東京大学史料編纂所

研究種目名 基盤研究(C)
研究課題名 維新政権期における明治太政官文書の生成・蓄積と伝来に関する復元的研究(15K02859)
研究期間 2015年度~2017年度
研究代表者 箱石 大
研究目的 本研究は、従来、文書原本がほとんど失われているとして、事実上研究の 空白期間とされてきた維新政権期(一八六七年の王政復古による新政府の成 立から一八七一年の廃藩置県までの時期)における明治太政官文書を研究の 対象とし、①最近、国立公文書館・東京大学史料編纂所で現存が再確認され た明治太政官文書原本群と、②府藩県三治制という当該期の地方統治体制の 中で大きな比重を占めていた諸藩の側に残る明治太政官関係文書を素材に、 文書個別の形態・機能のみならず、文書群として生成・蓄積された過程とそ の構造の復元・分析、及び文書群としての様態や所蔵形態を様々に変遷させ ながら今日まで伝来してきた経緯の解明を行なうことにより、近世・近代移 行期文書論の創成や、維新政権期政治史研究のための史料学の構築に貢献す ることを目的としている。
本研究では、①国立公文書館と史料編纂所に分割所蔵されている維新政権 期明治太政官文書原本群と、②各地に現存する旧藩大名家文書から抽出した 明治太政官関係文書を対象に、文書群としての生成・蓄積過程とその構造の 復元・分析、及び文書群としての伝来経緯の解明を、各年度にわたって同時 並行的に進める計画とする。研究用データの収集は、各所蔵機関において文 書原本などを直接閲覧・調査して実施するほか、デジタルカメラを使用した 写真撮影によって行なう。
①国立公文書館と東京大学史料編纂所に分割所蔵されている明治太政官文書 原本群の分析
史料編纂所所蔵「復古記原史料」の整理未着手分の目録データを作成して 公開するとともに、これに関連する内容の国立公文書館所蔵文書簿冊類「雑 種公文」などについては件名目録を作成し、両者のデータを照合した結果を 踏まえ、本来は一体であった維新政権期明治太政官文書群の構造、文書の処 理システム、文書群としての生成・蓄積過程の復元・分析、及び管理・保存 状況とその伝来の経緯の解明を行なう。
②旧藩大名家文書から抽出した明治太政官関係文書の分析
触頭諸藩を中心に、各地に現存する主要な旧藩大名家文書から明治太政官 関係文書を抽出・調査し、文書の内容とともに、太政官と諸藩間の文書授受 システムの復元・分析、及び諸藩側における太政官関係文書の管理・保存状 況と現在までの伝来の経緯の解明を行なう。
③研究成果の公開
本研究で新たに作成した「復古記原史料」の一点ごとの目録情報は、史料 編纂所が公開している「所蔵史料目録データベース」に登録し、国内外の利 用者がインターネット上で自由に検索できるようにする。また、これ以外の 研究成果については、『東京大学史料編纂所報』・『東京大学史料編纂所研究 紀要』・『東京大学史料編纂所附属画像史料解析センター通信』などにより随 時公開する。
研究実績の概要
  • 2015年度
【2015年度】
本年度の研究成果は、以下の通りである。
①国立公文書館と東京大学史料編纂所に分割所蔵されている明治太政官文書原本群の分析
史料編纂所所蔵「復古記原史料」については、研究協力者石田七奈子氏の助力を得て、整理未着手分の整理・目録データ作成、及びその内容分析を進めた。本年度は一七七七件の目録データ作成が完了した。
また、国立公文書館所蔵文書の調査により、維新政府の弁事役所官掌・行政官弁事伝達所・留守官伝達所(官掌)が作成した「日記」は、諸藩・寺社その他から提出された上申文書の受付記録であることが判明しているが、本年度は、この「日記」の概要調査を実施した。その結果、慶応四年(一八六八)四月から、京都の留守官が廃止された明治四年(一八七一)九月までの記事を収録する二三冊が現存すること(ただし明治元年十月分を欠く)、そして、明治二年九月分以降は留守官の作成であることを確認した。今後は、「日記」の記事内容と「復古記原史料」及び国立公文書館所蔵「雑種公文」とを対照することによって、維新政府に提出された上申文書の全体像を把握する手掛かりが得られるだろう。
さらに、横浜開港資料館所蔵稲生典太郎文庫の調査により、同文庫史料の中に維新政府の外国官関係文書の原本・写本類六冊が含まれていることを確認した。
②旧藩大名家文書から抽出した明治太政官関係文書の分析
秋田県公文書館所蔵の秋田藩佐竹家関係史料のうち、写真撮影済みの明治太政官関係文書の分析を進め、慶応四年四月分までではあるが、太政官発給文書の料紙の種類・形態、包紙の紙の種類・ウワ書きなどが記録されている史料の存在を明らかにした。本史料は、諸藩が受領した明治太政官文書の原本の形態などを同定する際に有用なものであることを確認した。
なお、本年度実施した出張調査等は、以下の通りである。
〔出張調査〕
横浜開港資料館所蔵稲生典太郎文庫史料の調査(二〇一五年一〇月一・七・二一日)
〔企画展示図録〕
「北ドイツ連邦の成立と戊辰戦争」ほか分担執筆(『ドイツと日本を結ぶもの─日独修好一五〇年の歴史─』国立歴史民俗博物館、二〇一五年七月)
〔講演〕
「近世の宮古港─開港から明治維新まで─」(宮古港開港四〇〇周年記念事業:宮古港歴史・復興講演会、於・宮古市民文化会館、二〇一五年四月二四日)
備考