東京大学史料編纂所

HOME > 編纂・研究・公開 > 共同研究 > 平安時代の政治システムの構造とその実態に関する研究

研究種目名 研究活動スタート支援
研究課題名 平安時代の政治システムの構造とその実態に関する研究(16H06698)
研究期間 2016年度~2017年度
研究代表者  黒須 友里江
研究目的 本研究は、平安時代の太政官における政治手続きの検討により、古代から中世への過渡期である平安時代の複雑性を明らかにしようとするものである。平安時代の評価については複数の見解が提示されいまだ一致を見ておらず、多面的な検討を進めることが必要とされている。
研究実績の概要
  • 2016年度
【2016年度】
今年度は、平安時代に太政官で行われていた行政処理の三つの方法(外記政、南所申文、陣申文)について、どのような秩序のもと併存し、その様相はどのように変化していったのかという問題を扱った。具体的には、各方法について一〇世紀半ばから一二世紀半ばまでの実例を古記録等から抽出し、それぞれの開催状況とその特徴・推移を検討した。その結果、これまで類似性が指摘されてきた南所申文と陣申文について大きな差異を見出すことができたほか、これらの行政処理の方法が儀式化したと評価する指標となる実例も見出すことができた。
備考