東京大学史料編纂所

HOME > 編纂・研究・公開 > 共同研究 > 日本目録学の基盤確立と古典学研究支援ツールの拡充─天皇家・公家文庫を中心に─

研究種目名 基盤研究(S)
研究課題名 日本目録学の基盤確立と古典学研究支援ツールの拡充─天皇家・公家文庫を中心に─(24222001)
研究期間 2012年度~2016年度
研究代表者 田島 公
研究目的 本研究では、二〇〇七年度~二〇一一年度科学研究費補助金学術(創成研究費)「目録学の構築と古典学の再生─天皇家・公家文庫の実態復原と伝統的知識体系の解明─」の研究成果を継承し、
1 集積した禁裏・公家文庫収蔵史料のデジタル画像約一〇〇万コマと作成済みの東山御文庫本・伏見宮家本のデジタル画像内容目録を東京大学史料編纂所閲覧室で公開する。更に宮内庁書陵部本等は、協議の上、インターネット公開の準備を行う。
2『日本古代人名辞典』新訂増補版、『日本、中国・朝鮮対外交流史年表─六〇〇年~一二〇〇年─』等の刊行を行う。
3『禁裏・公家文庫研究』や『東京大学史料編纂所研究報告』等により、禁裏・公家文庫の文庫史、収蔵史料の目録学的研究の成果を研究者に提供すると共に、古典学の市民向け公開講座を実施し、一部は本として刊行する。など、以上の四点を通じて、日本目録学の研究基盤を確立し、日本古典学進展のための研究支援ツールを拡充することを目的とする。
研究実績の概要
  • 2015年度
  • 2014年度
  • 2013年度
  • 2012年度
【2015年度】
①宮内庁書陵部図書寮文庫所蔵「続群書類従」四二六三五コマ、山口県立山 口図書館所蔵萩藩明倫館旧蔵「今井似閑本」三二三七二コマを閲覧可能な環境に整え、東京大学史料編纂所閲覧室の端末データベース「Hi-Cat Plus」(ハイ─キャット・プラス、「東京大学史料編纂所所蔵史料目録データベース」改良版)から公開した。更に公益財団法人陽明文庫所蔵掛軸・手鑑・「一般文書目録」所収「歴代天皇宸翰」・「近世名家書状」など近衞家伝来史料七六八〇コマの高精細デジタル画像を新たに作成し、上記と同様にHi-Cat Plus から公開した。
②東山御文庫本約一五〇函分の公開用メタデータ付きの画像二六五三四四コマを、史料を管理する宮内庁侍従職に提出し、東山御文庫本の画像デジタル化の進捗状況を報告するなど、東京大学史料編纂所閲覧室における東山御文庫本の画像公開の準備を進めた。
③科研での成果を総括・紹介する意味も込め、禁裏・公家文庫を中心とした 前近代の文庫と日本における古典籍の伝来や知識体系継承の歴史的特質との関係に関して、「岩波講座 日本歴史」では初めてのテーマとなる論文「文庫論」において発表した。
④『日本古代人名辞典』増補改訂のため、旧版の元データ二二五四五件に全てルビを振るなど、原稿の入稿の準備を進めた。
⑤研究組織内での共通認識を高めるため、研究会を行うとともに、一般市民向けに「陽明文庫講座」等の公開講座を二二回開催した。詳細は以下の通り。
[所内研究会]
二〇一五年六月一九日(金) 於東京大学史料編纂所中会議室
遠藤基郎「昨年度デジタル画像の公開状況報告および柳原旧蔵本「諸文書部類」中の東大寺文書管見」
尾上陽介「大日本古記録未収の猪隈関白記について」
二〇一五年十月一六日(金) 於東京大学史料編纂所中会議室
月本雅幸 新刊紹介「大東急記念文庫善本叢刊 中古中世篇 別巻二 伊呂波字類抄 第五巻」
藤本灯(国立国語研究所特任助教)「「いろは字類抄」の伝本研究」
田島公「花山院家本『色葉字類抄』中・下冊と十巻本『伊呂波字類抄』の頭書─十巻本『伊呂波字類抄』諸社・諸寺部を中心に─」
