東京大学史料編纂所

研究種目名 基盤研究(C)
研究課題名 東アジア諸王室における「后位」比較史研究に関する国際的研究基盤の形成(15K02813)
研究期間 2015年度~2017年度
研究代表者 伴瀬 明美
研究目的 前近代東アジア(中国・朝鮮・日本)に共通してみられる「后位」にかかわる儀礼・諸制度の総合的な基礎研究を通じて、東アジア諸王室における王の嫡妻、王の母・祖母の国制上の位置づけや社会的地位の独自性と共通性を分析し、前近代東アジアの国際秩序形成において重要な要素であった中国礼制の各地域・時代における〈受容〉と〈独自の発展〉という両側面のあり方を解明する。また、基礎研究の過程で作成する文献目録およびその多言語版解説、各国儀礼書の訳注を研究成果と共に公開し、東アジア研究の国際的研究資源として提供する。
研究実績の概要
  • 2015年度
【2015年度】
初年度である本年度は、研究開始にあたり定例研究会を立ち上げ、日本史・中国史・朝鮮史における后位の沿革について、当該分野を専門とする参画研究者が通史的解説となる研究報告を行い、儀礼研究に関しても、当該分野の参画研究者によって儀礼比較史研究の基礎的情報に関する研究報告が行われた。これらの研究報告を協業的研究の土台とし、本科研が目指す基本史料の厳密な解読をふまえた儀礼比較研究のテストケースとして、日本の后位にみられる特徴的な事象について、関連史料の解読によって歴史的意義を再検討し、礼制比較上の論点を見出す試みを定例研究会において行った。
なお、この定例研究会は「東アジア后位比較史研究会」として本科研のテーマに関心がある研究者に参加を呼びかけ、オープンな研究会とし、研究成果の公開および研究交流を行う場としている。二〇一五年度は五回の研究会を行った。文献目録の作成に関しては、年度末段階で日本史について三三〇件、中国史について二三〇件の文献を収集し、研究史上重要な中国語文献を対象に日本語で概要を作成した。
備考