東京大学史料編纂所

HOME > 編纂・研究・公開 > 共同研究 > 原史料メタ情報の生成・管理体系の確立および歴史知識情報との融合による研究高度化

研究種目名 基盤研究(A)
研究課題名 原史料メタ情報の生成・管理体系の確立および歴史知識情報との融合による研究高度化(15H01722)
研究期間 2015 ~ 2018年度
研究代表者 山家 浩樹
研究目的 本研究は、原史料から得られる多様なメタデータにつき、生成から管理・運用、公開に至るスキームを確立し、汎用的な管理システムを設計・構築することを目的とする。そのうえで既存の歴史情報システムとの融合を通じて、歴史研究環境のさらなる高度化を目指す。
この研究目的を具現化するため、①物理的情報をはじめとした原史料そのものから得られる情報を客観的に生成して汎用性の高いデータとするとともに、レポジトリを整備する。②原史料に付随する所蔵・伝来情報を抽出して整序するとともに、構造化された汎用データへと転換するツールを構築する。③これら成果を包含する史料メタデータ管理システムを構築し、既存の歴史知識情報との融合を図る。これら三点を重点目標として推進することを目指す。
研究実績の概要
  • 2016年度
  • 2015年度
【2016年度】
①原史料情報の生成と管理スキームの確立研究
 史料編纂所所蔵史料の修理事業に関連して、約五百紙以上におよぶ古文書・古記録の紙質に関する情報を集積するとともに、約三百点のガラス乾板調査を実施し、多岐にわたる調査情報を得た。こうしたデータについては、③で構築した「史料情報統合管理システム」に集約しつつある。またガラス乾板調査の成果については、学界に広く還元するために、研究代表の山家、研究分担者の高橋が編者となって『文化財としてのガラス乾板』をまとめ、勉誠出版より刊行したところである(久留島典子と共編)。
②原史料所蔵・伝来情報の検出・整序と利用・公開スキームの確立研究
 史料編纂所の史料収集活動を記録した往復文書綴(調査対象予定全四百三十余冊)を対象に、デジタル撮影を進め、約百冊を処理して全体の六割を完了した。撮影を終えた簿冊は修理を施したうえで、長期保存を可能にする装備を施している。またデジタルデータをもとに、往復に収載された事項について調書データの作成を進め、情報参照を可能とする環境構築に努めた。
③史料メタデータ管理システムの確立と既存歴史知識情報との融合研究
 所内の関連研究グループとの連携を通じて「史料情報統合管理システム」を史料編纂所歴史情報処理システム上に構築し、①②の調査データにつき、準備を完了したものから登録に着手した。また平行して、システム運用上の諸課題などを検出し、その解消に努めた。
備考