[所外講演会・公開講座]
㈠西尾市岩瀬文庫特別連続講座「史料から歴史の謎を読み解く二〇一五」
会場:西尾市岩瀬文庫(愛知県西尾市)
主催:本科学研究費、西尾市岩瀬文庫
参加人数:のべ約一七〇人
第一回 二〇一五年一一月一日(日)
山本聡美「日本美術にみる死の表現─西尾市岩瀬文庫所蔵「九相詩絵巻物」を中心に」
第二回 二〇一六年一月三一日(日)
末柄豊「戦国時代の天皇─西尾市に伝わる文化財を手がかりに─」
第三回 二〇一六年三月六日
田島公「猿は馬の守り神─厩猿(うまやさる)信仰の始まりを岩瀬文庫資料から読み解く」
㈡二〇一五年 善光寺御開帳記念講座【続・古典を読む─歴史と文学─】
会場:金鵄会館(長野県立長野高校同窓会館/長野県長野市)
主催:本科学研究費 協力:一般社団法人長野教育文化振興会
参加人数:のべ約三二〇人
第一回 二〇一五年四月一一日(土)
鈴木景二(富山大学人文学部歴史文化コース教授)「越中立山と善光寺─仏の道がつなぐ霊場と信仰─」
第二回 二〇一五年四月一八日(土)
田島公「縁起と史実: 善光寺創建の謎を解く─十巻本『伊呂波字類抄』「善光寺古縁起」を如何に読むと史実が見えてくるか─」
第三回 二〇一五年四月二五日(土)
西本昌弘(関西大学文学部総合人文学科日本史学専修教授)「皇極(斉明)天皇の実像と『善光寺縁起』」
第四回 二〇一五年五月二三日(土)
本郷真紹「善光寺信仰の広がり─女人救済と善光寺如来─」
㈢ 公開講座【続・古典を読む─歴史と文学─】「いま明かされる古代三五 &戦国」
会場:金鵄会館(長野県立長野高校同窓会館/長野県長野市)
主催:本科学研究費 協力:一般社団法人長野教育文化振興会
参加人数:のべ約四八〇人
第一回 二〇一五年八月一日(土)
金子拓「それぞれの大坂の陣─「勝ち組」の事情─」
第二回 二〇一五年八月八日(土)
山田邦明(愛知大学文学部人文社会学科教授)「上杉謙信の個性─書状を 読み解く─」
第三回 二〇一五年八月二二日(土)
古畑徹(金沢大学人間社会研究域歴史言語文化学系教授)「貞素の旅─唐・渤海・日本を往復した渤海僧─」
第四回 二〇一五年八月二九日(土)
吉永匡史(金沢大学人間社会研究域歴史言語文化学系准教授)「日本古代国家と軍事力─東アジアの視点から─」
第五回 二〇一五年九月五日(土)
武井紀子(弘前大学人文学部国際社会講座講師)「古代国家の財政システム─租税の生産から納入まで─」
第六回 二〇一五年九月一二日(土)
鴨川達夫「信濃をめぐる戦国武将たち─入って来た者、出て行った者、通り過ぎた者─」
㈣公開講座【続・古典を読む─歴史と文学─】「いま明かされる古代三六」
会場:金鵄会館(長野県立長野高校同窓会館/長野県長野市)
主催:本科学研究費 協力:一般社団法人長野教育文化振興会
参加人数:のべ約三二〇人
第一回 二〇一五年一〇月二四日(土)
中井正幸(大垣市教育委員会文化振興課文化財専門官)「三野の原像を古墳から読み解く─昼飯大塚古墳の調査と活用から─」
第二回 二〇一五年一一月七日(土)
金田章裕「古代の東大寺領荘園─条里プラン・国司・地元有力者─」
第三回 二〇一五年一二月五日(土)
有富純也(成蹊大学文学部国際文化学科准教授)「古代神社社殿の成立─律令国家の宗教政策─」
第四回 二〇一五年一二月一九日(土)
告井幸男(京都女子大学文学部史学科准教授)「信濃上代史序説─氏族・国造制・部民制─」
㈤陽明文庫講座
会場:立命館大学朱雀キャンパスホール(京都市中京区)
主催:本科学研究費 共催:立命館大学、東京大学史料編纂所
後援:公益財団法人陽明文庫
参加人数:のべ五一九人
