、史料集としての公開を目指している。
(6)ロシア連邦サンクトペテルブルク市へ出張し、日本関係史料の調査・収集および共同研究の打ち合わせ等をおこなった(10月)。訪問先は、ロシア国立歴史文書館・同海軍文書館・ロシア科学アカデミー東洋古籍文献研究所・ロシア国立サンクトペテルブルク図書館(以上、サンクトペテルブルグ市)ほか。詳細は採訪報告を参照されたい。なお、今回の調査で収集した国立サンクトペテルブルク図書館のアイヌ首長ションコ宛松前藩蝦夷地奉行定書については、読売新聞・NHK・毎日新聞(北海道版)などで報道され注目された。
(7)ロシア国立海軍文書館と史料編纂所共編による『ロシア国立海軍文書館所蔵日本関係史料解説目録2』(全1296項目、320頁)を刊行し、国内外の主要機関等に頒布した。【以上、ロシアⅠ・Ⅱ班】
(8)古写真研究プロジェクト(保谷代表)、谷科研(基盤研究C)と連携し、7月、オーストリア所在日本関係古写真史料調査を実施した(採訪報告参照)。3月、その成果として、古写真研究プロジェクト編『高精細画像で甦る150年前の幕末・明治初期日本―ブルガー&モーザーのガラス原板写真コレクション―』(洋泉社、全344頁)を刊行した。【欧米補充調査班・古写真班】
(9)ハワイ班では、3月にホノルルへ出張し、ハワイ州立文書館等での撮影調査をおこない、約3,500コマを新規に収集した。詳しくは採訪報告を参照のこと。ハワイ史料については、毎日新聞等で大きく取り上げられた。【ハワイ班】
(10)そのほか、南欧班ではモンスーン文書の英文目録作成を継続し、ドイツ班では収集した史料画像の整理とサーバ登録作業をおこなった。北海道大学谷本晃久教授を研究代表とするロシアⅢ班では、サンクトペテルブルクにおける日本古典籍コレクションの形成史に取り組み、その成果を次年度の研究集会で発表する準備を行っている。【南欧班、ドイツ班、ロシアⅢ班】
(11)今年度実施した進捗状況評価において、本研究はA評価をいただき、先述のように年末に追加配分300万円を受けた。
備考