東京大学史料編纂所

研究種目名 基盤研究(C)
研究課題名 中世文献史料の複合的性格と知識の共有および継承についての研究(15K02826)
研究期間 2015年度~2017年度
研究代表者 本郷 恵子
研究目的 中世社会を知るための文献史料は、大きく古文書・古記録・編著物の三種に分類されており、それぞれが特有の性格を持っている。一方で、記録の中に貼り継がれたり、控えとして写しおかれた文書や紙背文書、発給文書の記録である引付、史書や説話が引用・依拠する文書や記録等、三種の史料は相互に関係しあい、乗り入れあいながら存在している。さらに中世史料が現代にまで伝来する過程には、書写・保管、廃棄や利用等、なんらかの形で史料に営為をほどこす人々の意識や価値観が大きく影響している。このような文献史料の複合的性格に注目し、その具体相を提示するとともに、前近代を通じての情報の管理・継承の方法を考察し、歴史学的視点からのリテラシー論の見通しをつけることが、本研究のめざすところである。
中世社会において、様式・礼節を踏まえ、適切な文体を選んで、体裁の整った文書を作成することのできる人々は限られており、特殊な教育・訓練を受けた層といってよい。一方で、意志や価値を媒介する道具として、文書に対する社会的需要はきわめて高かったと思われる。そのことはすなわち、文書の作成能力や読解能力の有無とは別に、庶民も含めた中世の人々にとって、文書に対する感受性・親和性が内在化していたことを意味するであろう。
本研究では上記三種の史料の分類の、境界が曖昧な部分、重なり合う部分に注目しながら、中世社会における文書や文献の位置・役割を考えていく。
研究実績の概要
  • 2015年度
【2015年度】
二〇一五年度は、説話についての検討を行った。編著物の分野では、たとえば『吾妻鏡』において、多くの日記や文書が引用され、そのなかには編者によって改変が加えられたもの、創作されたもの、あるいは配する年次が誤っているものなど、多くの問題があることが指摘されている。一方で説話集においても、同時代の記録や文書等との一致が多くみられ、それらの史料と説話編纂との関係を考える必要がある。歴史学の立場から、歴史書についての検討は多くなされているが、説話については主に国文学研究の対象とされていたため、歴史史料を扱う研究者からのアプローチは十分とはいえず、あらたな検討を行うことによって、大きな展開を期待することができると思われる。
本研究では『古今著聞集』における俊乗坊重源関係の説話に注目した。重源は二六段(神祇)・六〇〇段(変化)・六九二段(魚鳥禽獣)に登場するが、二六段以外は、伝来の過程で「春舜房」「春豪房」とする誤写が生じている。とくに六九二段については、これまでとりあげられることがなかったが、重源の伊勢神宮参詣時のエピソードと考えられる。仏教の殺生禁断と神道の殺生祭祀との葛藤をテーマとする内容で、重源と並んで中原師員が主役となっている。師員は専修念仏の信者で、行基が創建した西芳寺を、法然を招いて浄土宗寺院とすることによって再興した(さらに南北朝期に、師員の子孫の摂津親秀が、夢窓疎石を住持に招いて禅宗寺院としている)。また彼の妻は、西大寺叡尊の鎌倉下向の際に宿坊を提供するなど、叡尊の有力な支援者であった(『関東往還記』)。師員と重源とを併せ考えることで、重源と専修念仏との関係、また専修念仏と勧進との関係が浮かびあがってくる。さらに第二六段の、伊勢神宮に参詣して、東大寺建立の願を認められたこと、第六〇〇段の上醍醐で写経中に天狗にさらわれたことという他の説話と総合的に考察し、勧進・専修念仏・神祇信仰・修験等の重源の信仰や活動の多面性が描かれていることをあきらかにした。
また書札礼に関わる分野では柳原家に伝来した「消息案」の翻刻を進めており、西尾市岩瀬文庫に出張して原本校正を行った。
備考