第一回 二〇一六年一月二四日(日)
テーマ:陽明文庫の指図・絵巻の世界─デジタル画像の国際京都学センター(仮称)での公開に際して─
金田章裕「再び『陽明文庫本 宮城図をめぐって』」
名和知彦「デジタルデータに遊ぶ」
名和修「年中行事絵巻に見る王朝のみやび」
第二回 二〇一六年二月二〇日(土)
テーマ:陽明文庫の書状の世界
名和修「書状を読む楽しさ─勘返状を中心に─」
藤井譲治(京都大学名誉教授・石川県立歴史博物館館長)「前久が手にした関ケ原情報─最新の調査の成果から─」
㈥関市立図書館講座「寺だ!織田だ!巻物だ!」
会場:わかくさプラザ総合福祉会館三階会議室(岐阜県関市)
主催:関市立図書館、本科学研究費 共催:関市教育委員会
参加人数:のべ約二四〇人
第一回 二〇一五年一〇月二五日(日)
上野英二(成城大学文芸学部教授)「平安のアニメーション─王朝物語絵巻のたのしみ─」
第二回 二〇一五一一月二八日(土)
田島公「善光寺のはじまり─「善光寺縁起」を読む─」
第三回 二〇一六年一月三〇日(土)
木下聡(東京大学史料編纂所特任研究員)「美濃と織田氏」
⑥これまでの「陽明文庫講座」の講演内容を書籍化した『近衞家名宝からたどる宮廷文化史─陽明文庫が伝える千年のみやび』(笠間書院 二〇一六年三月)を刊行した。
⑦本研究費に係る研究実績・調査活動(本科研費により得た研究成果であると記載されたものは、※印あり)
【図書】
稲田奈津子「日本古代の喪葬儀礼と律令制」(吉川弘文館)全二八〇頁、二〇一五年九月。
吉川真司編「古代の人物四 平安の新京」(清文堂出版)全三九六頁、二〇一五年一〇月。
田島公編「近衞家名宝からたどる宮廷文化史─陽明文庫が伝える千年のみやび」(笠間書院)全二八七頁、二〇一六年三月※。
【研究論文等】
名和修「陽明文庫の沿革─成り立ちといまのありよう─」(前掲『近衞家名 宝からたどる宮廷文化史─陽明文庫が伝える千年のみやび』、一〇~二六頁)。
湯山賢一(奈良国立博物館館長)「『摂関家旧記目録』の筆者は藤原忠実か─ 摂関家再興の象徴─」(前掲『近衞家名宝からたどる宮廷文化史─陽明文庫が伝える千年のみやび』、二七~四〇頁)。
北啓太「禁裏文庫と近衞家─江戸・明治期の様相─」(前掲『近衞家名宝からたどる宮廷文化史─陽明文庫が伝える千年のみやび』、四一~六七頁)。 名和修「『御堂関白記』の魅力あれこれ」(前掲『近衞家名宝からたどる宮廷文化史─陽明文庫が伝える千年のみやび』、七〇~八五頁)。
朧谷壽(同志社女子大学名誉教授)「藤原道長『御堂関白記』が語る栄華の真実─三代の天皇を孫で独占するまで─」(前掲『近衞家名宝からたどる宮廷文化史─陽明文庫が伝える千年のみやび』、八六~一〇四頁)。
五味文彦(放送大学教授・東京大学名誉教授)「『御堂関白記』と『枕草子』」(前掲『近衞家名宝からたどる宮廷文化史─陽明文庫が伝える千年のみやび』、一〇五~一一六頁)。
尾上陽介「『兵範記』紙背文書やその他の断簡からの発見」(前掲『近衞家名宝からたどる宮廷文化史─陽明文庫が伝える千年のみやび』、一一八~一四九頁)。
本郷恵子「南北朝時代の公武関係─『後深心院関白記』にみる足利義満の成長─」(前掲『近衞家名宝からたどる宮廷文化史─陽明文庫が伝える千年のみやび』、一五〇~一六九頁)。
藤井譲治「織豊期の近衞家をめぐって─前久と信尹の武家的性格─」(前掲『近衞家名宝からたどる宮廷文化史─陽明文庫が伝える千年のみやび』、一七〇~一八五頁)。
島谷弘幸(九州国立博物館館長)「近衞家の書跡─その価値と魅力─」(前掲『近衞家名宝からたどる宮廷文化史─陽明文庫が伝える千年のみやび』、一八八~二一六頁)。
