東京大学史料編纂所

研究種目名 基盤研究(C)
研究課題名 中世文献史料の複合的性格と知識の共有および継承についての研究(15K02826)
研究期間 2015年度~2017年度
研究代表者 本郷 恵子
研究目的 中世社会を知るための文献史料は、大きく古文書・古記録・編著物の三種に分類されており、それぞれが特有の性格を持っている。一方で、記録の中に貼り継がれたり、控えとして写しおかれた文書や紙背文書、発給文書の記録である引付、史書や説話が引用・依拠する文書や記録等、三種の史料は相互に関係しあい、乗り入れあいながら存在している。さらに中世史料が現代にまで伝来する過程には、書写・保管、廃棄や利用等、なんらかの形で史料に営為をほどこす人々の意識や価値観が大きく影響している。このような文献史料の複合的性格に注目し、その具体相を提示するとともに、前近代を通じての情報の管理・継承の方法を考察し、歴史学的視点からのリテラシー論の見通しをつけることが、本研究のめざすところである。
中世社会において、様式・礼節を踏まえ、適切な文体を選んで、体裁の整った文書を作成することのできる人々は限られており、特殊な教育・訓練を受けた層といってよい。一方で、意志や価値を媒介する道具として、文書に対する社会的需要はきわめて高かったと思われる。そのことはすなわち、文書の作成能力や読解能力の有無とは別に、庶民も含めた中世の人々にとって、文書に対する感受性・親和性が内在化していたことを意味するであろう。
本研究では上記三種の史料の分類の、境界が曖昧な部分、重なり合う部分に注目しながら、中世社会における文書や文献の位置・役割を考えていく。
研究実績の概要
  • 2016年度
  • 2015年度
【2016年度】
二〇一六年度は、①貴族社会の礼式 に関わる書状の交換や先例を記録した史料の分析と翻刻、②伝来が複雑で、 一部散逸してしまっている文書群についての現所蔵者の探索および伝来の事 情の検討、③尾張の国学者の足跡の調査の三つのテーマについて研究を実施 した。
 ①は儀礼や故実に対する興味や現実的な必要に迫られて、先例を尋ねたり、 意見を求めたりするためにやりとりされた書状等の集積で、それじたいが有 用な知識・議論であると認識され、記録されたものと思われる。勘返状や女 房奉書等、口語的な表現が用いられているものも多く、貴族社会におけるリ アルな意見交換やロジックの構成を知ることができる。一方で、全体の脈絡 や編集方針等を見出すことが難しいという問題があり、今後、同時期の記録 等を探索しながら、さらに検討する必要がある。②は、特定の家に伝わった 史料群が、伝来の過程で他家の史料をとりこむ一方、一部が流出するなどの、 複雑な事情に陥ったケースを検討した。伝来に問題があるだけでなく、それ を扱う研究史のうえでの誤認等も生じており、混乱が深まったという経緯が ある。このような場合には、混乱を解きほぐすとともに、どの時点での文書 群のまとまりを意味あるものと解釈するかが問われることとなる。また③で は、いくつかの重要史料の写本をのこしながら、必ずしも事蹟のあきらかで ない尾張の国学者に注目し、各所に散逸している写本の調査を継続している。  以上の調査・検討を通じて対象としたのは、複線的な検討によらなければ 価値を見出すことが難しい史料群である。これらの史料群が長年月の間に抱 えてきた事情のすべてを明らかにすることは簡単ではないが、できるかぎり 研究を深めていきたい。
 二〇一六年度の具体的な進捗状況は、以下のとおりである。
①西尾市岩瀬文庫所蔵『消息案』の翻刻を行い、「史料紹介」として『東京 大学史料編纂所研究紀要』二七号(二〇一七年三月発行)に掲載した。柳原 家旧蔵の『消息案』は、応永二十五年(一四一八)から天正五(一五七七) にいたる種々の史料を書写したものである。なかに「薩戒記」逸文を含むな ど、他にみられない史料が写されている場合があり、非常に興味深い。文書 の文面のほか、封式等についても詳細に論じられ、複数の意見やロジックが 錯綜している様子をみることができる。
②千葉氏の庶流原氏に関係する『原文書』の伝来について検討した。『原文書』 は、永禄~天正年間(一五五八~一五九二)のものが中心だが、なかに上野 国の富岡氏の文書が、宛所を切断された状態で多数混在している。原・富岡 両氏は、ともに下総結城において結城秀康に召し出され、秀康の移封にとも なって、越前福井藩に仕えるところとなった。福井藩士という共通項によっ て関係を持ち、何らかの事情で、富岡氏が所蔵する後北条氏発給の文書の一 部が原氏に移管されたと考えられる。「福井藩」という要素は、その後の伝 来でも重要であり、原氏が代々所蔵してきた文書群は、一九五六年の段階で は、福井藩の御典医の末裔でコレクターとして著名であった開業医の岡部敢 氏(東京在住)が保管していると伝えられている。そこから各所に散逸して いったらしい。現在では大部分が千葉市郷土博物館の所蔵となり、富岡文書 の混入も含めて『原文書』のたどった歴史の一部と考え、一括史料として認 定されている。このほか、同じく散逸が著しい文書群として京都梅津の『長 福寺文書』に注目し、同寺所蔵の『長福寺寺記』の翻刻を進めた。
③尾張の国学者である取田(橘)正紹に注目し、彼の書写史料について検討 した。筑波大学図書館に出張して、同人の著作および奥書を持つ史料の調査 を行った。
備考