東京大学史料編纂所

研究種目名 基盤研究(C)
研究課題名 開港前・後の問屋仲間と藩専売(15K02858)
研究期間 2015年度~2017年度
研究代表者 横山 伊徳
研究目的
研究実績の概要
  • 2016年度
  • 2015年度
【2016年度】
 昨年度に引き続き、開港に伴う諸藩の国産品生産・集荷について事実関係 の再検討と、その基本史料の活用のためのシステム構築を行った。
①国会図書館蔵旧幕引継史料『市中取締続類集』にある「諸国産品之部」(全 三冊)の分析を行った。本年度は株仲間解散令により諸藩の国産品取扱の変 化について検討した。その結果、再興令直前(嘉永前期)における、諸藩の 国産品販売が中央市場の問屋を経由しないパターンが公然化すること、また、 再興令後も姫路藩や彦根藩が国産取扱について、幕府から特別な取扱を受け ていることが明らかとなった。また、これら経済政策の前提となる、幕府の 大名政策についての研究についても、公にした。
②昨年採訪した佐賀藩(本藩・支藩)の史料をはじめとして、佐賀藩の専売 と長崎との関係について検討を進めた。特に長崎オランダ商館との関係では、 商館側の動きに関するオランダ語史料を一八五四年から五六年にかけて収集 した。また、対馬藩については再び出張し、専売関係の史料を調査した。
③昨年メタデータ入力を開始した本所編『諸問屋再興調』について、システ ムの整備を行い、データ搭載を可能とするところまで終えた。入力すべきメ タデータについては、入力前のデータ整序、入力外注を進め、一五冊全冊に ついてデータ整序を終え、うち一三冊までの入力を終え、半分程度の校正を 進行中である。また、昨年試行的に作成した構造化データ(第三冊分)につ いては、試験的な投入を行う段階となった。
備考