芳村弘道(立命館大学文学部教授)「陽明文庫の漢籍─優品三十六点を厳選 解説─」(前掲『近衞家名宝からたどる宮廷文化史─陽明文庫が伝える千年のみやび』、二一七~二四三頁)。
金田章裕「「宮城図」をめぐって─九条家本・陽明文庫本・東山御文庫本への系譜─」(前掲『近衞家名宝からたどる宮廷文化史─陽明文庫が伝える千年のみやび』、二四四~二六〇頁)。
川尻秋生「古代の運河と交通」鈴木靖民・川尻秋生・鐘江宏之編『日本古代の運河と水上交通』(八木書店)二〇一五年五月、三~二四頁。 遠藤基郎「基衡の苦悩」柳原敏昭編『東北の中世史一 平泉の光芒』(吉川弘文館)二〇一五年六月、三三~五八頁。
金子拓「島津家文書「大坂御弓箭ノ時御城ノ絵図」について─大坂冬の陣の 一齣─」『東京大学史料編纂所附属画像史料解析センター通信』七〇、二〇一五年七月、二~九頁。
川尻秋生「文の場─「場」の変化と漢詩文・和歌・「記」」河野貴美子ほか編『日本「文」学史 「文」の環境─「文学」以前』(勉誠出版)二〇一五年九月、三七八~四〇四頁。
金子拓「東京国立博物館所蔵長篠合戦図屏風について」『東京大学史料編纂 所附属画像史料解析センター通信』七一、二〇一五年一〇月、八~二〇頁。 馬場基「古代日本の動物利用」松井章編『食の文化フォーラム三三「野生から家畜へ」』(ドメス出版)二〇一五年一〇月、四二~六三頁。
稲田奈津子「尊経閣文庫所蔵『暇服事』解説」前田育徳会尊経閣文庫編『尊経閣善本影印集成第五五冊 消息礼事及書礼事・大臣二人為尊者儀・大要抄・大内抄・暇服事』(八木書店)二〇一五年一一月一〇日、六三~八七頁。
金田章裕「東大寺領荘園と条里プラン」『仏教文化遺産の継承 自然・文化・東大寺 論集』(ザ・グレイトブッダ・シンポジウム論集)三号、二〇一五年一二月、七~二三頁。
遠藤珠紀「朝廷官位を利用しなかった信長、利用した秀吉」日本史史料研究会監修、神田裕理編『戦国時代の天皇と公家衆たち』(洋泉社)二〇一五年一二月、一六二~一八四頁。
金子拓「最上氏と出羽の領主」遠藤ゆり子編『東北の中世史四 伊達氏と戦国争乱』(吉川弘文館)二〇一五年一二月、一二〇~一五一頁
尾上陽介「陽明文庫所蔵の『明月記』紙背文書について」『明月記研究』一四、二〇一六年一月、七四~八五頁※。
遠藤珠紀「「明月記歌道事」伝本について」『明月記研究』一四、二〇一六年一月、五九~七三頁。
馬場基「中央と地方を結ぶ人々の動き」舘野和己・出田和久編『日本古代の交通・交流・情報一』(吉川弘文館)二〇一六年一月、八五~一〇四頁
山口英男「正倉院文書と古代史料学」大津透他編『岩波講座 日本歴史』二二(岩波書店)二〇一六年二月、三二一~三四八頁。
田島公「文庫論」大津透他編『岩波講座 日本歴史』二二(岩波書店)二〇一六年二月、三四九~三七五頁。
遠藤珠紀「豊臣秀次の叙従一位について」『戦国史研究』七一、二〇一六年三月、三一~三二頁、査読有。
山口英男「正倉院文書の〈書類学〉」『日本史研究』六四三、二〇一六年三月、一~二〇頁。
馬場基「珍絵文字との出会い」『人環フォーラム』第三五号、二〇一六年三月、三六~三七頁。
遠藤珠紀・須田牧子・田中奈保・桃崎有一郎「綱光公記─文安五年記・文安六年正月~三月記・文安五年符案─」『東京大学史料編纂所研究紀要』二六、二〇一六年三月、九四~一〇七頁。
伴瀬明美「室町期の醍醐寺地蔵院─善乗院聖通の生涯を通して─」『東京大学史料編纂所研究紀要』二六、二〇一六年三月、一七~三五頁。
金田章裕「条里と尾張・三河の条里遺構」愛知県史編さん委員会編『愛知県史 通史編一 原始・古代』(愛知県)二〇一六年三月、七八七~八五八頁。 【講演・口頭報告】
吉川真司【招待講演】「『日本霊異記』の語る日本古代仏教」ドナルドキーンセンター講演会、二〇一五年四月三日、コロンビア大学(アメリカ合衆国 ニューヨーク市)
金子拓【招待講演】「『信長記』と美濃」岐阜県博物館特別展『天下人の時代─信長・秀吉・家康と美濃─』講演会、二〇一五年五月二四日、岐阜県博物館(岐阜県関市)
小倉慈司「「古代の百科全書『延喜式』の総合書物学研究」プロジェクトについて」延喜式研究会研究集会、二〇一五年七月五日、法政大学市ヶ谷キャンパス(東京都千代田区)
遠藤基郎「中世東大寺の燈油関連組織─御油目代・勧進所油倉・大仏殿燈油聖・大仏殿燈油納所─」日本古文書学会大会、二〇一五年九月一三日、就実大学(岡山県岡山市)
吉川真司【国際学会】「古代日本の文化受容と世界観」「歴史と文化」国際研討会、二〇一五年九月一九日、清華大学(中国北京市)
末柄豊【招待講演】「山名氏と因幡・伯耆」「新鳥取県史資料編─古代中世一─古文書編」刊行記念講演会─古文書が語る中世の鳥取、二〇一五年九月二〇日、鳥取県立博物館(鳥取県鳥取市)
山口英男【招待講演】「正倉院文書の〈書類学〉」日本史研究会・大会、二〇一五年一〇月一〇日、京都大学吉田キャンパス(京都府京都市)
末柄豊【招待講演】「若狭武田氏の時代」特別展「若狭武田氏の誇り」記念講演会、二〇一五年一〇月一一日、福井県立若狭歴史博物館(福井県小浜市)
小倉慈司「日記から見た摂関期の神祇祭祀認識」史学会第一一三回大会シンポジウム「摂関期の国家と社会」、二〇一五年一一月一五日、東京大学本郷キャンパス(東京都文京区)
馬場基「歴史的文字に関する経験知・暗黙知の蓄積と資源化の試み」シンポジウム「字体と漢字情報」─ HNG 公開一〇周年記念─、二〇一五年一一月二一日、国立国語研究所講堂(東京都立川市)
金子拓【招待講演】「織田信長と朝廷」第八回信長学フォーラム基調講演、二〇一五年一一月二二日、じゅうろくプラザホール(岐阜県岐阜市)
馬場基「沖縄先島のカイダーディ文字板について(木簡観察)」第三七回木簡学会総会・研究集会、二〇一五年一二月五日、奈良文化財研究所平城宮跡資料館講堂・小講堂(奈良県奈良市)
桃崎有一郎【招待講演】「北条氏権力の専制化と鎌倉幕府儀礼体系の再構築─得宗権力は将軍権力簒奪を指向したか─」学習院大学史学会二〇一五年例会「歴史のなかの儀礼と権力─支配者権力の象徴機能と秩序形成」、二〇一五年一二月一二日、学習院大学(東京都豊島区)
田島公【招待講演】「席田郡建郡の歴史的背景と舟木(船木)─三野(美濃)における「王領」と「渡来人」─」本巣市教育委員会主催「席田郡建郡一三〇〇年記念 船来山古墳群市民報告会」、二〇一五年一二月一三日、岐阜県本巣市すこやかセンター地域交流室(岐阜県岐阜市)
吉川真司【国際学会】「古代東大寺の楽舞と楽人」第一四回グレートブッダシンポジウム、二〇一五年一二月二〇日、東大寺(奈良県奈良市) 馬場基「木簡から書写文化の伝来を考える─技術としての文字─」関西東大会新年祝賀会兼第三〇回総会、二〇一六年一月二四日、ホテルグランヴィア大阪(大阪府大阪市)
金子拓【招待講演】「最上氏と出羽の領主」山形市立図書館市民講座、二〇一六年三月五日、山形市立図書館(山形県山形市)
金子拓【招待講演】「織田信長と長篠の戦い」明治大学博物館友の会近世史講演会、二〇一六年三月一二日、明治大学(東京都千代田区)
【主な調査先および概要】
西尾市岩瀬文庫 同文庫と共催の連続講座「史料から歴史の謎を読み解く二〇一五」の企画準備・当日運営、および史料調査(二〇一五年一〇・一一・一二月、二〇一六年一・三月)/金鵄会館 各種公開講座の企画打合せ・当日運営等(二〇一五年四・五・八・九・一〇・一一・一二月、二〇一六年三月)/公益財団法人陽明文庫 同文庫所蔵資料の調査、高精細デジタル撮影に関する打合せ・立ち会い、「陽明文庫講座」の企画・協議・準備等(二〇一五年五・七・八・一〇・一二月)/わかくさ・プラザ総合福祉会館・関市立図書館 共催の講演会の事前打ち合わせ・当日運営等(二〇一五年一一月、二〇一六年一月)/立命館大学朱雀キャンパス 「陽明文庫講座」の企画打合せ・当日運営等(二〇一六年一・二月)/京都御所東山御文庫 東山御文庫収蔵禁裏本の原本調査(二〇一五年一〇・一一月)/奈良文化財研究所 資料調査、『日本古代人名辞典』についての協議(二〇一五年七・九・一二月) /この他、奈良国立博物館、福井県立歴史博物館、京セラ美術館、石川県立美術館、石山寺豊浄殿、長野県信濃美術館、柏原市立歴史資料館、大和文華館などで展観中資料の熟覧を行い、立命館大学図書館、善光寺、靜嘉堂文庫などで資料調査・収集をそれぞれ行った。また、鳥羽殿跡、舂稲神社・船来山古墳群(以上、岐阜県本巣市)などで現地踏査を行った。
【報道】
「平安貴族のリアル 日記に浮かぶ」『日本経済新聞』(日本経済新聞社)二 〇一六年二月一三日(土)文化四四面
「近衞前久の書状解説」『毎日新聞』京都版、二〇一六年二月二一日(日)二 六面
「天下分け目の「青野カ原」?」『毎日新聞』朝刊(毎日新聞大阪本社)二〇 一六年三月三一日(木)社会二九面
【平成二七年度研究進捗評価結果】(平成二七年九月十六日付「独立行政法人 日本学術振興会科学研究費審査・評価第二部会部会長村上洋一」氏よりの通知書」)
評価 A(当初目標に向けて順調に研究が進展しており、期待どおりの成果が見込まれる)
意見等
本研究は二つの課題に向けて行われてきているが、その一つである日本古典学の支援ツールの面では、多くの機関と連携して所期の成果を上げているばかりか、予想以上の成果が上がっており高く評価できる。特に、禁裏文庫や近衛家文庫などとの連携により、その全貌が明らかにされつつあることは、研究者に大きな夢を与えてくれる。
もう一つの目録学の基盤確立については、個々の研究においては優れているものの、総体の展望を示すような研究への取組が更に求められる。目録学が学問史、文化史、知の体系史を考える上で極めて重要な学問であることを示すような研究の進展と、そのことを広く訴える機会を設けることが望まれる。
【ホームページ】
科学研究費(基盤研究🄢)「日本目録学の基盤確立と古典学研究支援ツールの拡充─天皇家・公家文庫を中心に─」ホームページ(禁裏・公家文庫研究の窓)。現在までの本研究課題の研究成果や進捗状況、講演会活動などに関して、随時掲載。
http://www.hi.u-tokyo.ac.jp/kodai/kinri-kuge-index.html
その他、関係機関のホームページは以下の通り。
奈良文化財研究所 http://www.nabunken.go.jp/
木簡人名データベース http://jinmei.nabunken.go.jp/mokkan_name/
立命館大学 http://www.ritsumei.jp/
西尾市岩瀬文庫
http://www.city.nishio.aichi.jp/nishio/kaforuda/40iwase/index.html
公益財団法人陽明文庫 http://ymbk.sakura.ne.jp/
一般社団法人長野教育文化振興会・一般社団法人長野高等学校金鵄会
http://www.kinshi.org/simindaigaku/index.html
備考